資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基本情報技術者試験ナビ

ITエンジニアの登竜門

 ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには,まず基本情報技術者試験から受験することをお勧めします。しっかりとした基礎を身に付けることにより,その後の応用力の幅が格段に広がります。

国家資格
公的資格
民間資格
業務独占
名称独占
必置
 

 

試験情報

基本情報

対象者像

 高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者

期待する技術水準

 情報技術を活用した戦略立案に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。

(1)対象とする業種・業務に関する基本的な事項を理解し,担当業務に活用できる。

(2)上位者の指導の下に,情報戦略に関する予測・分析・評価ができる。

(3)上位者の指導の下に,提案活動に参加できる。

 

 システムの設計・開発・運用に関し,担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。

(1)情報技術全般に関する基本的な事項を理解し,担当業務に活用できる。

(2)上位者の指導の下に,システムの設計・開発・運用ができる。

(3)上位者の指導の下に,ソフトウェアを設計できる。

(4)上位者の方針を理解し,自らソフトウェアを開発できる。

試験時間

午前 9:30~12:00(150分)
午後 13:00~15:30(150分)

出題数

午前 80問
午後 出題11問,解答5問

出題形式

午前 多肢選択式(四肢択一)
午後 多肢選択式

合格基準

午前 60点/100点満点
午後 60点/100点満点

試験方式

ペーパ方式

採点方式

素点方式

試験内容

 午前試験の範囲については,次表の通りです。午後試験の詳細な知識・技能については,基本情報技術者試験シラバスを参照ください。

f:id:trhnmr:20200326191736p:plain

統計情報

 共通キャリア・スキルフレームワークの5人材像(ストラテジスト,システムアーキテクト,サービスマネージャ,プロジェクトマネージャ,テクニカルスペシャリスト)のレベル2に相当します。以下に示す通り,合格率は概ね20%台で,やや難です。

 
 

 

試験対策

対策方法

午前

 午前試験は,四肢択一式の問題が80問出題され,そのおよそ半数が過去出題された問題と全く同じものになります。
 そのため,過去問題演習が最も有効な対策になります。
 なお,範囲は全分野におよび,各分野から満遍なく出題されます。出題数は概ね下表のとおりです。

中分類 出題数 中分類 出題数
基礎理論 5 ソフトウェア開発管理技術 2
アルゴリズムとプログラミング 3 プロジェクトマネジメント 4
コンピュータ構成要素 4 サービスマネジメント 3
システム構成要素 4 システム監査 3
ソフトウェア 3 システム戦略 3
ハードウェア 4 システム企画 3
ヒューマンインタフェース 1 経営戦略マネジメント 3
マルチメディア 1 技術戦略マネジメント 1
データベース 5 ビジネスインダストリ 3
ネットワーク 5 企業活動 4
セキュリティ 10 法務 3
システム開発技術 3 合計 80
午後

 午後試験は,多肢選択式の長文問題が13問(必須2問,選択11問)出題され,その内7問を解答します。
 午前と違い全く同じ問題が出るわけではありませんが,長文問題への慣れや傾向把握のためにも過去問題演習は欠かせません
 また,プログラミング言語の長文問題があるのも特徴であり,C,Java,Python,アセンブラ,表計算のいずれかは選択必須になりますので,最低一つは習得しておく必要があります。

オンラインテキスト

準備中

書籍・Twitter

Twitter

 

過去問題

準備中