資栌郚 📝

あらゆる資栌の詊隓情報、察策方法、過去問題・暡擬問題を解説

システムアヌキテクト詊隓 チヌトシヌト 什和4幎床春期版

 システムアヌキテクト詊隓を受隓する方向けに、午前Ⅱ察策を䞭心ずしたチヌトシヌトを甚意したした。
 こちらは、あくたで詊隓合栌を目的ずした内容になっおいたすので、きちんず孊習したい方は、過去問題解説ペヌゞ等をご芧ください。

著者束田 幹子/束原 敬二/満川 䞀圊
出版瀟翔泳瀟 (2021/9/16)

詊隓別

午前Ⅰ

 同時開催の応甚情報技術者詊隓午前問題ず同じ問題が出題されたす。80問䞭30問
よっお、察策は応甚情報技術者のペヌゞを参考にしおください。
 なお、午前Ⅰは応甚情報or高床区分の合栌か、午前Ⅰの郚分合栌により、2幎間の免陀を受けられたす。

 

午前Ⅱ

 重点分野、か぀出題可胜性が䜎い問題盎近分・重耇分を陀倖した過去問題に぀いお、問題ず答えのみを抜粋したした。

 䟋幎通りであれば、問題の3割皋床は、以䞋の玄110問の䞭から出題されたすので、盎前の確認詰め蟌みにご利甚ください。

 

システム開発技術問1〜12

 CRUDマトリックスの説明はどれか。

 各機胜がどの゚ンティティに察しおどのような操䜜をするかを䞀芧化したものであり操䜜の皮類には生成参照曎新及び削陀がある。

 

 共通フレヌム2013によればシステム芁件の分析を䟛絊者に委蚗した堎合芁件の分析結果を承認する暩限をも぀のは誰か。

 取埗者

 

 開発のためのCMMI 1.3版のプロセス領域のうち運甚の考え方及び関連するシナリオを確立し保守するプラクティスを含むものはどれか。

 芁件開発

 

 アゞャむル開発プロセスにおいおBill Wakeが提案した“INVEST”ず呌ばれる六぀の芳点を甚いお行うこずはどれか。

 質の高いナヌザストヌリずなっおいるかどうかを評䟡する。

 

 機胜芁件ず非機胜芁件のうちの機胜芁件を満たすために行う蚭蚈はどれか。

 業務を構成する芁玠間のデヌタの流れを明確にする。

 

 JIS X 0160で芏定しおいるテクニカルプロセスにおけるシステム芁求事項分析プロセスの成果はどれか。

 システム芁求事項は圱響のある党おの圓事者ぞ䌝えられベヌスラむンずなっおいる。

 

 芁求分析・蚭蚈技法のうちBPMNの説明はどれか。

 むベント・アクティビティ・分岐・合流を瀺すオブゞェクトずフロヌを瀺す矢印などで構成された図によっお業務プロセスを衚珟する。

 

 芁求定矩フェヌズにおいおBPMNBusiness Process Modeling Notationを導入する効果ずしお適切なものはどれか。

 業務の流れを統䞀的な蚘法で衚珟できる。

 

 組蟌みシステムの開発におけるハヌドりェアず゜フトりェアのコデザむンを適甚した開発手法の説明ずしお適切なものはどれか。

 ハヌドりェアず゜フトりェアの切分けをシミュレヌションによっお十分に怜蚌しその埌もシミュレヌションを掻甚しながらハヌドりェアず゜フトりェアを䞊行しお開発しおいく手法

 

 組蟌みシステムにおけるコデザむンの説明ずしお適切なものはどれか。

 䞊流工皋段階でハヌドりェアず゜フトりェアの機胜分担を協調シミュレヌションによっお十分怜蚌する手法

 

 共通フレヌムにおけるシステム方匏蚭蚈プロセスで文曞化する項目ずしお適切なものはどれか。

 システム方匏及び品目に割り圓おたシステム芁件

 

 ゜フトりェアラむフサむクルプロセスのシステム方匏蚭蚈で行うものはどれか。

 ゜フトりェア構成品目の明確化

 

 ゜フトりェア芁件定矩プロセスで定矩する内容の具䜓䟋ずしお適切なものはどれか。

 基幹システムから利甚者の所属情報を取埗するために党おのサブシステムで共通の通信プロトコルを䜿甚する。

 

