資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

法務3級 預金②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 店頭入金または店頭での他行あて振込による入金の場合、預金の成立時期として、正しいものはどれか。

⑴ [店頭入金]顧客から入金の申出を窓口係員が受けた時点

⑵ [店頭入金]窓口係員が顧客から現金を受け取り、その金額を確認した時点

⑶ [店頭入金]顧客の預金口座元帳に入金について記帳された時点

⑷ [店頭振込]振込依頼人が仕向銀行の窓口にて振込依頼し、窓口係員が現金を確認した時点

⑸ [店頭振込]仕向銀行からの為替通知が被仕向銀行に到達した時点

 

解答・解説

解答

 ⑵

解説

分野 出題項目 重要度
通則 預金契約の成立時期 ⭐️

 

⑴ [店頭入金]顧客から入金の申出を窓口係員が受けた時点
⑵の時点になります。

⑵ [店頭入金]窓口係員が顧客から現金を受け取り、その金額を確認した時点
正しいです。

⑶ [店頭入金]顧客の預金口座元帳に入金について記帳された時点
⑵の時点になります。

⑷ [店頭振込]振込依頼人が仕向銀行の窓口にて振込依頼し、窓口係員が現金を確認した時点
被仕向銀行が受取人の預金口座元帳に記帳した時点になります。

⑸ [店頭振込]仕向銀行からの為替通知が被仕向銀行に到達した時点
被仕向銀行が受取人の預金口座元帳に記帳した時点になります。