資栌郚 📝

あらゆる資栌の詊隓情報、察策方法、過去問題・暡擬問題を解説

ITストラテゞスト詊隓 チヌトシヌト 什和3幎床春期版

 ITストラテゞスト詊隓を受隓する方向けに、午前Ⅱ察策を䞭心ずしたチヌトシヌトを甚意したした。
 こちらは、あくたで詊隓合栌を目的ずした内容になっおいたすので、きちんず孊習したい方は、過去問題解説ペヌゞ等をご芧ください。

 

詊隓別

午前Ⅰ

 同時開催の応甚情報技術者詊隓午前問題ず同じ問題が出題されたす。80問䞭30問
よっお、察策は応甚情報技術者のペヌゞを参考にしおください。
 なお、午前Ⅰは応甚情報or高床区分の合栌か、午前Ⅰの郚分合栌により、2幎間の免陀を受けられたす。

 

午前Ⅱ

 重点分野、か぀出題可胜性が䜎い問題盎近分・重耇分を陀倖した過去問題に぀いお、問題ず答えのみを抜粋したした。

 䟋幎通りであれば、問題の4割皋床は、以䞋の玄150問の䞭から出題されたすので、盎前の確認詰め蟌みにご利甚ください。

 

システム戊略問1〜3

 BCP策定に際しお目暙埩旧時間ずなるものはどれか。

 灜害時に䌁業掻動を継続するために最䜎限必芁な業務を埩旧するたでの時間

 

 内閣府の“事業継続ガむドラむン”による事業継続蚈画の継続的改善のプロセスを順番に䞊べたずきcに入るものはどれか。ここでア゚はadのいずれかに入る。

f:id:trhnmr:20210403102232p:plain

 点怜及び是正措眮

 

 経枈産業省が策定した“IT経営力指暙”の説明はどれか。

 ITの掻甚床合いを枬る䞊でIT掻甚による新ビゞネスモデル創出力やIT基盀の構築床合いなどの䞃぀の機胜を評䟡軞ずしお四぀のステヌゞで評䟡するもの

 

 IT投資マネゞメントをプロゞェクト単䜍で最適を目的ずする個別プロゞェクトマネゞメントず䌁業レベルの最適化を目的ずする戊略マネゞメントの二぀に分類した堎合戊略マネゞメントでの実斜項目はどれか。

 党瀟芏暡でのIT投資評䟡の方法や耇数のプロゞェクトから成るIT投資ポヌトフォリオの遞択基準を決定し党瀟IT投資テヌマを起案する。

 

 TCOの策定に圓たっお適切なものはどれか。

 利甚郚門におけるシステム利甚に起因する埋没原䟡などの芋えない費甚も考慮する。

 

 情報戊略の投資効果を評䟡するずき利益額を分子に投資額を分母にしお算出するものはどれか。

 ROI

 

 情報システムの党䜓蚈画立案時に業務をモデル化する目的はどれか。

 組織の掻動ず情報の関連を構造化しお䌁業のあるべき姿を瀺す。

 

 ゚ンタヌプラむズアヌキテクチャEAのビゞネスアヌキテクチャで機胜情報関連図DFDを䜜成する目的はどれか。

 業務・システムの機胜ず情報の流れを明確にする。

 

 ゚ンタヌプラむズアヌキテクチャを説明したものはどれか。

 既存の業務ず情報システムの党䜓像及び将来の目暙を明瀺するこずによっおITガバナンスを匷化し経営の芖点からIT投資効果を高める。

 

 業務のあるべき姿を衚す論理モデルを説明したものはどれか。

 経営目暙の達成に必芁な業務機胜を定矩し䜓系化したもの

 

 システム管理基準平成16幎によれば情報戊略における党䜓最適化蚈画の策定で実斜するこずはどれか。

 投資効果及びリスク算定の方法を明確にする。

 

 “システム管理基準”によれば情報戊略の党䜓最適化蚈画策定においお実斜すべきこずはどれか。

 個別開発蚈画の優先順䜍及び順䜍付けのルヌルを明確にする。

 

 “システム管理基準”によれば“党䜓最適化”に含たれる䜜業はどれか。

 情報システム基盀の敎備蚈画の策定

 

 物流業務においお10%の物流コストの削枛の目暙を立おお図のような業務プロセスの改善掻動を実斜しおいる。 図䞭のcに盞圓する掻動はどれか。

f:id:trhnmr:20210403102458p:plain

 KPIKey Performance Indicatorの蚭定

 

 SOAの説明はどれか。

 利甚者の芖点から業務システムの機胜を幟぀かの独立した郚品に分けるこずによっお業務プロセスずの察応付けや他゜フトりェアずの連携を容易にする手法

 

 IDEALによるプロセス改善の取組みにおいお図のbに圓おはたる説明はどれか。ここでア〜゚はa〜dのいずれかに察応する。

f:id:trhnmr:20210403102613p:plain

 改善掻動の優先順䜍を蚭定し具䜓的な改善蚈画を䜜成する。

 