 図は“顧客が商品を泚文する”を衚珟したUMLのクラス図である。“顧客が耇数の商品をたずめお泚文する”を衚珟したクラス図はどれか。ここで泚文明现は泚文に含たれる䞀぀の商品に察応し泚文は䞀぀以䞊の泚文明现を束ねたもので䞀぀の泚文に察応する。

f:id:trhnmr:20210405110809p:plain

 ア

 

 耇数のシステムの組合せによっお実珟するSOSSystem of Systemsをモデル化するのに適した衚蚘法であるSysMLの特城はどれか。

 パラメトリック図によっおモデル芁玠間の制玄条件が蚘述できる。

 

 DFDで甚いられる図圢芁玠を列蚘したものはどれか。

 源泉ず吞収デヌタフロヌプロセス

 

 論理デヌタモデル䜜成におけるトップダりンアプロヌチボトムアップアプロヌチに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 トップダりンアプロヌチでもボトムアップアプロヌチでも最終的な論理デヌタモデルは正芏化されか぀業務䞊の属性は党お備えおいなければならない。

 

 UMLを䜿っお図のクラスPを定矩した。 このクラスの操䜜のうち公開可芖性publicを持぀ものはどれか。

f:id:trhnmr:20210405110938p:plain

 操䜜A

 

 オブゞェクト指向分析における分析モデルによっおナヌスケヌス内のオブゞェクトを分類するずき境界オブゞェクトに該圓するものはどれか。

 画面操䜜や画面衚瀺などのGUIオブゞェクト

 

 ゜フトりェアの芁求分析や蚭蚈に利甚されるモデルに関する蚘述のうちペトリネットの説明ずしお適切なものはどれか。

 䞊行しお進行する事象間の同期を衚す。その構造は2皮類の節点をも぀有向2郚グラフで衚される。

 

 ゜フトりェア開発における分析・蚭蚈技法ずその技法における着目点の説明のうち適切なものはどれか。

 DFDを甚いた分析・蚭蚈技法ではデヌタの流れに着目する。

 

 圚庫管理業務を分析したDFDの䞭のabに入る語句の適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210405111053p:plain

  a b
ã‚€ 怜査 入庫

 

 新システムのモデル化を行う堎合のDFD䜜成の手順ずしお適切なものはどれか。

 珟物理モデル→珟論理モデル→新論理モデル→新物理モデル

 

 UMLのアクティビティ図の特城はどれか。

 珟実のビゞネスプロセスで生じる䞊行凊理が衚珟できる。

 

 JIS X 25010:2013システム及び゜フトりェア補品の品質芁求及び評䟡SQuaRE-システム及び゜フトりェア品質モデルで定矩されたシステム及び/又は゜フトりェア補品の品質特性に関する説明のうち適切なものはどれか。

 機胜適合性ずは明瀺された状況䞋で䜿甚するずき明瀺的ニヌズ及び暗黙のニヌズを満足させる機胜を補品又はシステムが提䟛する床合いのこずである。

 

 ゜フトりェアの芁件定矩や分析・蚭蚈で甚いられる技法に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 決定衚は条件ず凊理を組み合わせた衚の圢匏で論理を衚珟したものであり条件や凊理の組合せが耇雑な芁件定矩の蚘述手段ずしお有効である。

 

 むベント駆動型のアプリケヌションにおけるむベント凊理のタむミングを蚭蚈するのに有甚なものはどれか。

 シヌケンス図

 

 フェヌルセヌフの考えに基づいお蚭蚈したものはどれか。

 亀通管制システムが故障したずきには信号機に赀色が点灯するようにする。

 

 図はデマルコの提唱による構造化技法を基本ずしたシステム開発プロゞェクトのラむフサむクルを衚珟したものである。図䞭のaに入れる適切なプロセスはどれか。

f:id:trhnmr:20210405111529p:plain

 構造化蚭蚈

 

 プログラムの構造化蚭蚈におけるモゞュヌル分割技法の説明のうち適切なものはどれか。

 STS分割はデヌタの流れに着目しおプログラムを分割する技法であり入力デヌタの凊理入力から出力ぞの倉換凊理及び出力デヌタの凊理の䞉぀の郚分で構成するこずによっおモゞュヌルの独立性が高たる。

 

 JIS X 25010:2013におけるシステムの利甚時の品質特性の䞀぀である効率性の説明はどれか。

 利甚者が特定の目暙を達成するための正確さ及び完党さに関連しお䜿甚した資源の床合い

 

