資栌郚 📝

あらゆる資栌の詊隓情報、察策方法、過去問題・暡擬問題を解説

プロゞェクトマネヌゞャ詊隓 チヌトシヌト 什和3幎床秋期版

 プロゞェクトマネヌゞャ詊隓を受隓する方向けに、午前Ⅱ察策を䞭心ずしたチヌトシヌトを甚意したした。
 こちらは、あくたで詊隓合栌を目的ずした内容になっおいたすので、きちんず孊習したい方は、過去問題解説ペヌゞ等をご芧ください。

詊隓別

午前Ⅰ

 同時開催の応甚情報技術者詊隓午前問題ず同じ問題が出題されたす。80問䞭30問
よっお、察策は応甚情報技術者のペヌゞを参考にしおください。
 なお、午前Ⅰは応甚情報or高床区分の合栌か、午前Ⅰの郚分合栌により、2幎間の免陀を受けられたす。

 

午前Ⅱ

 重点分野、か぀出題可胜性が䜎い問題盎近分・重耇分を陀倖した過去問題に぀いお、問題ず答えのみを抜粋したした。

 䟋幎通りであれば、問題の3割皋床は、以䞋の玄100問の䞭から出題されたすので、盎前の確認詰め蟌みにご利甚ください。

 

プロゞェクトマネゞメント問1〜15

 あるプロゞェクトのステヌクホルダずしおプロゞェクトスポンサプロゞェクトマネヌゞャプロゞェクトマネゞメントオフィス及びプロゞェクトマネゞメントチヌムが存圚する。JIS Q 21500:2018プロゞェクトマネゞメントの手匕きによれば組織ずしおの暙準化プロゞェクトマネゞメントの教育蚓緎プロゞェクトの蚈画及びプロゞェクトの監芖などの圹割を䞻ずしお担うのはどれか。

 プロゞェクトマネゞメントオフィス

 

 情報システムの䌁画開発運甚保守䜜業に関わる囜際暙準の䞀぀であるSPASoftware Process Assessmentの説明ずしお適切なものはどれか。

 ゜フトりェアプロセスがどの皋床の胜力氎準にあり継続的に改善されおいるかを刀定するこずを目的ずしおいる。

 

 PMBOKにおけるコスト芋積りプロセスず品質蚈画プロセスの䞡方で䜿甚する共通のむンプットはどれか。

 解答なし

 

 PMBOKによれば倚くのプロゞェクトのラむフサむクルに共通する特性はどれか。

 プロゞェクトの䞍確実性の床合いはプロゞェクトの開始時が最も高い。

 

 ISO 21500によればプロゞェクトガバナンスを維持する責任は誰にあるか。

 プロゞェクトを承認しお経営的刀断を䞋すプロゞェクトスポンサ又は䞊玚経営レベルでの指導をするプロゞェクト運営委員䌚

 

 図は䞀般的なプロゞェクトにおける開始から終結たでの時間の経過に䌎っお倉動する芁玠に぀いお衚しおいる。abに察応する芁玠の適切な組はどれか。

f:id:trhnmr:20210707124633p:plain

  a b
 ステヌクホルダの圱響力 芁件倉曎ぞの察応コスト

 

 プロゞェクトのラむフサむクルの䞀般的な特城のうち適切なものはどれか。

 実珟する機胜の䞍確実性はプロゞェクトが完了に近づくに぀れお枛少する。

 

 プロゞェクトマネヌゞャがシステム開発プロゞェクトを掚進するために成すべき事項ずしお適切なものはどれか。

 システム化蚈画曞に基づいおプロゞェクト管理蚈画曞を䜜成し承認を埗る。

 

 プロゞェクト管理で䜿甚する分析技法のうち傟向分析の説明はどれか。

 時間の経過に䌎うプロゞェクトのパフォヌマンスの倉動を分析する。

 

 PMBOKガむド第5版の統合倉曎管理プロセスにおいおプロゞェクトのプロダクトサヌビス所産構成芁玠などに察する倉曎ず実斜状況を蚘録・報告したり芁求事項ぞの適合性を怜蚌するためのプロダクト所産又は構成芁玠に察する監査を支揎したりする掻動はどれか。

 コンフィギュレヌション・マネゞメント

 

 PMBOKガむド第5版によれば組織のプロセス資産に分類されるものはどれか。

 課題ず欠陥のマネゞメントの手順

 

 PMBOKガむド第5版によればプロゞェクトぞの倉曎芁求のうち是正凊眮はどれか。

 あるタスクがプロゞェクトマネゞメント蚈画曞に蚘茉したスケゞュヌルから遅れたので遅れを解消させるために芁員を远加する。

 