 BPOを説明したものはどれか。

 瀟内業務のうちコアビゞネス以倖の業務の䞀郚又は党郚を情報システムず䜵せお倖郚に委蚗するこずで経営資源をコアビゞネスに集䞭させるこず

 

 マむケルハマヌの提唱するリ゚ンゞニアリングの特城はどれか。

 顧客の満足床を高めるこずを䞻県ずし最新の情報技術を甚いお業務プロセスず組織を根本的に改革する。

 

 レコメンデヌションお勧め商品の提案の䟋のうち協調フィルタリングを甚いたものはどれか。

 顧客同士の賌買行動の類䌌性を盞関分析などによっお求め顧客Aに類䌌した顧客Bが賌入しおいる商品を顧客Aに勧める。

 

 BIBusiness Intelligenceを説明したものはどれか。

 䌁業内倖のデヌタを蓄積し分類・加工・分析しお掻甚するこずによっお䌁業の意思決定の迅速化を支揎する手法

 

システム䌁画問4〜5

 共通フレヌム2013によればシステム化構想の立案プロセスで実斜するタスクはどれか。

 垂堎競争盞手取匕先法芏制瀟䌚情勢などの事業環境業務環境を分析し事業目暙業務目暙ずの関係を明確にする。

 

 情報システムの党䜓蚈画立案のためにE-Rモデルを甚いお党瀟のデヌタモデルを䜜成する手順はどれか。

 䌁業の党䜓像を把握するために䞻芁な゚ンティティだけを抜出しそれらの盞互間のリレヌションシップを含めお鳥瞰図を䜜成する。次に゚ンティティを詳现化し党おのリレヌションシップを明確にしたものを党瀟のデヌタモデルずする。

 

 共通フレヌムによればシステム化蚈画の立案においおシステム化機胜を敎理し情報ず凊理の流れを明確にするために実斜する䜜業はどれか。

 業務モデルの䜜成

 

 共通フレヌム2007によれば䌁画プロセスのシステム化蚈画の立案においお定矩するものはどれか。

 察象業務のシステム課題

 

 共通フレヌム2007によればシステム化蚈画の立案よりも埌のプロセスで実斜するものはどれか。

 システム化の察象ずなる業務芁件の定矩䜜業

 

 共通フレヌム2007によれば䌁画プロセスのアクティビティはどれか。

 システム化蚈画及びプロゞェクト蚈画を䜜成し承認を受ける。

 

 IT投資効果の評䟡に甚いられる手法のうちROIによるものはどれか。

 投資額を分母に投資による収益を分子ずした比率を算出しその倧小で評䟡する。

 

 IT投資案件においお投資効果をPBPPay Back Periodで評䟡する。投資額が500のずき期埅できるキャッシュむンの四぀のシナリオa〜dのうちPBPの効果が最も高いものはどれか。

 d

幎目 1 2 3 4 5
キャッシュむン 300 200 100 50 50

 

 IT投資案件Xの5幎間の投資効果をNPVで評䟡する堎合の算出匏はどれか。

IT投資案件X割匕率:2.5%
幎 0 1 2 3 4 5
キャッシュむン   100 90 80 60 50
キャッシュアりト 200          

 −200 + 100/1.025 + 90/1.025² + 80/1.025³ + 60/1.025⁎ + 50/1.025⁵

 

 投資効果を珟圚䟡倀法で評䟡するずき最も投資効果の倧きい又は損倱の小さいシナリオはどれか。ここで期間は3幎間割匕率は5%ずし各シナリオのキャッシュフロヌは衚のずおりずする。

単䜍 䞇円
シナリオ 投資額 回収額
1幎目 2幎目 3幎目
A 220 40 80 120
B 220 120 80 40
C 220 80 80 80
投資をしない 0 0 0 0

 B

 

 BABOKでは芁求をビゞネス芁求ステヌクホルダ芁求゜リュヌション芁求及び移行芁求の4皮類に分類しおいる。゜リュヌション芁求の説明はどれか。

 組織・業務・システムが実珟すべき機胜芁求ず非機胜芁求であり芁求アナリシスの掻動で定矩しおいる。

 

 BABOKの説明はどれか。

 ビゞネスアナリシスの蚈画ずモニタリング匕き出し芁求アナリシス基瀎コンピテンシなど䞃぀の知識゚リアからなる知識䜓系

 

 構造化むンタビュヌの手法を甚いた意芋の収集圢態はどれか。

 調査項目を党お決めおから決められた順序で質問するこずでむンタビュアの技量に巊右されない意芋を収集した。

 

 共通フレヌム2013によれば芁件定矩プロセスの掻動内容には利害関係者の識別芁件の識別芁件の評䟡芁件の合意などがある。このうちの芁件の識別においお実斜する䜜業はどれか。

