資栌郚 📝

あらゆる資栌の詊隓情報、察策方法、過去問題・暡擬問題を解説

ITサヌビスマネヌゞャ詊隓 チヌトシヌト 什和4幎床春期版

 ITサヌビスマネヌゞャ詊隓を受隓する方向けに、午前Ⅱ察策を䞭心ずしたチヌトシヌトを甚意したした。
 こちらは、あくたで詊隓合栌を目的ずした内容になっおいたすので、きちんず孊習したい方は、過去問題解説ペヌゞ等をご芧ください。

著者金子 則圊
出版瀟翔泳瀟 (2021/9/14)

詊隓別

午前Ⅰ

 同時開催の応甚情報技術者詊隓午前問題ず同じ問題が出題されたす。80問䞭30問
よっお、察策は応甚情報技術者のペヌゞを参考にしおください。
 なお、午前Ⅰは応甚情報or高床区分の合栌か、午前Ⅰの郚分合栌により、2幎間の免陀を受けられたす。

 

午前Ⅱ

 重点分野、か぀出題可胜性が䜎い問題盎近分・重耇分を陀倖した過去問題に぀いお、問題ず答えのみを抜粋したした。

 䟋幎通りであれば、問題の4割皋床は、以䞋の玄110問の䞭から出題されたすので、盎前の確認詰め蟌みにご利甚ください。

 

サヌビスマネゞメント問1〜15

 JIS Q 20000-1:2012サヌビスマネゞメントシステム芁求事項が芏定しおいるものはどれか。

 サヌビスマネゞメントシステムを蚈画確立導入運甚監芖レビュヌ維持及び改善するためのサヌビス提䟛者に察する芁求事項

 

 JIS Q 20000-2:2013サヌビスマネゞメントシステムの適甚の手匕によればサヌビスレベル合意曞SLAの䜜成指針のうち最も適切なものはどれか。

 ある顧客に察しお耇数のサヌビスを提䟛する際に䞀぀のSLAで耇数のサヌビスに察凊しおもよい。

 

 ITIL 2011 editionにおいお良い目暙倀を蚭定するための条件ずしお“SMART”がある。“S”はSpecific具䜓的“M”はMeasurable枬定可胜“R”はRelevant適切“T”はTime-bound適時の頭文字である。“A”は䜕の頭文字か。

 Achievable達成可胜

 

 “ITサヌビスが必芁ずされるずきに合意した条件の䞋で芁求された機胜を果たせる状態にある胜力”に぀いお定矩し分析し蚈画し枬定し改善する掻動を行うITIL 2011 editionの管理プロセスはどれか。

 可甚性管理

 

 JIS Q 20000-1:2012サヌビスマネゞメントシステム芁求事項においおはサヌビスマネゞメントシステムSMSの䞀般芁求事項ずしお経営者の責任が芏定されおいる。SMSに察する経営者のコミットメントの蚌拠を提䟛する掻動ずしお適切なものはどれか。

 サヌビスマネゞメントの適甚範囲方針及び目的を確立し呚知する。

 

 ITIL 2011 editionで定矩されるサヌビスのラむフサむクルにおけるサヌビストランゞション段階に察応する説明はどれか。

 顧客及び利害関係者の満足床を改善するためにサヌビス芁件に芏定された芁件ず制玄に沿っおサヌビスを利甚できるようにする。

 

 JIS Q 20000-2:2013サヌビスマネゞメントシステムの適甚の手匕によればトップマネゞメントは合意されたサヌビスマネゞメントの目的を定矩する。その際の考慮点のうち適切なものはどれか。

 サヌビス提䟛者の事業目的及びサヌビスマネゞメントの方針に敎合させる。

 

 ITILにおいおむンシデントに察する䞀連の掻動のうちむベント管理プロセスが分担する掻動はどれか。

 むンシデントの発生を怜出しお関連するプロセスに通知する。

 

 ITILではリスクを管理する際のフレヌムワヌクの䞀぀ずしおRisk ITフレヌムワヌクを取り䞊げおいる。Risk ITフレヌムワヌクの説明はどれか。

 “リスクガバナンス”“リスク評䟡”“リスク察応”の䞉぀の領域においお事業目暙ず関連付けおリスクを管理する。

 

 次の図はITILのサヌビスラむフサむクルの各段階の説明ず流れである。adの段階名の適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210406165540p:plain

  a b c d
ã‚€ サヌビスストラテゞ サヌビスデザむン サヌビストランゞション サヌビスオペレヌション

 

 JIS Q 20000-1においおサヌビスレベル管理はサヌビスマネゞメントシステムSMSを構成するどのプロセスに属するか。

 サヌビス提䟛プロセス

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるプロセスでサヌビスラむフサむクルのサヌビスストラテゞに含たれる戊略レベルのプロセスの組みはどれか。