 プロゞェクトの開始を公匏に承認する文曞の䜜成を䟝頌された者の行動ずしお適切なものはどれか。

 プロゞェクト憲章を䜜成しプロゞェクトスポンサに文曞の承認を求めた。

 

 PMBOKにおいおプロゞェクト憲章はどの知識゚リアのどのプロセス矀で䜜成するか。

 プロゞェクト統合マネゞメントの立䞊げプロセス矀

 

 PMBOKによれば組織のプロセス資産を“プロセスず手順”ず“䌁業の知識ベヌス”に分類したずき“䌁業の知識ベヌス”に含たれるものはどれか。

 各プロゞェクトで䜜成されたパフォヌマンス枬定のベヌスラむンや品質のベヌスラむンなどのプロゞェクトファむル

 

 プロゞェクトマネゞメントの実瞟報告のプロセスにおいおスコヌプコストスケゞュヌルに関しおベヌスラむンず実瞟のかい離を明確にするために䜿甚される技法はどれか。

 差異分析

 

 プロゞェクトの立䞊げプロセスで䜜成する“プロゞェクト憲章”はどれか。

 プロゞェクトを認知承認するためにその芁求事項目的や劥圓性党䜓スケゞュヌル任呜されたプロゞェクトマネヌゞャず暩限レベルなどを蚘した文曞

 

 PMBOKのプロゞェクト統合マネゞメントにおいおプロゞェクトスコヌプの拡匵や瞮小を行うのに必芁なものはどれか。

 倉曎芁求

 

 PMBOKのプロゞェクト憲章は䜕のために発行するのか。

 プロゞェクトを公匏に認可させる。

 

 PMBOKガむド第6版によれば“ステヌクホルダヌ・゚ンゲヌゞメントのマネゞメント”で行う掻動はどれか。

 亀枉やコミュニケヌションを通しおステヌクホルダヌの期埅をマネゞメントする。

 

 PMBOKでの定矩におけるプロゞェクトずステヌクホルダの関係のうち適切なものはどれか。

 プログラムマネヌゞャは関連するプロゞェクトの調和がずれるように個々のプロゞェクトの支揎や指導をする。

 

 プロゞェクトに関わるステヌクホルダの説明のうち適切なものはどれか。

 プロゞェクトの成果が自らの利益になる者ず䞍利益になる者がいる。

 

 PMBOKガむド第6版によればWBSの構成芁玠であるワヌク・パッケヌゞに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 ワヌク・パッケヌゞは通垞アクティビティに分解される。

 

 PMBOKガむド第6版によればプロゞェクト・スコヌプ・マネゞメントにおいお䜜成するプロゞェクト・スコヌプ蚘述曞の説明のうち適切なものはどれか。

 プロゞェクトの成果物ずこれらの成果物を生成するために必芁な䜜業に぀いお蚘述する。

 

 PMBOKガむド第5版によればプロゞェクトスコヌプマネゞメントにおいおWBSの䜜成に甚いるロヌリングりェヌブ蚈画法の説明はどれか。

 将来実斜予定の䜜業に぀いおは䞊䜍レベルのWBSにずどめおおき詳现が明確になっおから芁玠分解しお詳现なWBSを䜜成する。

 

 プロゞェクトマネゞメントにおけるスコヌプコントロヌルの掻動はどれか。

 連携する蚈画であった倖郚システムのリリヌスが延期になったのでこの倖郚システムずの連携に関わる䜜業は別プロゞェクトで実斜するこずにした。

 

 衚はRACIチャヌトを甚いたあるプロゞェクトの責任分担マトリクスである。蚭蚈アクティビティにおいお説明責任をも぀芁員は誰か。

アクティビティ 芁員
阿郚 䌊藀 䜐藀 鈎朚 田侭 野村
芁件定矩 C A I I I R
蚭蚈 R I I C C A
開発 A ヌ R ヌ R I
テスト I I C R A C

 野村

 

 ISO 21500:2012プロゞェクトマネゞメントの手匕き英和察蚳版によれば資源サブゞェクトグルヌプのプロセスの目的のうち資源のコントロヌルプロセスのものはどれか。

 プロゞェクト䜜業の実斜に必芁な資源を確保しプロゞェクト芁求事項を満たせるように資源を配分する。

 

 チヌムの発展段階を五぀に区分したタックマンモデルによればメンバの異なる考え方や䟡倀芳が明確になりメンバがそれぞれの意芋を䞻匵し合う段階はどれか。

 動乱期Storming

 

 PMBOKによればアクティビティの所芁期間を芋積もる際の資源カレンダヌの甚途ずしお適切なものはどれか。

 アクティビティが必芁ずする資源を利甚できる䜜業日及びシフトを取埗する。

 

 プロゞェクトの人的資源マネゞメントに関しお“ブルックスの法則”で述べられおいるこずはどれか。

 遅延しおいるプロゞェクトぞの新芏芁員の远加は曎なる遅れをもたらすだけである。

 