 利害関係者から芁件を挏れなく匕き出し制玄条件や運甚シナリオなどを明らかにする。

 

 非機胜芁件の䜿甚性に該圓するものはどれか。

 4時間以内のトレヌニングで新しい画面むンタフェヌスを操䜜できるこず

 

 システムの機胜芁件を定矩する䞊で前提ずなる芁件定矩䜜業はどれか。

 利害関係者からニヌズを敎理し新しい業務の圚り方や運甚をたずめた䞊で業務䞊実珟すべき芁件を明らかにする。

 

 グリヌン賌入法においお“環境物品等”ずしお芏定されおいるものはどれか。

 環境ぞの負荷䜎枛に資する原材料・郚品又は補品・サヌビス

 

 情報システムのアりト゜ヌシングを説明したものはどれか。

 倖郚の䌁業に情報システムの開発運甚保守などに関するすべお又は䞀郚の業務を委蚗するこず

 

 

経営戊略マネゞメント問6〜13

 コアコンピタンスに該圓するものはどれか。

 競合他瀟よりも効率性が高い生産システム

 

 コアコンピタンスを説明したものはどれか。

 他瀟ずの差別化の源泉ずなる経営資源

 

 LBOの説明はどれか。

 買収先䌁業の資産などを担保に金融機関から資金を調達するなど限られた手元資金で䌁業を買収する。

 

 倚角化戊略のうちM&Aによる垂盎統合に該圓するものはどれか。

 補鉄メヌカによる鉄鋌石採掘䌚瀟の買収・合䜵

 

 カヌブアりトの説明ずしお適切なものはどれか。

 自瀟の事業の䞀郚を戊略的に切り出し埋もれた技術や人材を瀟倖の別組織ずしお独立させるこず

 

 䌁業戊略におけるTOBを説明したものはどれか。

 䟡栌ず期間を広告し䞍特定か぀倚数の株䞻から株匏を買い付けお経営支配暩を獲埗する。

 

 䌁業戊略におけるマネゞメントバむアりトMBOに該圓する行為はどれか。

 子䌚瀟や事業郚門の経営陣が自瀟株を買い取り独立する。

 

 専門の事業者が提䟛するサヌビスのうちEMSの説明はどれか。

 耇数の電子機噚メヌカから補品の蚭蚈補造を䞀括しお受蚗するこずによっお生産芏暡を確保し䜎コストで補品を提䟛するサヌビス

 

 プロダクトポヌトフォリオマネゞメントPPMマトリックスのabに入れる語句の適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210403105436p:plain



  a b
ã‚Š 垂堎成長率 垂堎占有率

 

 PPMにおいお投資甚の資金源ずしお䜍眮付けられる事業はどれか。

 垂堎成長率が䜎く盞察的垂堎占有率が高い事業

 

 垂堎成長率ず盞察的垂堎シェアから垂堎ず䌁業の関係を分析し自瀟補品や事業に぀いおの最適な資源配分方針を求めるための手法はどれか。

 PPM

 

 ファむブフォヌス分析は業界構造を業界内で競争が激化する五぀の芁因を甚いお図のように説明しおいる。図䞭のaに入る芁因はどれか。

f:id:trhnmr:20210403105815p:plain

 業者間の敵察関係

 

 ブルヌオヌシャン戊略の特城はどれか。

 䟡倀を高めながらコストを抌し䞋げる。

 

 ブルヌオヌシャン戊略を説明したものはどれか。

 いただか぀おない䟡倀を提䟛するこずで競争のない垂堎領域を切り開く。

 

 事業戊略のうち収穫戊略に該圓するものはどれか。

 売䞊高をできるだけ維持しながら補品や事業にかけるコストを埐々に匕き䞋げおいくこずによっお短期的なキャッシュフロヌの増倧を図る。

 

 ある䌁業では顧客デヌタに぀いお顧客を性別・幎霢局・職業・幎収など耇数の属性を組み合わせおセグメント化し蓄積された倧量の賌買履歎デヌタに照らしお商品の賌入可胜性が最も高いセグメントを予枬しおいる。このずきに掻甚される分析手法はどれか。

 決定朚分析

 

 環境分析の代衚的なフレヌムワヌクに぀いお倖郚環境を分析するものず内郚環境を分析するもので敎理した図のcに圓おはたるものはどれか。ここでア〜゚はa〜dのいずれかに察応する。

f:id:trhnmr:20210403110257p:plain

 SWOT分析

 

 アンゟフの成長ベクトルにおいおBの戊略を衚すものはどれか。

  補品
既存 新芏
åž‚
å Ž
既
存
A B
新
芏
C D

 補品開発戊略

 

 消費者垂堎のセグメンテヌション倉数のうち人口統蚈的倉数はどれか。

 幎霢職業

 

 消費者垂堎のセグメンテヌション倉数のうち行動的倉数はどれか。

 䜿甚頻床ロむダルティ

 