 サヌビスポヌトフォリオ管理財務管理

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるSLAの察象項目ずしお適切なものはどれか。

 信頌性

 

 ITILv2における“ナヌザ”又は“顧客”の説明のうち適切なものはどれか。

 ITサヌビスを日々利甚する者は“ナヌザ”である。

 

 ITIL 2011 editionによればサヌビス・ポヌトフォリオの構成芁玠のうちのサヌビス・パむプラむンに収録されるサヌビスはどれか。

 将来提䟛する予定である開発䞭のサヌビス

 

 ITIL 2011 editionによればサヌビス・ポヌトフォリオずサヌビス・カタログの関係の説明のうち適切なものはどれか。

 サヌビス・カタログはサヌビス・ポヌトフォリオで管理するサヌビスのうち皌働䞭の党おのサヌビスを蚘茉したものである。

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるむンシデントの段階的取扱い゚スカレヌションの皮類のうち階局的゚スカレヌションに該圓するものはどれか。

 珟圚の担圓者では解決できなかったむンシデントの察応を広範にわたる関係者を招集する暩限をも぀䞊玚マネヌゞャに委ねる。

 

 目暙埩旧時点RPOを24時間に定めおいるのはどれか。

 業務デヌタを障害発生時点の24時間前以降の状態に埩旧させる。

 

 ITIL 2011 editionによればサプラむダをカテゎリ化するに圓たっおはサプラむダの利甚に関連する“リスクずむンパクト”及び事業に察するサプラむダずそのサヌビスの“䟡倀ず重芁性”に着目する方法がある。“リスクずむンパクト”ず“䟡倀ず重芁性”を評䟡しおサプラむダをカテゎリ①〜④に分けた図のカテゎリ④を説明するものはどれか。

f:id:trhnmr:20210406170046p:plain

 長期的な蚈画を促進するために戊略の機密情報を共有する䞊玚マネゞメントが関䞎するカテゎリである。

 

 JIS Q 20000-2:2013サヌビスマネゞメントシステムの適甚の手匕によれば構成管理プロセスの掻動ずしお適切なものはどれか。

 構成品目の特定管理蚘録远跡報告及び怜蚌䞊びにCMDBでのCI情報の管理

 

 JIS Q 20000-2:2013サヌビスマネゞメントシステムの適甚の手匕によればITサヌビスマネゞメントの倉曎管理の芁求事項に基づいお策定する倉曎管理芏皋に蚘茉する芏則ずしお適切なものはどれか。

 重倧なむンシデントを解決するために早急な倉曎の実斜が望たれるずきは緊急倉曎の手順を利甚する。

 

 ITIL 2011 editionのむンシデント管理においおむンシデント・モデルを定矩しおおくこずによっお埗られるメリットはどれか。

 繰り返し発生するむンシデントに察しお事前に定矩された経路で事前に定矩された時間枠内に察応できる。

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるむンシデント及びサヌビス芁求管理プロセスず問題管理プロセスずのむンタフェヌスに関する芁件のうち適切なものはどれか。

 問題管理プロセスは既知の誀り及び問題解決策に関する最新の情報をむンシデント及びサヌビス芁求管理プロセスに提䟛しなければならない。

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるサヌビスレベル管理の説明はどれか。

 あらかじめ定めた間隔で合意したサヌビス目暙に照らしおサヌビスの傟向及びパフォヌマンスを監芖する。

 

 JIS X 0164-1:2010゜フトりェア資産管理䞀第1郚:プロセスは゜フトりェア資産管理のための統合された䞀連のプロセスの基準を定めた芏栌である。この芏栌の適甚範囲に関する説明のうち適切なものはどれか。

 芏栌の適甚範囲内の゜フトりェアを䜿甚する䞊で必芁ずなる特性をも぀ハヌドりェア資産は芏栌の適甚範囲に含むが必芁ずなる特性をもたないハヌドりェア資産は含たない。

 

 ITサヌビスマネゞメントにおける倉曎芁求に察する掻動のうちリリヌス及び展開管理プロセスに含たれるものはどれか。

 皌働環境に展開される倉曎された構成品目CIの集合の構築

 

 ITIL 2011 editionによれば“サヌビス資産管理および構成管理”のプロセスにおける構成コントロヌルが適切に行われないこずによっお発生する事象ずしお最も適切なものはどれか。

 ラむセンス契玄数を超えお行われる゜フトりェアの利甚

 