 プロゞェクトで必芁な䜜業ずメンバの関係を衚したものはどれか。

 責任分担マトリックス

 

 教育技法の説明ずしお適切なものはどれか。

 むンバスケットは䞀定時間内に数倚くの問題を凊理させるこずによっお問題の関連性緊急性重芁性などに察する総合的刀断力を高める技法である。

 

 マグレガヌのY理論の考え方はどれか。

 人間は条件次第では責任を匕き受けるだけでなく自ら進んで責任を取ろうずする。

 

 工数が500人日ず芋積もられた開発プロゞェクトを4人で開始したが開発に遅れが出おきた。あず25日を残すずころでただ160人日の工数が必芁ず芋蟌たれるのでプログラマを増やすこずにした。次のような条件がある堎合予定どおりあず25日で開発プロゞェクトを完了するには少なくずも䜕人のプログラマを増やせばよいか。

〔条件〕

1増員するプログラマは最初の10日間はプロゞェクトの孊習をそれぞれ行うものずする。

2プログラマを増員するこずによる䜜業の再分割やその埌のコミュニケヌションのオヌバヘッドなどは無芖できる。

3増員するプログラマの生産性は圓初からのプログラマの生産性ず倉わらないものずする。

 4

 

 工皋管理図衚の特城に関する蚘述のうちガントチャヌトのものはどれか。

 䜜業の盞互関係の把握には適さないが䜜業蚈画に察する実瞟を把握するのに適しおおり個人やグルヌプの進捗管理に利甚される。

 

 プロゞェクトのスケゞュヌル管理で䜿甚する“クリティカルチェヌン法”の実斜䟋はどれか。

 限りある資源ずプロゞェクトの䞍確実性に察応するために合流バッファずプロゞェクトバッファを蚭ける。

 

 WBSを構成する個々のワヌクパッケヌゞの進捗率を枬定する方法のうちワヌクパッケヌゞの期間が比范的長い䜜業に適した重み付けマむルストヌン法の説明はどれか。

 蚭蚈曞のレビュヌを完了したら60%瀟内承認を埗たら80%ずいうようにあらかじめ蚭定した䜜業の区切りを過ぎるごずに蚈䞊する進捗率を決めおおく。

 

 あるシステムの蚭蚈から結合テストたでの䜜業に぀いお開発工皋ごずの芋積工数を衚1に開発工皋ごずの䞊玚技術者ず初玚技術者の芁員割圓おを衚2に瀺す。䞊玚技術者は初玚技術者に比べおプログラム䜜成・単䜓テストにおいお2倍の生産性を有する。衚1の芋積工数は䞊玚技術者の生産性を基に算出しおいる。

  党おの開発工皋に察しお䞊玚技術者を1人远加しお割り圓おるずこの䜜業に芁する期間は䜕か月短瞮できるか。ここで開発工皋の期間は重耇させないものずし芁員党員が1カ月圓たり1人月の工数を投入するものずする。

è¡š1
開発工皋 芋積工数
人月
蚭蚈 6
プログラム䜜成・
単䜓テスト
12
結合テスト 12
合蚈 30
è¡š2
開発工皋 芁員割圓お人
䞊玚技術者 初玚技術者
蚭蚈 2 0
プログラム䜜成・
単䜓テスト
2 2
結合テスト 2 0

 4

 

 工皋別の生産性が次のずおりのずき党䜓の生産性を衚す匏はどれか。

〔工皋別の生産性〕

 蚭蚈工皋Xステップ人月

 補造工皋Yステップ人月

 詊隓工皋Zステップ人月

 1 / (1/X + 1/Y + 1/Z)

 

 図1に瀺すプロゞェクト掻動に぀いお䜜業Cの終了がこの蚈画から2日遅れたのでこのたたでは圓初に蚈画した総所芁日数で終了できなくなった。 䜜業を芋盎したずころ䜜業Iは䜜業Gの党おが完了しおいなくおも開始できるこずが分かったのでファストトラッキングを適甚しお図2に瀺すように蚈画を倉曎した。 この蚈画倉曎によっお倉曎埌の総所芁日数はどのように倉化するか。

f:id:trhnmr:20210708112745p:plain

f:id:trhnmr:20210708112800p:plain

 圓初蚈画から1日増加する。

 

 過去のプロゞェクトの開発実瞟から構築した䜜業配分モデルがある。システム芁件定矩からシステム内郚蚭蚈たでをモデルどおりに228日で完了しプログラム開発を開始した。珟圚200本のプログラムのうち100本のプログラム開発を完了し残り100本は未着手の状況である。プログラム開発以降もモデルどおりに進捗するず仮定するずきプロゞェクト党䜓の完了たであず䜕日掛かるか。ここで各プログラムの開発に掛かる工数及び期間は党おのプログラムで同䞀であるものずする。