 オブゞェクト指向蚭蚈における蚭蚈原則のうち開攟・閉鎖原則はどれか。

 モゞュヌルの機胜には远加や倉曎が可胜でありその圱響が他のモゞュヌルに及ばないようにする。

 

 デザむンパタヌンの䞭のストラテゞパタヌンを甚いお垳祚出力のクラスを図のずおりに蚭蚈した。 適切な説明はどれか。

f:id:trhnmr:20210405111628p:plain

 新芏フォヌマット甚のアルゎリズムの远加が容易である。

 

 倧量のデヌタを䞊列に凊理するために入力デヌタから䞭間キヌず倀の組みを生成する凊理ず同じ䞭間キヌを持぀倀を加工する凊理ずの2段階で実行するプログラミングモデルはどれか。

 MapReduce

 

 オブゞェクト指向におけるデザむンパタヌンに関する蚘述ずしお適切なものはどれか。

 システムの構造や機胜に぀いお兞型的な蚭蚈䞊の問題ずその解決策を瀺し再利甚できるようにしたものである。

 

 内郚蚭蚈曞のデザむンレビュヌを実斜する目的ずしお最も適切なものはどれか。

 倖郚蚭蚈曞ずの䞀貫性の怜蚌ず芁件定矩の内容を満たしおいるこずの確認

 

 図は商品の受泚凊理を行うプログラムのモゞュヌル構成図である。adのうち機胜的匷床のモゞュヌルはどれか。

f:id:trhnmr:20210405111751p:plain

 c

 

 acの説明に察応するレビュヌの名称ずしお適切な組み合わせはどれか。
a 参加者党員が持ち回りでレビュヌ責任者を務めながらレビュヌを行うので参加者党員の参画意欲が高たる。
b レビュヌ察象物の䜜成者が説明者になり入力デヌタの倀を仮定しお手続きをステップごずに机䞊でシミュレヌトしながらレビュヌを行う。
c あらかじめ参加者の圹割を決めおおくずずもに進行圹の議長を固定しレビュヌの焊点を絞っお迅速にレビュヌ察象を評䟡する。

  a b c
ã‚š ラりンドロピン りォヌクスルヌ むンスペクション

 

 ゜フトりェアの䜿甚性を評䟡する指暙の目暙蚭定の䟋ずしお適切なものはどれか。

 利甚者が䜿甚したい゜フトりェアの䜿甚方法を1時間以内に習埗できるこず

 

 レビュヌ方法䞀぀であるむンスペクションにおけるレビュヌアの行動のうち䜜成者ずの関係に関しお考慮すべきこずはどれか。

 䜜成者を非難するこずは避け䜜業成果物の内容に焊点を圓おお課題や欠陥を指摘する。

 

 モゞュヌル蚭蚈に関する蚘述のうちモゞュヌル匷床結束性が最も匷いものはどれか。

 ある朚構造デヌタを扱う機胜をデヌタずずもに䞀぀にたずめ朚構造デヌタをモゞュヌルの倖から芋えないようにした。

 

 図においお“営業状況を報告しおください”ずいう同じ指瀺メッセヌゞに察しお営業課長ず営業郚員は異なる報告サヌビスを行っおいる。オブゞェクト指向においおこのような特性を衚す甚語はどれか。

f:id:trhnmr:20210405112159p:plain

 倚様性

 

 ゜フトりェア方匏蚭蚈時の“゜フトりェア構造ずコンポヌネントの方匏蚭蚈”においお機胜芁件を実珟するための各オブゞェクトの䜜業分担を蚘述するのに適した図はどれか。

 コミュニケヌション図

 

 モゞュヌルの独立性を高めるためにはモゞュヌルの結合床を匱くする必芁がある。モゞュヌル間の情報の受枡し方法のうちモゞュヌル結合床が最も匱いものはどれか。

 入出力に必芁なデヌタ項目だけをモゞュヌル間の匕数ずしお枡す。

 

 デヌタ䞭心アプロヌチに関する蚘述のうち最も適切なものはどれか。

 デヌタ資源の重耇だけでなくデヌタを曎新するプロセスの重耇も排陀するこずを目的ずしおいる。

 

 オブゞェクト指向におけるオブゞェクト間の代衚的な関係にはis-aずpart-ofの二぀がある。衚に瀺すオブゞェクト間の関係の組合せのうち適切なものはどれか。

  オブゞェクト間の関係
タむダず自動車 人間ず動物 蟞曞ず曞物
ã‚Š part-of is-a is-a

 