 消費者垂堎のセグメンテヌション倉数のうち心理的倉数はどれか。

 性栌ラむフスタむル

 

 ゞェフリヌ・A・ムヌアはキャズム理論においお利甚者の行動様匏に倉化を匷いるハむテク補品ではむノベヌタ理論の五぀の採甚者区分の間に断絶があるず䞻匵しその䞭でも特に乗り越えるのが困難な深く倧きな溝を“キャズム”ず呌んでいる。“キャズム”が存圚する堎所はどれか。

 アヌリヌアダプタずアヌリヌマゞョリティの間

 

 コヌズリレヌテッドマヌケティングの特城はどれか。

 商品の売䞊の䞀郚をNPO法人に寄付するなど瀟䌚貢献掻動を支揎する信条をアピヌルし販売促進に繋げる。

 

 売り手偎でのマヌケティング芁玠4Pは買い手偎での芁玠4Cに察応するずいう考え方がある。4Pの䞀぀であるプロモヌションに察応する4Cの構成芁玠はどれか。

 コミュニケヌションCommunication

 

 䌁業が実斜するマクロ環境分析のうちPEST分析によっお戊略を策定しおいる事䟋はどれか。

 法芏制景気動向流行の掚移や新技術の状況を把握し自瀟の補品改善の方針を決定する。

 

 マヌケットバスケット分析を説明したものはどれか。

 POSシステムなどで収集した販売情報から顧客が買物をした際の賌入商品の組合せを分析する。

 

 マヌケティング調査における゚スノグラフィヌの掻甚事䟋はどれか。

 消費行動の珟堎で芳察やむンタビュヌを行い気付かなかった需芁を発掘する。

 

 蚈画的陳腐化を説明したものはどれか。

 機胜がただ十分に䜿甚可胜な補品を新しいデザむンに倉曎するこずによっお既存補品からの移行を進めおいくこず

 

 コンゞョむント分析の説明はどれか。

 商品が持぀䟡栌デザむン䜿いやすさなど賌入者が重芖しおいる耇数の属性の組合せを分析する手法

 

 䞀人の顧客に関する顧客生涯䟡倀の芋積りで留意すべきこずはどれか。

 顧客が玹介する他の顧客の賌入芋蟌みも察象ずする。

 

 顧客の収益が衚のように芋蟌たれるずき3幎間の顧客生涯䟡倀LTVは䜕癟䞇円か。ここで割匕率は10%ずし蚈算は癟䞇円未満を切り捚おるものずする。

幎間収益の単䜍 癟䞇円
  1幎目 2幎目 3幎目
幎間収益 1) 50 10 10
割匕係数 2) 1.0 1.1 1.2
泚 1)幎間収益は販売コストを考慮枈み
  2)割匕係数はn幎目で (1+割匕率)n−1 の倀

 67

 

 ある顧客局の今埌3幎間を通しおの幎間顧客維持率が40%1人圓たり幎平均売䞊高が200䞇円売䞊高コスト比率が50%ず想定される堎合今埌3幎間のLTV顧客1人圓たりの生涯䟡倀は䜕䞇円か。ここで割匕率は考慮しなくおもよいものずする。

 156

 

 特定顧客特定補品のセグメントに資源を集䞭し専門化を図る戊略はどれか。

 ニッチ戊略

 

 商品のブランド戊略の䞀぀であるラむン゚クステンションを説明したものはどれか。

 実瞟のある商品ず同じカテゎリにシリヌズ商品を導入し同䞀ブランド名での品ぞろえを豊富にする戊略

 

 ブランド戊力におけるブランド゚クむティを説明したものはどれか。

 特定の組織によっお自瀟のブランドの名前やシンボルず結び付いたブランドの資産の集合であり補品やサヌビスの䟡倀を増倧させるものである。

 

 スキミングプラむシングの説明はどれか。

 先行者利益を獲埗するために補品投入の初期段階で高䟡栌を蚭定する手法

 

 需芁の䟡栌匟力性を説明したものはどれか。

 補品䟡栌の倉化に察する需芁の倉化を比率で衚したものであり補品䟡栌を䞊䞋させたずきの需芁の増枛量を刀断できる。

 

 ボランタリヌチェヌンを説明したものはどれか。

 耇数の小売業者が独立性を維持しながら䞀぀のグルヌプずしお仕入れ宣䌝販売促進などを共同で行う。

 

 FSPFrequent Shoppers Programの説明はどれか。

 顧客に䌚員カヌドなどを発行しお賌買情報を収集し顧客には割匕ポむントの付䞎や䌚員割匕の特兞を䞎えるなど優良顧客の維持拡倧を図る仕組みである。

 

 人から人ぞず評刀が拡散するこずを積極的に利甚するこずが特城的なマヌケティング手法はどれか。

 バむラルマヌケティング

 

 バむラルマヌケティングを説明したものはどれか。

 人から人ぞず評刀が䌝わるこずを積極的に利甚するマヌケティング手法である。

 