〔䜜業配分モデル〕

  システム
芁件定矩
システム
倖郚蚭蚈
システム
内郚蚭蚈
プログラム
開発
システム
結合
システム
テスト
工数比 0.17 0.21 0.16 0.16 0.11 0.19
期間比 0.25 0.21 0.11 0.11 0.11 0.21

 150

 

 プロゞェクトのスケゞュヌルを管理するずきに䜿甚する“クリティカルチェヌン法”の実斜䟋はどれか。

 クリティカルパスを守るために合流バッファずプロゞェクトバッファを蚭ける。

 

 プロゞェクトマネゞメントにおけるクラッシングの䟋ずしお適切なものはどれか。

 クリティカルパス䞊の遅れおいるアクティビティに人員を増匷した。

 

 四぀のアクティビティADによっお実行する開発プロゞェクトがある。図は各アクティビティの䟝存関係をPDM(プレシデンスダむアグラム法)によっお衚しおいる。各アクティビティの実行に圓たっおは専門チヌムの支揎が必芁である。条件に埓っおアクティビティを実行するずき開発プロゞェクトの最少の所芁日数は䜕日か。

〔アクティビティの䟝存関係〕

f:id:trhnmr:20210708110615p:plain

〔条件〕

・各アクティビティの所芁日数及び実行に圓たっおの専門チヌムの支揎期間は次のずおりである。

アクティビティ名 所芁日数日 専門チヌムの支揎期間
A 10 実行する期間の最初の4日間
B 5 実行する期間の最初の2日間
C 10 実行する期間の最初の4日間
D 4 実行する期間の党お

・専門チヌムは同時に耇数のアクティビティの支揎をするこずはできない。

・専門チヌムは各アクティビティを連続した日皋で支揎する。

・専門チヌム以倖の資源に各アクティビティ間の競合はない。

 

 16

 

 EVMを採甚しおいるプロゞェクトにおけるある時点のCPIが1.0を䞋回っおいた堎合の察凊ずしお適切なものはどれか。

 超過コストの原因を明確にしCPIの改善策に取り組むずずもにCPIの倀を監芖する。

 

 プロゞェクトの進捗管理をEVMEarned Value Managementで行っおいる。コストが超過せず玍期にも遅れないず予枬されるプロゞェクトの状況を衚しおいるのはどれか。ここでそれぞれのプロゞェクトの今埌の開発生産性は珟圚たでず倉わらないものずする。

f:id:trhnmr:20210708112859p:plain

 り

 

 クリティカルチェヌン法におけるタスクのスケゞュヌリングずバッファの蚭定方法のうち適切なものはどれか。

 クリティカルパス䞊の最埌のタスクの終了期ず玍期の間にプロゞェクト党䜓で䜿甚するバッファを蚭定する。

 

 衚はあるプロゞェクトの䜜業リストであり図は各䜜業の関係を衚したアロヌダむアグラムである。このプロゞェクトの所芁期間を3日間短瞮するためには远加費甚は最䜎䜕䞇円必芁か。

䜜業 暙準所芁日数日 短瞮可胜な日数日 1日短瞮するのに必芁な远加費甚䞇円
A 5 2 2
B 10 4 3
C 6 2 4
D 3 1 5
E 5 2 6

f:id:trhnmr:20210708111057p:plain

 11

 

 クリティカルチェヌン法による進捗管理の方法のうち適切なものはどれか。

 遅れが生じおプロゞェクトバッファを消費し始めおも残量が安党区域にある間は特に察策を講じない。

 

 次のアロヌダむアグラムを基にしお芁員蚈画を立おる。芁員数の増枛を極力抑えか぀最短日数で終えられるように蚈画を立おる堎合1日圓たりの最倧芁員数は䜕名になるか。ここで各工皋は1名で䜜業するものずする。

f:id:trhnmr:20210708112945p:plain

 2

 

 衚はプロゞェクトの䜜業リストである。䜜業Dの総䜙裕時間は䜕日か。ここで各䜜業の䟝存関係は党おプレシデンスダむアグラム法における終了ヌ開始関係ずする。

〔䜜業リスト〕
䜜業 先行䜜業 所芁期間
A ヌ 4日
B A 5日
C B 3日
D A 1日
E CD 2日

 7

 

 工期を短瞮させるためにクリティカルパス䞊の䜜業に“ファストトラッキング”技法を適甚した察策はどれか。

 党䜓の蚭蚈が完了する前に仕様が固たっおいるモゞュヌルを開発する。

 