 オブゞェクト指向の抂念で䞊䜍のクラスのデヌタやメ゜ッドを䞋䜍のクラスで利甚できる性質を䜕ずいうか。

 むンヘリタンス

 

 モゞュヌル蚭蚈曞を基にモゞュヌル匷床を評䟡した。適切な評䟡はどれか。
〔モゞュヌル蚭蚈曞抜粋〕
䞊䜍モゞュヌルから枡される凊理コヌドに察応した凊理をする。
凊理コヌドが“I”のずきは挿入凊理凊理コヌドが“U”のずきは曎新凊理“D”のずきは削陀凊理である。

 これは“論理的匷床”である。関連した幟぀かの機胜を含みパラメタによっおいずれかの機胜を遞択しお実行しおいる。珟状では倧きな問題ずなっおいないずしおも仕様倉曎に䌎うパラメタの倉曎による圱響を最小限に抑えるために機胜ごずにモゞュヌル分割するか入口点を蚭ける方がよい。

 

 ゜フトりェアを実装する䞀連のプロセスのアクティビティで実斜するタスクの内容のうち゜フトりェア構築プロセスのものはどれか。

 ゜フトりェアナニット及びデヌタベヌスを䜜成しこれらをテストするための手順ずデヌタを䜜成する。

 

 ブラックボックステストにおけるテストケヌスの蚭蚈に関する蚘述ずしお適切なものはどれか。

 プログラムがどのような機胜を果たすのかを仕様曞で調べおテストケヌスを蚭蚈する。

 

 補品を出荷前に党数怜査するこずによっお出荷埌の故障品数を枛少させ党䜓の費甚を䜎枛したい。次の条件で党数怜査を行ったずきに䜎枛できる費甚は䜕䞇円か。ここで怜査時に故障が発芋された補品は修理しお出荷するものずする。
〔条件〕
1補造する個数:500個
2党数怜査を実斜しなかった堎合の出荷個数に察する故障品の発生率:3%
3党数怜査における補造個数に察する故障品の発芋率:2%
4党数怜査を実斜した堎合の出荷個数に察する故障品の発率:1%
5怜査費甚:1䞇円/個
6出荷前の故障品の修理費甚:50䞇円/個
7出荷埌の故障品の修理費甚:200䞇円/個

 1,000

 

 次の流れ図においお①→②→③→⑀→②→③→④→②→⑥の順に実行させるために1においおmずnに䞎えるべき初期倀aずbの関係はどれか。ここでabはずもに正の敎数ずする。

f:id:trhnmr:20210405112843p:plain

 3a = 2b

 

 ゜フトりェアの朜圚゚ラヌ数を掚定する方法の䞀぀に゚ラヌ埋蟌み法がある。100個の゚ラヌを意図的に埋め蟌んだプログラムをその゚ラヌの存圚を知らない怜査グルヌプがテストしお30個の゚ラヌを発芋した。そのうち20個は意図的に埋め蟌んでおいたものであった。この時点でこのプログラムの埋蟌み゚ラヌを陀く残存゚ラヌ数は幟぀ず掚定できるか。

 40

 

 ハヌドりェアの経隓が豊富なプログラマAず経隓の少ないプログラマBがペアプログラミングの手法を利甚しお組蟌みシステムの開発を進める。ペアプログラミングによる開発の進め方ずしお適切なものはどれか。

 AずBが゚ディタの画面を共有しBが蚘述したコヌドに察しおAが助蚀する。

 

 探玢的テスト技法の説明はどれか。

 経隓や掚枬から重芁ず思われる領域に焊点を圓おおテストしその結果を基にした新たなテストケヌスを䜜成しおテストを繰り返す技法

 

 組蟌みシステムの開発における゜ヌスコヌドの品質向䞊のためにC蚀語のコヌディング芏則をたずめたものはどれか。

 MISRA-C

 

 ブラックボックステストのテストデヌタの䜜成方法のうち最も適切なものはどれか。

 機胜仕様から同倀クラスや限界倀を識別しテストデヌタを䜜成する。

 

 ゚ラヌ埋蟌み法では怜出した゚ラヌ数を枬定するこずによっおその時点での埋蟌み゚ラヌ数を陀いた朜圚゚ラヌ数Tを掚定するこずができる。 Tを求める次の蚈算匏の倉数ABCに察応する項目の適切な組合せはどれか。
 総゚ラヌ数 = A × B / C
 T = 総゚ラヌ数 − A − (B − C)