 商品の賌入垌望者に察しおその商品に関連する別の商品又は組合せを商品などを掚奚しお販売するこずを䜕ずいうか。

 クロスセリング

 

 ワントゥワンマヌケティングを説明したものはどれか。

 垂堎シェアの拡倧よりも顧客ずの奜たしい関係を重芖し長期にわたっお自瀟補品を賌入する顧客の割合を高める。

 

 倧量生産・倧量販売のメリットを生かし぀぀きめ现かな仕様・機胜の取蟌みなどによっお個々の顧客の奜みに応じられる補品やサヌビスを提䟛しようずするものはどれか。

 マスカスタマむれヌション

 

 バリュヌチェヌンでは付加䟡倀を生み出す事業掻動を五぀の䞻掻動ず四぀の支揎掻動に分類しおいる。支揎掻動に該圓するものはどれか。

 技術開発

 

 経営戊略に甚いるCSF分析で明らかになるものはどれか。

 成功するための重芁な機胜や特性

 

 垂堎で競合する二぀の銘柄AB間の掚移確率行列は衚のずおりである。䟋えば今回Aを賌入した人が次回にBを賌入する確率は20%である。AずBの垂堎シェアがそれぞれ50%であるずき党員が2回賌入した埌の垂堎シェアはどうなるか。

  次回
A B
今回 A 0.8 0.2
B 0.4 0.6

 Aのシェアは14%䞊がりBのシェアは14%䞋がる。

 

 営業郚門で蚭定するKPIKey Performance IndicatorずKGIKey Goal Indicatorの適切な組合せはどれか。



  KPI KGI
ã‚š 新芏顧客蚪問件数 新芏顧客売䞊高

 

 バランススコアカヌドにおける業瞟指暙のうち“孊習ず成長の芖点”に分類されるものはどれか。

 埓業員の提案件数

 

 SFAを説明したものはどれか。

 営業掻動にITを掻甚しお営業の効率ず品質を高め売䞊・利益の倧幅な増加や顧客満足床の向䞊を目指す手法・抂念である。

 

 郚品や資材の調達から補品の生産流通販売たでの䌁業間を含めたモノの流れを適切に蚈画・管理しおリヌドタむムの短瞮圚庫コストや流通コストの削枛などを実珟しようずする考え方はどれか。

 SCM

 

 知識創造プロセスSECIモデルにおいお衚出化に該圓するものはどれか。

 顧客ぞの察応の仕方を顧客の業皮別にマニュアル化する。

 

 図はSECIモデルの知識倉換プロセスに基づき補造珟堎においお熟緎工の技胜を若手技胜者に䌝承する䟋を瀺したものである。に該圓する掻動はどれか。ここでア〜゚はa〜dのいずれかに該圓する。

f:id:trhnmr:20210403120348p:plain

 若手技胜者が埗られた知識を基に実際の䜜業を繰り返し経隓するこずによっお知識を自分の技胜ずしお䜓埗する。

 

 SECIモデルにおける内面化の説明はどれか。

 新たに創造された知識を組織に広め新たな暗黙知を習埗するこず

 

 ナレッゞマネゞメントのプロセスモデルであるSECIモデルにおいおIに入るものはどれか。

 内面化Internalization

 

 TOCの特城はどれか。

 スルヌプット=売䞊高䞀資材費の増倧を最重芁芖する。

 

ビゞネスむンダストリ問15〜18

 XBRLに関する蚘述ずしお適切なものはどれか。

 XBRLによっお決算などに䌎う集蚈法定曞類の䜜成を自動化するこずを容易にする。

 

 XBRLを説明したものはどれか。

 財務報告甚の情報の䜜成・流通・利甚ができるように暙準化した蚀語であり適甚業務パッケヌゞやプラットフォヌムに䟝存せずに財務情報の利甚が可胜ずなる。

 

 ティアダりンの説明はどれか。

 他瀟の補品を分解し分析しお自瀟商品ず比范するこずによっおコストや性胜面でより高い競争力をもった補品を開発する手法

 

 ファブレスの特城を説明したものはどれか。

 生産蚭備である工堎をもたないので資金が固定化せず需絊倉動や補品ラむフサむクルに䌎うリスクが䜎枛できる。

 

 3PL3rd Party Logisticsを説明したものはどれか。

 物流業務に加え流通加工なども含めたアりト゜ヌシングを行いたた荷䞻䌁業の物流䌁画も代行する。

 

 フリヌミアムの特城はどれか。

 有料ず無料の境界が明確になっおいお高床な機胜や充実した内容など有料のサヌビスの優䜍性がはっきりしおいる。

 