 アロヌダむアグラムで瀺す蚈画に基づいおシステム開発を進めたい。各䜜業をそれぞれ最も早く開始するずき必芁ずなる人数の掚移を衚すものはどれか。ここでアロヌダむアグラムのそれぞれの䜜業に付けられた蚘述は䜜業に必芁な日数ず1日圓たりの必芁人数を衚す。

f:id:trhnmr:20210708113027p:plain

 ゚

 

 工皋管理図衚に関する蚘述のうちガントチャヌトの特城はどれか。

 䜜業開始ず䜜業終了の予定ず実瞟や仕掛かり䞭の䜜業などが把握できる。

 

 スコヌプを瞮小せずにプロゞェクト党䜓のスケゞュヌルを短瞮する技法の䞀぀である“クラッシング”ではメンバの時間倖勀務を増やしたり業務内容に粟通したメンバを新たに増員したりする。“クラッシング”を行う際に優先的に資源を投入すべきスケゞュヌルアクティビティはどれか。

 クリティカルパス䞊のスケゞュヌルアクティビティ

 

 クリティカルチェヌン法の説明はどれか。

 䜜業の䟝存関係ず資源の䟝存関係の䞡方を考慮しお資源の競合が起きないようにスケゞュヌルを管理する手法である。

 

 システムを開発するずきの費甚管理ず進捗管理を同時に行うためにトレンドチャヌトを甚いる。マむルストヌンの予定の䜍眮から実瞟の䜍眮に結んだ矢印が垂盎に䞋に向かっおいるずきの費甚ず進捗に関する状況説明ずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210708113101p:plain

 進捗が予定どおりで費甚が予算を䞋回っおいる。

 

 次のシステム開発においおコヌドむンスペクションを行うこずによっお期埅できる効果削枛できる時間は䜕時間か。ここでNCSSは゜ヌスコヌドの泚釈を陀いた文の個数ずする。たたバグ発芋率 = 発芋したバグ数 ÷ すべおのバグ数ずする。

・システムの芏暡6,000NCSS

・システムに存圚するバグ数の掚定倀1,000NCSS圓たり5件

・バグ発芋率コヌドむンスペクションを行った堎合バグ発芋率は90%であり残りのバグは単䜓テスト以降で発芋される。コヌドむンスペクションを行わなかった堎合すべおのバグは単䜓テスト以降で発芋される。

・コヌドむンスペクションに芁する時間1,000NCSS圓たり4時間

・コヌドむンスペクションでバグが発芋された堎合のバグ1件圓たりの修埩時間1時間

・単䜓テスト以降でバグが発芋された堎合のバグ1件圓たりの修埩時間5時間

 

 84

 

 アゞャむル型開発プロゞェクトの管理に甚いるベロシティの説明はどれか。

 チヌムの生産性の枬定単䜍であり定められた期間で補造劥圓性確認及び受入れが行われた成果物の量を瀺すものである。

 

 ファンクションポむント法の䞀぀であるIFPUG法では機胜を機胜皮別に埓っおデヌタファンクションずトランザクションファンクションずに分類する。機胜皮別を適切に分類したものはどれか。

〔機胜皮別〕
 EI倖郚入力
 EIF倖郚むンタフェヌスファむル
 EO倖郚出力
 EQ倖郚照䌚
 ILF内郚論理ファむル

  デヌタファンクション トランザクションファンクション
 EIFILF EIEOEQ

 

 瀟員が週に40時間働く゜フトりェア䌚瀟がある。この䌚瀟が1人で開発するず440人時のプログラム開発を匕き受けた。開発コストを次の条件で芋積もるずき10人のチヌムで開発する堎合のコストは1人で開発する堎合のコストの玄䜕倍になるか。

〔条件〕

110人のチヌムではコミュニケヌションをずるための工数が䜙分に発生する。

2コミュニケヌションはチヌムのメンバが総圓たりでずりその工数は2人1組の組合せごずに週圓たり4人時1人に぀き2時間である。

3瀟員の週圓たりコストは瀟員間で差がない。

41〜3以倖の条件は無芖できる。

 1.8

 

 ある゜フトりェア開発郚門では開発工数E人月ず開発芏暡Lキロ行ずの関係がE=5.2L0.98で衚される。L=10ずしたずきの生産性キロ行人月はおよそ幟らか。

 0.2

 

 ゜フトりェアの開発芏暡芋積りに利甚されるファンクションポむント法の説明はどれか。

 倖郚仕様からそのシステムがも぀入力出力や内郚論理ファむルなどの5項目に該圓する芁玠の数を求めさらに耇雑さを考慮した重みを掛けお求めた倀を合蚈しお芏暡を芋積もる。

 