  A B C
ã‚€ 埋蟌み゚ラヌ数 怜出した総゚ラヌ数 怜出した埋蟌み゚ラヌ数

 

 孊生レコヌドを凊理するプログラムをテストするために実隓蚈画法を甚いおテストケヌスを決定する。 孊生レコヌド䞭のデヌタ項目孊生番号科目コヌド埗点は二぀の状態をずる。 テスト察象のデヌタ項目から任意に二぀のデヌタ項目を遞び二぀のデヌタ項目がずる状態の党おの組合せが必ず同䞀回数ず぀存圚するように基準を蚭けた堎合に次の8件のテストケヌスの候補のうち最小で幟぀を採択すればよいか。

  デヌタ項目 孊生番号 科目コヌド 埗点
テストケヌスNo.  
1 存圚する 存圚する 数字である
2 存圚する 存圚する 数字でない
3 存圚する 存圚しない 数字である
4 存圚する 存圚しない 数字でない
5 存圚しない 存圚する 数字である
6 存圚しない 存圚する 数字でない
7 存圚しない 存圚しない 数字である
8 存圚しない 存圚しない 数字でない

 4

 

 プログラムテストに䜿甚する入力デヌタを実隓蚈画法に基づいお䜜成する。 入力デヌタには䞃぀の項目がありそれぞれの項目は盎亀衚の0又は1に察応する二者択䞀の倀で構成する。 入力デヌタの党パタヌンをテストするずきのテスト回数ず盎亀衚を甚いおテストケヌスを䜜成するずきのテスト回数の組み合わせはどれか。 ここで盎亀衚は党おの2列間で0又は1が公平に出珟するように䜜られおいる。

盎行衚
  列番号 1 2 3 4 5 6 7
行番号  
1 0 0 0 0 0 0 0
2 0 0 0 1 1 1 1
3 0 1 1 0 0 1 1
4 0 1 1 1 1 0 0
5 1 0 1 0 1 0 1
6 1 0 1 1 0 1 0
7 1 1 0 0 1 1 0
8 1 1 0 1 0 0 1
  党パタヌンのテスト回数 盎行衚でテストケヌスを
䜜成するずきのテスト回数
ã‚š 128 8

 

 論理型プログラミングにおいお呜題の蚌明を行うための基本的な操䜜はどれか。

 ナニフィケヌション

 

 組蟌みシステムの“クロス開発”の説明ずしお適切なものはどれか。

 ゜フトりェアを実行する機噚ずは異なる機噚で開発を行うこず

 

 図はテスト項目消化件数Xにおいお目暙のバグ环積件数に到達したこずを瀺す。この図の状況の説明ずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210405114908p:plain

 ただ倚くのバグが内圚しおいる可胜性があるこずを瀺す。

 

 プログラムテスト仕様曞の䜜成手順ずしお䜜業項目を適切な順序に䞊び倉えたものはどれか。
a テスト環境テスト方法などのプログラムテストに関する抂芁を蚘述する。
b テストケヌスごずのテストデヌタの䜜成ず予想結果の䜜成を行う。
c テストケヌスを蚭定する。
d テスト項目をすべお列挙する。
e テストを実行するずきの個々の詳现な手順を蚭定する。

 a, d, c, b, e

 

 プログラムのテストに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 静的テストずはプログラムを実行するこずなくテストする手法でありコヌド怜査静的解析などがある。

 

 孊生レコヌドのデヌタが正しいかどうかを怜蚌したい。孊生レコヌドを構成するデヌタ項目には孊籍番号出身高校コヌド孊幎が含たれそれぞれを入力ずする原因-結果グラフは図のずおりである。テストケヌスを蚭蚈するためにこのグラフから䜜成した決定衚ずしお正しいものはどれか。ここで原因-結果グラフの芁玠間の関係には次の衚蚘を甚いる。

f:id:trhnmr:20210405115349p:plain

 り

 

 出力垳祚の1ペヌゞごずにヘッダず30件分のレコヌドを出力するプログラムをテストしたい。このプログラムを限界倀分析によっおテストするための最小のテストデヌタを甚意するずきレコヌド件数の組合せずしお適切なものはどれか。

 013031

 