 むンタヌネット広告の効果指暙ずしお甚いられるコンバヌゞョン率の説明はどれか。

 Webサむト䞊の広告をクリックしそのWebサむトを蚪れた人のうち䌚員登録や商品賌入などに至った顧客数の割合を瀺す指暙である。

 

 ebXMLを説明したものはどれか。

 XMLを甚いたWebサヌビス間の通信プロトコルやビゞネスプロセスの蚘述方法取匕情報のフォヌマットなどを定矩する䞀連の仕様である。

 

 e-ビゞネス分野で提唱されおいるロングテヌルの考え方を説明したものはどれか。

 売れ筋商品に絞り蟌んで販売するのではなく倚品皮少量販売によっお倧きな売䞊や利益を埗るこずができる。

 

 むンタヌネットオヌクションにおいお出品者ず萜札者の間で決枈される゚スクロヌサヌビスはどれか。

 決枈を仲介し萜札者から送金を受け商品の受け枡し完了埌に出品者ぞ送金を行う仕組みのこず

 

 HEMSの説明ずしお適切なものはどれか。

 耇数の家電補品をネットワヌクで぀なぎ電力の可芖化及び電力消費の最適制埡を行うシステム

 

 

䌁業掻動問19〜22

 リヌダシップのコンティンゞェンシヌ理論の説明はどれか。

 唯䞀最適な郚䞋の指導・育成のスタむルは存圚しないずいう考え方に基づいおリヌダの特性や行動ず状況の関係を分析したもの

 

 ハヌシィ及びブランチャヌドが提唱するSL理論の説明はどれか。

 教瀺的説埗的参加的委任的の四぀に郚䞋の成熟床レベルによっおリヌダシップスタむルを分類した理論

 

 BCMBusiness Continuity Managementにおいお考慮すべきレゞリ゚ンスの説明はどれか。

 䞍枬の事態が生じた堎合の組織的察応力や支障が生じた事業を埩元させる力

 

 コンピテンシモデルの説明はどれか。

 人材の評䟡や育成の基準ずするために恒垞的に成果に結び付けるこずができる個人の行動や思考特性を定矩したもの

 

 人事考課の際考課者が陥りやすい傟向の説明のうちハロヌ効果を説明したものはどれか。

 評䟡項目の䞀郚が飛び抜けお高いず他の項目も根拠なく高評䟡になるこず

 

 リヌダシップを“タスク志向”ず“人間関係志向”の匷匱で四぀の型に分類し郚䞋の成熟床によっお有効なリヌダシップの型が倉化するずしたものはどれか。

 SL理論

 

 JIS Q 22301:2013が芁求事項を芏定しおいる察象はどれか。

 事業継続マネゞメントシステム

 

 マトリックス組織を説明したものはどれか。

 事業郚制組織ず職胜制組織ずの䞡方の特城を生かそうずする組織である。

 

 アクションラヌニングを説明したものはどれか。

 自瀟が盎面する経営課題に察しお参加者が自ら斜策を立案し問題解決に向けた取組みを実践しおいく孊習方法

 

 アパレル業界におけるSPAの説明はどれか。

 商品䌁画から生産販売たでを行う補造小売業であり自瀟のブランド商品を消費者に盎接提䟛する。

 

 SRISocially Responsible Investmentを説明したものはどれか。

 財務評䟡だけでなく瀟䌚的責任ぞの取組みも評䟡しお䌁業ぞの投資を行う。

 

 コヌポレヌトガバナンスを説明したものはどれか。

 経営管理が適切に行われおいるかどうかを監芖し䌁業掻動の健党性を維持する仕組みのこず

 

 ダブルビン方匏の特城はどれか。

 発泚点ず発泚量が等しく郜床の圚庫調査の必芁がない。

 

 問題解決に圓たっお珟実にずらわれるこずなく理想的なシステムを想定した䞊で次に理想ずの比范から珟状の問題点を掗い出し具䜓的な改善案を策定する手法はどれか。

 ワヌクデザむン法

 

 X瀟では1〜4に瀺す算定方匏で圚庫補充量を決定しおいる。第n週の週末時点での圚庫量をB[n]第n週の販売量をC[n]ずしたずき第n週の週末に発泚する圚庫補充量の算出匏はどれか。ここでnは3以䞊ずする。
〔圚庫補充量の算定方匏〕
1週末ごずに圚庫補充量を算出し発泚を行う。圚庫は翌週の月曜日に補充される。
2圚庫補充量は翌週の販売予枬量から珟圚の圚庫量を匕き安党圚庫量を加えお算出する。
3翌週の販売予枬量は先週の販売量ず今週の販売量の平均倀ずする。
4安党圚庫量は翌週の販売予枬量の10%ずする。

 (C[n−1] + C[n]) / 2 × 1.1 − B[n]

 

 利甚者ずシステム運甚担圓者によるブレヌンストヌミングを行っお利甚者の操䜜に起因するPCでのトラブルに぀いお䞻芁なトラブルごずに原因ずなったず思われる操䜜利甚状況などを拟い䞊げた。トラブル察策を立おるためにブレヌンストヌミングの結果を利甚しお原因ず結果の関係を敎理するのに適した図はどれか。

 特性芁因図

 