 JIS Q 21500:2018プロゞェクトマネゞメントの手匕によれば察象矀“リスク”の掻動内容のうちプロセス“リスクぞの察応”で実斜するものはどれか。

 プロゞェクトの目暙ぞの脅嚁を軜枛するためにプロゞェクトの予算及びスケゞュヌルに資源ず掻動を投入するこずによっおリスクを扱う。

 

 どのリスクがプロゞェクトに察しお最も圱響が倧きいかを刀断するのに圹立぀定量的リスク分析ずモデル化の技法ずしお感床分析がある。感床分析の結果を瀺した次の図を䜕ず呌ぶか。

f:id:trhnmr:20210708113359p:plain

 トルネヌド図

 

 PMBOK第5版のプロゞェクト・リスク・マネゞメントにおけるリスク察応戊略に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 受容はプラスのリスクずマむナスのリスクのどちらにも䜿甚される戊略である。

 

 PMBOK第5版によればプロゞェクト・リスク・マネゞメントでは定性的リスク分析でリスクの優先順䜍を査定し定量的リスク分析でリスクがプロゞェクト目暙党䜓に䞎える圱響を数倀的に分析する。定性的リスク分析で䜿甚されるものはどれか。

 発生確率・圱響床マトリックス

 

 システム開発のプロゞェクトにおいおリスク識別を効率よく行うための手段ずしお“JIS X 25010:2013システム及び゜フトりェア補品の品質芁求及び評䟡SQuaREシステム及び゜フトりェア品質モデル”が芏定する利甚時の品質特性を甚いお゜フトりェアの品質に関するリスクを分類するこずにした。“満足性”に察するリスクずしお分類されるリスクずその評䟡の事䟋はどれか。

 操䜜に習熟しおいない利甚者が誀った䜿い方をしたずきの察凊方法が分からずに困惑し快適でないず評䟡される。

 

 プロゞェクトのリスクをデルファむ法を利甚しお抜出しおいるものはどれか。

 耇数のお互いに関係がないステヌクホルダやプロゞェクトマネヌゞャにアンケヌトを行いその結果を芁玄する。さらに芁玄結果を甚いおアンケヌトを行い結果を芁玄するこずを繰り返しおリスクをたずめる。

 

 PMBOKによればプロゞェクトリスクマネゞメントにおける定性的リスク分析で実斜するこずのうち適切なものはどれか。

 リスクの発生確率ず圱響床を査定した結果に基づいおリスク登録簿を曎新する。

 

 リスクマネゞメントにおけるEMV期埅金額䟡倀の算出匏はどれか。

 リスク事象発生時の圱響金額 × リスク事象の発生確率

 

 プロゞェクト遂行䞊のリスク事象を抜出識別し事象の発生確率ずプロゞェクトぞの圱響床から分類したリスク察応蚈画を立案する。リスク察策の考え方をたずめた衚ずしお最も適切なものはどれか。ここで“予防察策”は“圓該リスク事象の発生を未然に防ぐ”ための察策を意味し“発生時察策”は“圓該リスク事象が実際に発生したずき”の察策を意味し“受容”は“圓該リスクぞの察策をずらない”こずを意味する。

f:id:trhnmr:20210708113437p:plain

 り

 

 プロゞェクトで発生しおいる品質問題を解決するに圓たっお図を䜜成しお原因の傟向を分析したずころ発生した問題の80%以䞊が少数の原因で占められおいるこずが刀明した。䜜成した図はどれか。

 パレヌト図

 

 PMBOKガむド第5版によればプロゞェクト品質マネゞメントは品質マネゞメント蚈画品質保蚌品質コントロヌルの䞉぀のプロセスで構成されおいる。品質マネゞメント蚈画プロセスのアりトプットであっお品質保蚌プロセス及び品質コントロヌル・プロセスのむンプットになるものはどれか。

 品質尺床

 

 プロゞェクトの品質コストを適合コストず䞍適合コストに分類するずき適合コストに属するものはどれか。

 品質保蚌教育蚓緎費

 

 プロゞェクトの状況を把握するために䜿甚するパレヌト図の甚途ずしお適切なものはどれか。

 項目別に局別しお出珟床数の倧きさの順に䞊べるずずもに环積和を瀺した図であり䞻芁な原因を識別するために甚いる。

 

 “7の法則”を適甚するずき原因を調べるべきX-R管理図はどれか。ここでUCLは䞊方管理限界CLは䞭心線LCLは䞋方管理限界である。

f:id:trhnmr:20210708113535p:plain

 む

 

 JIS X 0129-1で定矩された゜フトりェアの品質特性の説明のうち適切なものはどれか。

 機胜性ずは゜フトりェアが指定された条件の䞋で利甚されるずきに明瀺的及び暗瀺的必芁性に合臎する機胜を提䟛する゜フトりェア補品の胜力のこずである。

 

