資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

銀行業務検定ナビ

模擬試験問題(練習問題)はこちら

 銀行業務検定は、主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる公開の検定試験です。

国家資格
公的資格
民間資格
業務独占
名称独占
必置

試験情報

基本情報

申込関連
試験日 CBT:随時
PBT:3月、6月、11月
申込期間 CBT:随時
PBT:試験日前々月中
受験料 4級:¥3,300
3級:¥4,400
2級:¥6,600
*CBTとPBTに差異なし
受験資格 特になし
申込方法 CBT:CBT-Solutionsのサイトより申込
PBT:経済法令研究会のサイトより申込
試験関連(3級の場合)
試験方式 CBT(@テストセンター) or
PBT(@所定の試験会場)
試験時間 CBT:120分
PBT:150分
出題形式 五肢択一式
出題数 50問
合格基準 満点の60%以上
合格発表 CBT:受験後即時
PBT:概ね試験日の4週間後

試験内容

法務3級
  1. 預金(定期積金を含む) 10問
  2. 融資(管理・回収を含む) 15問
  3. 決済 15問
    (内国為替/手形・小切手/手形交換/電子記録債権等)
  4. 銀行取引関連法 10問
    (民法の基礎知識(行為能力や意思表示、委任等)や、顧客保護に関する法律知識(消費者契約法や個人情報保護法等)、銀行の業務に関する知識(銀行法や付随業務)など、銀行取引に関連する法律知識)
財務3級
  1. 財務諸表 30問
  2. 財務分析 20問
税務3級
  1. 所得税 20問
    (金融商品と税金・不動産所得・譲渡所得等)
  2. 相続税・贈与税 18問
  3. 法人税 7問
  4. その他の税金 5問
    (地方税・登録免許税・印紙税・消費税等)

 

*上記以外の種目については、こちらのサイトでご確認ください。

www.kenteishiken.gr.jp

統計情報

 最も受験者数が多い法務3級の統計情報は次のとおりです。

試験対策

対策方法

 どの種目についても、基本的には問題演習を繰り返すことが合格への近道です。
 なお、銀行業務検定の参考書・問題集は、経済法令研究会が出版しているシリーズの実質一択です。各種目についてテキストと問題解説集(過去問)が出版されていますが、試験対策としては問題解説集のみで十分でしょう。

参考書・問題集

 不要になった書籍の処分はこちら 

その他コンテンツ

Twitter

オンライン学習

模擬試験問題

法務

3級

財務

準備中

税務

準備中