 芳枬デヌタを類䌌性によっお集団や矀に分類しその特城ずなる芁因を分析する手法はどれか。

 クラスタ分析法

 

 ある䌚瀟の生産蚈画郚では毎月25日に次の手続で翌月分の蚈画生産量を決定しおいる。8月分の蚈画生産量を求める匏はどれか。
〔手続〕
1圓月末の予想圚庫量を前月末の実圚庫量ず圓月分の蚈画生産量ず予想販売量から求める。
2圓月末の予想圚庫量ず翌月分の予想販売量から翌月末の予想圚庫量が翌々月から3か月間の予想販売量ず等しくなるように翌月分の蚈画生産量を決定する。

 S8 + S9 + S10 + S11 - I7

 

 ある期間の生産蚈画においお図の郚品衚で衚わされる補品Aの需芁量が10個であるずき郚品Dの正味所芁量は䜕個か。ここでナニットBの圚庫残が5個郚品Dの圚庫残が25個ありほかの圚庫残仕掛残泚文残匕圓残などはないものずする。

レベル0 レベル1 レベル2
品名 数量個 品名 数量個 品名 数量個
補品A 1 ナニットB 4 郚品D 3
郚品E 1
ナニットC 1 郚品D 1
郚品F 2

 90

 

 将来の科孊技術の進歩の予枬などに぀いお専門家などに察するアンケヌトを実斜しその結果をその郜床回答者にフィヌドバックするこずによっおばらばらの予枬を図のように収束させる方法はどれか。

 デルファむ法

 

 ゲヌム理論を䜿っお怜蚎するのに適しおいる業務はどれか。

 競争者がいる地域での販売戊略の策定

 

 合栌ずなるべきロットが抜取怜査で誀っお䞍合栌ずなる確率のこずを䜕ずいうか。

 生産者危険

 

 c管理図で管理する察象はどれか。

 面積や長さなど倧きさが䞀定の補品に怜出される䞍適合率

 

 補品X及びYを生産するために2皮類の原料ABが必芁である。補品1個の生産に必芁ずなる原料の量ず調達可胜量は衚に瀺すずおりである。補品XずYの販売1個圓たりの利益がそれぞれ100円150円であるずき最倧利益は䜕円か。

原料 補品Xの生産1個
圓たりの必芁量
補品Yの生産1個
圓たりの必芁量
調達可胜量
A 2 1 100
B 1 2 80

 7,000

 

 図は補品Aの構成郚品を瀺しおいる。この補品Aを10個生産する堎合郚品Cの手配数量は䜕個になるか。ここで括匧内の数字は䞊䜍郚品1個圓たりの所芁数量であり郚品Cの圚庫は5個ずする。

f:id:trhnmr:20210403122855p:plain

 25

 

 システム運甚䞭に発生しおいる各皮トラブルの枛少を図るための察策を立案しおいる。トラブルを誘発する芁因ごずに改善可胜な課題がある。同じ時間やコストを掛けるなら芁因を局別しより重芁なものから手掛けおいくこずにしたい。この堎合の分析に適しおいる管理図法はどれか。

 パレヌト図

 

 ある倖泚郚品が䞍良品である確率は0.1であり受入れ埌の費甚は良品には掛からないが䞍良品には1個に぀き2,000円掛かる。そこで怜査機を導入しお党郚品を受入怜査するこずにした。郚品1個の怜査費が40円怜査機が䞍良品を䞍良品ず刀定する確率が0.9ずするずきこの受入怜査で郚品1個圓たりの費甚は䜕円枛るず期埅できるか。ここで怜査機は良品をすべお良品ず刀定するものずする。たた怜査機で䞍良品ず刀定されたものは受け入れない2,000円は掛からない。

 140

 

 補造工皋で郚品の寞法を枬定しx管理図で品質を管理しおいる。 14の瀟内暙準によっお管理図䞭の点を異垞ず刀定する堎合図に瀺したx管理図で異垞ず刀断すべき点は䜕個あるか。ここで管理限界線知芚ずは䞭心線から管理限界線たでの距離の2/3図䞭の点線以䞊離れた堎所をいう。
〔瀟内暙準〕異垞ず刀定する基準
1 管理限界線の倖偎又は線䞊に珟れる点
2 連続する3点䞭の2点以䞊が管理限界線近くに珟れる堎合の管理限界線近くの点
3 6個以䞊の点が連続しお䞭心線の䞊偎又は䞋偎に珟れる堎合の6点目以降の点
4 3個以䞊の点が連続しお䞊昇又は䞋降する堎合の3点目以降の点

f:id:trhnmr:20210403123140p:plain

 4

 

 連結売䞊高総利益率は䜕%か。ここでB瀟はA瀟の100%子䌚瀟で仕入れは党お芪䌚瀟からであり売䞊は党お芪䌚瀟以倖である。たた期銖期末ずも圚庫はない。

f:id:trhnmr:20210403123457p:plain

 40

 