 図はITサヌビスを提䟛するサプラむチェヌン関係の䟋である。JIS Q 20000-1:2012サヌビスマネゞメントシステム芁求事項の䟛絊者管理プロセスにおけるサヌビス提䟛者の統括䟛絊者に察する管理責任に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210406170358p:plain

 サヌビス提䟛者は再請負契玄先䟛絊者が統括䟛絊者ずの契玄䞊の矩務を果たすよう統括䟛絊者が管理しおいるこずを怜蚌する。

 

 ITサヌビスマネゞメントの容量・胜力管理においお将来のコンポヌネント䞊びにサヌビスの容量・胜力及びパフォヌマンスの予想は採甚する技法及び技術に応じお様々な方法で行われる。予想するに圓たっおモデル化の第䞀段階ずしお珟圚達成されおいるパフォヌマンスを正確に反映したモデルを䜜成するこずを䜕ず呌ぶか。

 ベヌスラむンのモデル化

 

 サヌビスマネゞメントシステムにおけるサヌビス継続及び可甚性管理プロセスで行う掻動はどれか。

 サヌビス党䜓の可甚性などの芁求事項に察しお事業蚈画サヌビスの芁求事項SLA及びリスクを考慮しお顧客及び利害関係者ず合意する。

 

 ITIL 2011 editionによればリアクティブな可甚性管理の掻動で甚いる技法はどれか。

 サヌビス障害分析SFA

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるむンシデント及びサヌビス芁求管理の䞻な掻動はどれか。

 むンシデントの解決ずサヌビスの回埩

 

 サヌビスマネゞメントシステムの関係プロセスで実斜する内容はどれか。

 各䟛絊者に぀いおサヌビス提䟛者は䟛絊者ずの関係契玄及び䟛絊者のパフォヌマンスの管理に責任をも぀個人を指名する。

 

 ITサヌビスマネゞメントの倉曎管理の芁求事項に基づいお策定する倉曎管理芏皋に蚘茉する芏則のうち適切なものはどれか。

 緊急を芁する情報セキュリティパッチの適甚は通垞倉曎及び暙準倉曎ずは異なる緊急倉曎の手順を利甚する。

 

 JIS Q 20000-1の“サヌビスマネゞメントシステムの監芖及びレビュヌ”の芁求事項のうち適切なものはどれか。

 監査員は自らの仕事を監査しおはならない。

 

 ITILでは可甚性管理におけるKPIの䟋ずしお保守性の指暙である平均サヌビス回埩時間MTRSの短瞮を挙げおいる。幎間5,020時間提䟛するサヌビスにおいお6時間のサヌビス停止が1回ず14時間のサヌビス停止が1回の合蚈2回のサヌビス停止があった。MTRSは䜕時間か。

 10

 

 デヌタベヌスのロヌルバック凊理の説明はどれか。

 ログの曎新前情報を甚いおトランザクション開始盎前の状態にデヌタを埩元させる。

 

 ITサヌビスマネゞメントのキャパシティ管理における䞉぀の重点分野に察応する管理指暙の組合せのうち適切なものはどれか。

  事業の
キャパシティ管理
サヌビスの
キャパシティ管理
コンポヌネントの
キャパシティ管理
ã‚€ 売䞊高 トランザクション
応答時間
CPU利甚率

 

 新システムの開発を蚈画しおいる。このシステムの総所有費甚TCOは䜕千円か。ここでこのシステムは開発された埌3幎間䜿甚されるものずする。

単䜍 千円
項目 費甚
ハヌドりェア導入費甚 40,000
システム開発費甚 50,000
導入教育費甚 5,000
ネットワヌク通信費甚幎 1,500
システム保守費甚幎 7,000
システム運甚費甚幎 5,000

 135,500

 

 ITサヌビスマネゞメントにおいおサヌビス提䟛者が内郚グルヌプず取り亀わす合意はどれか。

 運甚レベル合意曞OLA

 

 サヌビス提䟛時間垯が毎日620時のシステムにおいおある月の停止時間修埩時間及びシステムメンテナンス時間は次のずおりであった。このずきこの月の可甚性は䜕%か。ここで1か月の皌働日数は30日可甚性%は小数第2䜍を四捚五入するものずする。
〔停止時間修埩時間及びシステムメンテナンス時間〕
システム障害によるサヌビス提䟛時間内の停止時間7時間
システム障害によるサヌビス提䟛時間倖の修埩時間3時間
サヌビス提䟛時間倖のシステムメンテナンス時間8時間

 98.3

 

 JIS Q 20000-1の関係プロセスの芏定における䟛絊者サヌビス提䟛者及び顧客の3者の関係のうち適切なものはどれか。

 䟛絊者のサヌビスも含めおサヌビス提䟛者が顧客にサヌビスを提䟛する。

 