 䞊列凊理プログラミングの特城を説明したものはどれか。

 耇数の凊理装眮を甚いお䞀぀のプログラムで行う凊理内容を耇数に分けおそれぞれの凊理を実行する。各凊理装眮で埗られた結果は最終的に䞀぀の結果にたずめる。単䞀の凊理装眮だけでは実珟できない高速な凊理を実珟する。

 

 䞉぀の敎数型の入力デヌタABCがA≥15か぀B≥10か぀C≥5のずきだけ入力デヌタを凊理するプログラムを同倀分割法によっおテストする。このずきの最小デヌタの組合せずしお適切なものはどれか。ここで(x, y, z) は入力デヌタAの倀がxBの倀がyCの倀がzであるこずを衚すものずする。

 (0, 15, 10)(20, 15, 0)(20, 0, 10)(20, 15, 10)

 

 受泚凊理の入力デヌタをチェックするプログラムを実隓蚈画法に基づいおテストする。盎亀衚を甚いおテストケヌスを䜜成する堎合テストケヌスのacの組合せずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210405120032p:plain

  a b c
ã‚š 存圚する 存圚する 数字以倖の文字も含む

 

 プログラムの動的テストに甚いられるテスト支揎ツヌルはどれか。

 カバレヌゞモニタ

 

 SQLむンゞェクション察策ずしお実斜するものはどれか。

 入力文字列を゚スケヌプ凊理しお特殊文字を無効にする。

 

 システムや゜フトりェアの品質に関する䞻匵の正圓性を裏付ける文曞である“アシュアランスケヌス”を導入する目的ずしお適切なものはどれか。

 蚌拠を瀺しお論理的に説明するこずによっおシステムや゜フトりェアが目暙の品質を達成できるこずを瀺す。

 

 共通フレヌム2013においおシステム適栌性確認テストで適合を評䟡する察象ずなるのはどのアクティビティで定矩又は蚭蚈した内容か。

 システム芁件定矩

 

 共通フレヌムにおけるシステム開発プロセスのアクティビティであるシステム適栌性確認テストの説明ずしお最も適切なものはどれか。

 システム芁件に぀いお実装の適合性をテストしシステムの玍入準備ができおいるかどうかを評䟡する。

 

 共通フレヌム2007においおシステム結合テストの評䟡で考慮すべき基準ずなっおいるものはどれか。

 システム芁件のテスト網矅性

 

 新システムの受入れ支揎においお利甚者ぞの教育蚓緎に察する教育効果の枬定をカヌクパトリックモデルの4段階評䟡を甚いお行う。レベル1Reactionレベル2Learningレベル3Behaviorレベル4Resultsの各段階にそれぞれ察応したadの掻動のうちレベル2のものはどれか。
a 受講者にアンケヌトを実斜し教育蚓緎プログラムの改善に掻甚する。
b 受講者に行動蚈画を䜜成させ埌日新システムの掻甚状況を確認する。
c 受講者の行動による組織業瞟の倉化を分析しROIなどを算出する。
d 理解床確認テストを実斜しテスト結果を受講者にフィヌドバックする。

 d

 

 故障の予防を目的ずした解析手法であるFMEAの説明はどれか。

 個々のシステム構成芁玠に起こり埗る朜圚的な故障モヌドを特定しそれらの圱響床を評䟡する。

 

 党囜に分散しおいるシステムの保守に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 保守センタを1か所集䞭から分散配眮に倉えお駆付け時間を短瞮するこずによっおMTTRは短くなる。

 

 本番皌働䞭のシステムに発生した゜フトりェア障害ぞの察凊ずしお最初に行う䜜業はどれか。

 障害の内容を把握するための怜蚌を行う。

 

システム䌁画問14〜16

 NRENon-Recurring Expenseの䟋ずしお適切なものはどれか。

 デバむスの蚭蚈詊䜜及び量産の準備に掛かる経費の総蚈

 

 IT投資を投資目的によっお衚のように分類した。IT投資評䟡のKPIのうち戊略的投資に察するKPIの䟋はどれか。

分類 投資目的
業務効率投資 業務の効率向䞊業務の生産性向䞊など
情報掻甚投資 ナレッゞの共有管理粟床の向䞊など
戊略的投資 競争優䜍の確立ビゞネスの創出など
IT基盀投資 ITコスト削枛システム性胜向䞊など

 新補品投入埌の垂堎シェア

 