 ある郚品を耇数台の工䜜機械によっお補䜜した。補䜜された郚品の寞法を枬定しヒストグラムで衚すず図のようになった。このヒストグラムに山が二぀ある原因を調べるために最初に行うべきこずはどれか。

f:id:trhnmr:20210708113624p:plain

 工䜜機械ごずに局別にしお郚品寞法の分垃を調べる。

 

 JIS X 0129-1で芏定される゜フトりェアの品質特性の定矩のうち“効率性”の定矩はどれか。

 明瀺的な条件の䞋で䜿甚する資源の量に察比しお適切な性胜を提䟛する゜フトりェア補品の胜力

 

 新しく線成するプロゞェクトチヌムの開発芁員投入蚈画に基づいおPCをレンタルで調達する。調達の条件を満たすレンタル費甚の最䜎金額は䜕千円か。

〔開発芁員投入蚈画〕

単䜍 人
時期 1
月
2
月
3
月
4
月
5
月
6
月
7
月
8
月
9
月
10
月
11
月
12
月
開発芁員
蚭蚈者   2 4 4 4 2 2 2 2 2 2  
プログラマ       3 3 5 5 3 3 2 2  
テスタ           4 4 4 6      
蚈 0 2 4 7 7 11 11 9 11 4 4 0

〔調達の条件〕

1PCのレンタル契玄は月初日から月末日たでの1か月単䜍であり日割りによる粟算は行わない。

2PC1台のレンタル料金は月額5千円である

3台数にかかわらずレンタルPCの受入れ時のセットアップに2週間返华時のデヌタ消去に1週間を芁しこの期間はレンタル期間に含める。

4セットアップずデヌタ消去はプロゞェクトチヌムの開発芁員ずは別の芁員が行う。

5開発芁員は月初日に着任し月末日に離任する。

6開発芁員の圹割にかかわらず共通仕様のPCを1人が1台䜿甚する。

7レンタル期間䞭にPCを他の開発芁員に匕き枡す堎合デヌタ消去セットアップ及び匕枡しの期間は䞍芁である。

 470

 

 PMBOKガむド第5版によればプロゞェクト調達マネゞメントにおける調達䜜業範囲蚘述曞に蚘茉すべき項目はどれか。

 プロゞェクト完了埌の調達品の運甚サポヌトの内容

 

 次の調達の芁領で゜フトりェア開発を倖郚に委蚗した。ほが蚈画どおりの日皋で党工皋を終了しお受入れテストを実斜したずころ委蚗した範囲の蚭蚈䞍良による゜フトりェアの欠陥が倚数発芋された。プロゞェクト調達マネゞメントの芳点から取埗者が実斜すべき再発防止の斜策ずしお最も適切なものはどれか。

〔調達の芁領〕

・委蚗の範囲はシステム開発の䞀郚分であり゜フトりェア方匏蚭蚈から゜フトりェア結合たでを䞀括しお発泚する。

・前幎床の実瞟評䟡を甚いお゜フトりェア開発の評点が最も高い䟛絊者を遞定する。

・毎月1回の進捗確認を実斜しお進捗報告曞に蚘茉された゜フトりェア構成品目ごずの進捗を確認する。

・成果物は委蚗した党工皋が終了したずきに䞀括しお怜査する。

 各開発工皋の区切りで工皋の成果物を提出させお怜査し品質に問題がある堎合は原因を特定させお是正させる。

 

 倖郚調達における契玄圢態のうち請け負った䜜業に掛かったコストに加えお契玄時に合意したパフォヌマンスの基準を達成した堎合に受泚者が所定の利益フィヌを受け取る契玄タむプはどれか。

 コストプラスむンセンティブフィヌ契玄

 

 システム構築の提案䟝頌曞RFPを䜜成する際の留意点のうち適切なものはどれか。

 提案の評䟡項目を明瀺する。

 

 芁求仕様が明確になっおいない堎合玍入者偎のリスクが最も高くなる契玄圢態はどれか。

 定額契玄

 

 顧客に提出した進捗状況の報告曞に察しお顧客から成果物ごずの進捗状況に぀いおの問合せが繰り返しあった。今埌このような事態が発生しないようにするためにはプロゞェクトのコミュニケヌションマネゞメント蚈画曞のどの内容を是正する必芁があるか。

 䌝達すべき情報の内容衚珟圢匏及び詳现床

 

 コンフリクトマネゞメントを行う際の指針のうち適切なものはどれか。

 コンフリクトの解決に圓たっおは過去の経緯ではなく珟圚の課題に焊点を圓おる。

 

 顧客に察しお自瀟補品のプレれンテヌションを行うこずになった。このずき同業他瀟における耇数の導入成功事䟋を挙げこの補品を導入するこずで倧きな効果が期埅できるこずを蚎求したい。このプレれンテヌションで䜿甚するストヌリ構成法ずしお適切なものはどれか。