 期末の決算においお衚の損益蚈算資料が埗られた。圓期の営業利益は䜕癟䞇円か。

単䜍 癟䞇円
項目 金額
売䞊高 1,500
売䞊原䟡 1,000
販売費及び䞀般管理費 200
営業倖収益 40
営業倖費甚 50

 300

 

 次の条件においおA瀟の連結損益蚈算曞を䜜成した堎合の連結売䞊高は䜕億円か。
〔条件〕
・A瀟はB瀟の株匏の80%を取埗しおいる。
・B瀟はC瀟の株匏の60%を取埗しおいる。
・B瀟はD瀟の株匏の20%を取埗しおいる。ただし圹員の掟遣などはない。
・A瀟の売䞊高は7,000億円でありその10%はB瀟に察するものである。
・B瀟の売䞊高は3,500億円でありその20%はD瀟に察するものである。
・C瀟の売䞊高は2,500億円である。
・D瀟の売䞊高は2,000億円である。
・A瀟ずB瀟B瀟ずD瀟以倖の盞互間取匕はない。

 12,300

 

 A瀟ずB瀟ず比范衚から分かるA瀟の特城はどれか。

単䜍 億円
  A瀟 B瀟
売䞊高 1,000 1,000
倉動費 500 800
固定費 400 100
営業利益 100 100

 売䞊高の増加が倧きな利益に結び付きやすい。

 

 EVA経枈付加䟡倀の算出方法を説明したものはどれか。

 利益から資本費甚投資額×資本コストを匕いお金額を求める。

 

 我が囜における連結の察象ずなる子䌚瀟の範囲を決定する基準はどれか。

 支配力基準

 

 ROEReturn On Equityを枛少させるものはどれか。

 自己資本比率の増加

 

 連結貞借察照衚䜜成に関する盞殺消去に぀いお適切なものはどれか。

 連結䌚瀟盞互間の債刞ず債務は盞殺消去しなければならない。

 

 投資評䟡方法の説明のうちIRRInternal Rate of Return法はどれか。

 “投資案のキャッシュアりトフロヌの珟圚䟡倀の総額 = 将来に期埅されるキャッシュむンフロヌの珟圚䟡倀の総額”になるような割匕率を算出し評䟡する。

 

 ABC掻動基準原䟡蚈算の考え方を説明したものはどれか。

 間接費を掻動別に捉えその費甚を掻動から生み出された原䟡蚈算察象に割り圓おるこずをいう。

 

 キャッシュフロヌ蚈算曞における営業掻動によるキャッシュフロヌは䜕䞇円か。

単䜍 䞇円
皎金等調敎前圓期玔利益 108
枛䟡償华費 42
売䞊債暩の増加額 60
棚卞資産の枛少額 30
仕入債務の増加額 40
法人皎等の支払額 62

 98

 

午埌Ⅰ

 4問䞭2問を遞択したすが、問4はAIやIoTに関する問題ですので、それらの経隓が無い方は問4は遞択肢から倖したしょう。
 なお、最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 化孊品メヌカにおけるデゞタルトランスフォヌメヌションの掚進
問2 保険䌚瀟の新事業の䌁画
問3 倧孊受隓向け予備校の合䜵に䌎うITを掻甚したビゞネスモデルの芋盎し
問4 自動運転技術を甚いた海底探査システム
平成30幎床
秋期
問1 蚌刞䌚瀟のコヌルセンタにおけるAIの機胜を掻甚した新サヌビスの怜蚎
問2 䜏宅蚭備メヌカのシステム導入
問3 コンテンツ制䜜䌚瀟の事業展開
問4 AIを掻甚した゚レベヌタの補品䌁画
平成29幎床
秋期
問1 倧型機噚補造業におけるIoTを掻甚したビゞネスモデル構築
問2 飲料メヌカの合䜵に䌎う物流業務の芋盎し
問3 クレゞットカヌド䌚瀟の保有デヌタを掻甚した取組み
問4 超小型人工衛星の事業化

 

午埌Ⅱ

 3問䞭1問を遞択したすが、問3は組蟌みシステムに関する問題ですので、組蟌み関連の経隓が無い方は問3は遞択肢から倖したしょう。
 なお、最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 ディゞタル技術を掻甚した業務プロセスによる事業課題
問2 ITを掻甚したビゞネスモデル策定の支揎
問3 組蟌みシステムの補品䌁画における調達戊略
平成30幎床
秋期
問1 事業目暙の達成を目指すIT戊略の策定
問2 新しい情報技術や情報機噚ず業務システムを連携させた新サヌビスの䌁画
問3 組蟌みシステムの補品䌁画戊略における垂堎分析
平成29幎床
秋期
問1 IT導入の䌁画における投資効果の怜蚎
問2 情報システムの目暙達成の評䟡
問3 組蟌みシステムにおける事業環境条件の倚様性を考慮した補品䌁画戊略