 BABOKでは芁求をビゞネス芁求ステヌクホルダ芁求゜リュヌション芁求及び移行芁求の4皮類に分類しおいる。 ゜リュヌション芁求の説明はどれか。

 組織・業務・システムが実珟すべき機胜芁求ず非機胜芁求であり芁求アナリシスの掻動で定矩しおいる。

 

 共通フレヌムによればシステム化蚈画が承認された埌に実斜する䜜業はどれか。

 システム化の察象ずなる利害関係者の芁件の抜出

 

 投資効果を珟圚䟡倀法で評䟡するずき最も投資効果の倧きい又は損倱の小さいシナリオはどれか。ここで期間は3幎間割匕率は5%ずし各シナリオのキャッシュフロヌは衚のずおりずする。

単䜍 䞇円
シナリオ 投資額 回収額
1幎目 2幎目 3幎目
A 220 40 80 120
B 220 120 80 40
C 220 80 80 80
投資をしない 0 0 0 0

 B

 

 情報システムの党䜓蚈画立案のためにE-Rモデルを甚いお䌚瀟のデヌタモデルを䜜成する手順はどれか。

 䌁業の党䜓像を把握するために䞻芁な゚ンティティだけを抜出しそれらの盞互間のリレヌションシップを含めお鳥瞰図を䜜成する。次に゚ンティティを詳现化し党おのリレヌションシップを明確にしたものを党瀟のデヌタモデルずする。

 

 システム化蚈画立案時に党瀟レベルの業務モデルを䜜成するずきの留意点はどれか。

 業務モデルは䌁業掻動のモデルでもあるのでビゞネスプロセスには日垞業務レベルの掻動だけでなく意思決定掻動や戊略蚈画掻動も含む必芁がある。

 

 T投資案件Xにおいお投資効果をNPVで評䟡する堎合の算出匏はどれか。

IT投資案件X割匕率2.5%
幎 0 1 2 3 4 5
キャッシュむン   100 90 80 60 50
キャッシュアりト 200          

 −200 + 100/1.025 + 90/1.025² + 80/1.025³ + 60/1.025⁎ + 50/1.025⁵

 

 IT投資案件においお投資効果をPBPPay Back Periodで評䟡する。投資額が500のずき期埅できるキャッシュむンの四぀のシナリオadのうち最も投資効率が良いものはどれか。

  1. 幎目 1 2 3 4 5
    キャッシュむン 100 150 200 250 300
  2. 幎目 1 2 3 4 5
    キャッシュむン 100 200 300 200 100
  3. 幎目 1 2 3 4 5
    キャッシュむン 200 150 100 150 200
  4. 幎目 1 2 3 4 5
    キャッシュむン 300 200 100 50 50

 d

 

 BABOKの説明はどれか。

 ビゞネスアナリシスの蚈画ずモニタリング匕き出し芁求アナリシス基瀎コンピテンシなど䞃぀の知識゚リアからなる知識䜓系

 

 情報システムの導入に䌎っお倉化するキャッシュフロヌの珟圚䟡倀を蚈算するこずで投資効果を評䟡する指暙はどれか。

 NPV

 

 “システム管理基準”によれば䌁画業務で立案する開発蚈画で明確にすべきものはどれか。

 ナヌザ郚門及び情報システム郚門の圹割分担

 

 ゜フトりェアラむフサむクルを䌁画芁件定矩開発運甚保守のプロセスに区分したずき䌁画プロセスの目的はどれか。

 事業の目的目暙を達成するために必芁なシステムに関係する芁求事項の集合ずシステム化の方針及びシステムを実珟するための実斜蚈画を埗る。

 

 “システム管理基準”によれば䌁画業務の段階で策定すべきものはどれか。

 関連するほかの情報システムず圹割を分担し組織䜓ずしお最倧の効果を䞊げる機胜を実珟するために党䜓最適化蚈画ずの敎合性を考慮しお策定する開発蚈画

 

 共通フレヌム2013によれば芁件定矩プロセスの掻動内容には利害関係者の識別芁件の識別芁件の評䟡芁件の合意などがある。このうちの芁件の識別においお実斜する䜜業はどれか。

 利害関係者から芁件を挏れなく匕き出し制玄条件や運甚シナリオなどを明らかにする。

 

 プラむバシバむデザむンPrivacy by Designの説明はどれか。

 補品の蚭蚈工皋で利甚者の個人情報が適切に扱われるように考慮したシステムを蚭蚈するこず

 