 垰玍的構成法

 

 A瀟では昚幎たではXYZの3皮類の商品を販売しおいたが今幎は商品䜓系を倉曎しおPQRSの4皮類の商品を販売しおいる。PQRSそれぞれの賌入顧客数ずその顧客数の内蚳ずしお昚幎たでXYZのそれぞれを賌入しおいた賌入顧客数を衚瀺するために䜜成するグラフずしお最も適切なものはどれか。

 積䞊げ棒グラフ

 

 あるプレれンテヌションにおいお次の順序で話を展開した。このような話の展開順序の方法を䜕ずいうか。

 

A瀟では2幎前からIT化を党瀟的に掚進しおおりその結果250名の芁員を間接郚門から盎接郚門に配眮転換した。

B瀟ではホワむトカラヌの生産性向䞊のために事務郚門のIT化を党瀟的に掚進しおおりこれたでに生産性を25%向䞊させおいる。

C瀟では...............

D瀟では業務効率の向䞊を図るためにグルヌプりェアを導入し幎間15%の経費節枛を達成しおいる。

 

したがっお間接郚門の生産性ず経費の節枛が重芁な課題ずなっおいる圓瀟においおも間接郚門のIT化に早急に着手するこずが必芁である。

 垰玍的順序法

 

 デヌタのグラフ化のうち適切なものはどれか。

 コンビニ゚ンスストアにおける店舗ごずの売堎面積ず売䞊の盞互関係を芋るために散垃図で衚すこずにした。

 

 グラフの䜿い方のうち適切なものはどれか。

 チェヌン店における最寄り駅の乗降客数ず来客数の盞関を衚珟するのに散垃図を䜿う。

 

 個々の内容の軜重に泚目しお展開順序を決める文章の構成法がある。この構成法に埓っおいるものはどれか。

 利甚頻床の高いものからシステムの機胜を説明する。

 

 

午埌Ⅰ

 3問䞭2問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和2幎床
秋期
問1 デゞタルトランスフォヌメヌションDX掚進におけるプロゞェクトの立ち䞊げ
問2 システム開発プロゞェクトにおけるプロゞェクトチヌムの開発
問3 SaaSを利甚した人材管理システム導入プロゞェクト
平成31幎床
春期
問1 コンタクトセンタにおけるサヌビス利甚のための移行
問2 IoTを掻甚した工事管理システムの構築
問3 プロゞェクトの定量的なマネゞメント
平成30幎床
春期
問1 SaaSを利甚した営業支揎システムを導入するプロゞェクト
問2 システム開発プロゞェクトの品質管理
問3 情報システム刷新プロゞェクトのコミュニケヌション
平成29幎床
春期
問1 補造実行システム導入プロゞェクトの蚈画䜜成
問2 サプラむダぞのシステム開発委蚗
問3 単䜓テストの芋盎し及び成果物の品質向䞊

 

午埌Ⅱ

 2問䞭1問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和2幎床
秋期
問1 未経隓の技術やサヌビスを利甚するシステム開発プロゞェクト
問2 システム開発プロゞェクトにおけるリスクのマネゞメント
平成31幎床
春期
問1 システム開発プロゞェクトにおけるコスト超過の防止
問2 システム開発プロゞェクトにおける助蚀や他のプロゞェクトの知芋などを掻甚した問題の迅速な解決
平成30幎床
春期
問1 システム開発プロゞェクトにおける非機胜芁件に関する関係郚門ずの連携
問2 システム開発プロゞェクトにおける本皌働間近で発芋された問題ぞの察応
平成29幎床
春期
問1 システム開発プロゞェクトにおける信頌関係の構築・維持
問2 システム開発プロゞェクトにおける品質管理

 

 

倧手資栌スクヌル解答速報

なし応甚情報技術者詊隓のみ
午埌詊隓10/13(æ°Ž)16:30 公開予定
f:id:trhnmr:20210925111716j:plain 午埌詊隓10月䞋旬 公開予定

 

情報凊理技術者詊隓ペヌゞ

通幎

f:id:trhnmr:20200328123020g:plain f:id:trhnmr:20200328123034g:plain f:id:trhnmr:20200328123045g:plain

春秋共通

f:id:trhnmr:20200328123054g:plain f:id:trhnmr:20200328123304g:plain

春期のみ

f:id:trhnmr:20200328123108g:plain f:id:trhnmr:20200328123123g:plain f:id:trhnmr:20200328123146g:plain f:id:trhnmr:20200328123239g:plain

秋期のみ

f:id:trhnmr:20200328123135g:plain f:id:trhnmr:20200328123158g:plain f:id:trhnmr:20200328123212g:plain f:id:trhnmr:20200328123251g:plain