資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

中小企業経営・政策 令和3年度 第22問

 

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」は、我が国製造業の   及び新たな事業の創出を図るため、中小企業が担うものづくり基盤技術の高度化に向けた研究開発及びその成果の利用を支援するための法律である。
 この法律では、経済産業大臣が「特定ものづくり基盤技術」を指定し、川下産業の最先端ニーズを反映して行われるべき研究開発等の内容、人材育成・知的資産活用の在り方、取引慣行の改善等に関する指針を策定する。
 中小企業は、指針に基づいて特定研究開発等計画を策定し、経済産業大臣に対し、認定を申請することができる。経済産業大臣は、申請された計画を審査し、技術指針に照らして適切なものであり、研究開発が遂行可能な実施体制であることなどの要件に合致している場合に認定をする。認定を受けた中小企業は、支援措置を受けることができる。

(設問 1 )
 文中の空欄に入る語句として、最も適切なものはどれか。

  1. 国際競争力の強化
  2. 市場開拓の支援
  3. 受注機会の増大
  4. 人材開発の推進

(設問 2 )
 文中の下線部に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 「デザイン開発に係る技術」や「精密加工に係る技術」など 12 技術が指定されている。
  2. 「デザイン開発に係る技術」や「精密加工に係る技術」など 22 技術が指定されている。
  3. 「電子商取引に係る技術」や「光通信システムに係る技術」など 12 技術が指定されている。
  4. 「電子商取引に係る技術」や「光通信システムに係る技術」など 22 技術が指定されている。

解答・解説

解答

 1:ー 2:ー

解説

 本問(設問1と設問2)については、すべての受験者の方の解答を正解として取り扱うことなりました。

前問 一覧 次問