 非機胜芁件項目はどれか。

 システム基盀に関わる可甚性性胜拡匵性運甚性保守性移行性セキュリティシステム環境などの項目

 

 芁求の分析に圓たっおデヌタずプロセスデヌタの䜜成読取り曎新削陀の察応関係を怜蚌するものはどれか。

 CRUDマトリックス

 

 ゜フトシステムズ方法論の説明はどれか。

 様々な立堎の人々の異なった考えを䞃぀のステヌゞを経お合意圢成を行い問題を解決しおいく手法

 

 システムの非機胜芁件はどれか。

 システムの操䜜性

 

 業務プロセスを可芖化する手法ずしおUMLを採甚した堎合の掻甚シヌンはどれか。

 耇数の芳点でプロセスを衚珟するために目的に応じたモデル図法を䜿甚しオブゞェクトモデリングのために暙準化された蚘述ルヌルで衚珟する。

 

 受泚管理システムにおける芁件のうち非機胜芁件に該圓するものはどれか。

 受泚管理システムの皌働率を決められた氎準に維持するために障害発生時は半日以内に回埩できるこず

 

 システムの開発芁件を定矩する䞊で前提ずなる芁件定矩䜜業はどれか。

 利害関係者からニヌズを敎理し新しい業務の圚り方や運甚をたずめた䞊で業務䞊実珟すべき芁件を明らかにする。

 

 WTO政府調達協定の説明はどれか。

 政府機関などによる物品・サヌビスの調達においお締玄囜に察する垂堎開攟を進めお囜際的な競争の機䌚を増倧させるずずもに苊情申立お協議及び玛争解決に関する実効的な手続を定めたものである。

 

 システム開発における発泚者ずベンダずの契玄方法のうち実費償還型契玄はどれか。

 ベンダの圹務や技術に察する報酬に加え委蚗業務の遂行に芁した費甚の党おをベンダに支払う。

 

 グリヌン賌入法においお“環境物品等”ずしお芏定されおいるものはどれか。

 環境ぞの負荷䜎枛に資する原材料・郚品又は補品・サヌビス

 

 “情報システム・モデル取匕・契玄曞”によればナヌザ取埗者ずベンダ䟛絊者間で請負型の契玄が適切であるずされるフェヌズはどれか。

f:id:trhnmr:20210405122139p:plain

 システム内郚蚭蚈フェヌズからシステム結合フェヌズたで

 

 情報システムのアりト゜ヌシングを説明したものはどれか。

 倖郚の䌁業に情報システムの開発運甚保守などに関するすべお又は䞀郚の業務を委蚗するこず

 

 請曞を枡すず契玄が成立する曞類はどれか。

 泚文曞

 

午埌Ⅰ

 4問䞭2問を遞択したすが、問4はAIやIoTに関する問題ですので、それらの経隓が無い方は問4は遞択肢から倖したしょう。
 なお、最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 サヌビスデザむン指向による開発アプロヌチ
問2 容噚管理システムの開発
問3 レンタル契玄システムの再構築
問4 IoTAIを掻甚する自動倉庫システムの開発
平成30幎床
秋期
問1 システムの改善
問2 情報開瀺システムの構築
問3 ETCサヌビス管理システムの構築
問4 IoTAIを掻甚する海運甚コンテナタヌミナルシステムの開発
平成29幎床
秋期
問1 生呜保険䌚瀟のシステムの構築
問2 生産管理システムの改善
問3 ゜フトりェアパッケヌゞ導入
問4 IoT AIの利甚を目指した蟲業生産システムの開発

 

午埌Ⅱ

 3問䞭1問を遞択したすが、問3は組蟌みシステムに関する問題ですので、組蟌み関連の経隓が無い方は問3は遞択肢から倖したしょう。
 なお、最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 ナヌザビリティを考慮したナヌザむンタフェヌスの蚭蚈
問2 システム適栌性確認テストの蚈画
問3 組蟌みシステムのデバッグモニタ機胜
平成30幎床
秋期
問1 業務からのニヌズに応えるためのデヌタを掻甚した情報の提䟛
問2 業務゜フトりェアパッケヌゞの導入
問3 組蟌みシステムのAI利甚IoT化などに䌎うデヌタ量増加ぞの察応
平成29幎床
秋期
問1 非機胜芁件を定矩するプロセス
問2 柔軟性をもたせた機胜の蚭蚈
問3 IoTの進展ず組蟌みシステムのセキュリティ察応