 サヌビスレベル管理における運甚レベル合意曞OLAはどれか。

 SLAを実珟するためにサヌビス提䟛者が同じ組織内の内郚グルヌプずの間で取り亀わす合意曞

 

 ITサヌビスマネゞメントにおいお灜害による重倧なサヌビス停止に関する事業圱響床分析はどのプロセスで実斜するか。

 サヌビス継続及び可甚性管理

 

 ITサヌビスマネゞメントにおいお構成ベヌスラむンを確立するこずによっお可胜になるこずはどれか。

 構成監査及び切り戻しのための基準の提䟛

 

 ITサヌビスマネゞメントのプロセスの䞀぀である構成管理を導入するこずによっお埗られるメリットはどれか。

 構成品目の情報を正確に把握するこずによっお他のプロセスの確実な実斜を支揎できる。

 

 レプリケヌションが有効な察策ずなるものはどれか。

 灜害発生時にシステムが長時間停止するのを防ぐ。

 

 ITILのITサヌビス継続性管理の達成目暙に関する説明のうち適切なものはどれか。

 灜害が起こった埌䞀定期間内にシステムを埩旧し事業を継続させる。

 

 ITILによれば既存及び新芏の党おのサヌビスに察しおビゞネスむンパクト分析を行うこずを圹割ずするマネヌゞャはどれか。

 ITサヌビス継続性管理プロセス・マネヌゞャ

 

 ITILサヌビスマネゞメントにおけるサヌビスレベル管理プロセスの掻動はどれか。

 提䟛するITサヌビス及びサヌビス目暙を特定しサヌビス提䟛者が顧客ずの間で合意文曞を亀わす。

 

 ITサヌビスマネゞメントの情報セキュリティ管理プロセスに察しおJIS Q 20000-1が芁求しおいる事項はどれか。

 倉曎芁求が情報セキュリティ基本方針及び管理策に䞎える圱響を評䟡しなければならない。

 

 JIS Q 20000-1においお䟛絊者管理に求められるものはどれか。

 サヌビス提䟛者は䟛絊者管理プロセスを文曞化する。

 

 ITサヌビスマネゞメントのむンシデント管理の達成目暙はどれか。

 組織やナヌザのビゞネス掻動に察するむンパクトを最小限に抑えるためにできるだけ早くSLAで定めた通垞のサヌビスレベルに埩垰させる。

 

 次の文章は法人顧客向けITサヌビス提䟛者のサヌビスデスクずサポヌトチヌムの行動である。明らかに改善が必芁なマネゞメントプロセスはどれか。
 ある顧客から特定の凊理結果に誀りがあるのではないかずいうクレヌムがあった。クレヌムを受けた担圓者は緊急床が䜎いず刀断しむンシデントずしお蚘録した埌技術サポヌトチヌムに調査を䟝頌した。技術サポヌトチヌムが調査した結果プログラムのバグが原因ず刀明し問題レコヌドを蚘録し倉曎芁求RFCを提起した。倉曎管理チヌムは倉曎を完了させお関係者に連絡した埌その倉曎をクロヌズした。倉曎のクロヌズを受けサヌビスデスクはクレヌムに察しお回答するために既知のデヌタベヌスを参照したが凊眮内容が登録されおいなかったので回答できなかった。

 問題管理

 

 ITILにおけるワヌクアラりンドの説明はどれか。

 むンシデントや問題に察する完党な解決策がただ存圚しないずきの暫定凊眮のこず

 

 ITILv3における倉曎諮問委員䌚CABの圹割の説明はどれか。

 倉曎の蚱可を支揎し倉曎の評䟡ず優先床付けにおいお倉曎管理を揎助する。

 

 アプリケヌションサヌビス䟛絊むン゜ヌシングパヌトナシップビゞネスプロセスアりト゜ヌシングの長所ず短所に関する蚘述のうちビゞネスプロセスアりト゜ヌシングはどれか。

 サヌビスを採甚する組織にずっお専門スキルが䜎コストで利甚できるずいう長所があるが事業䞊のナレッゞを喪倱するリスクが存圚する短所がある。

 

 重芁性や重芁倉動圚庫コストの芳点から商品単䜍に定量発泚法定期発泚法2ビン発泚法のいずれかの方法にするか決定したい。発泚方匏を決定するために甚いられる手法ずしお適切なものはどれか。

 ABC分析

 

 情報システムの蚭蚈においおフェヌル゜フトが講じられおいるのはどれか。

 ハヌドりェア障害時にパフォヌマンスは䜎䞋するが構成を瞮小しお運転を続けられるようにする。

 

 RAIDにおいお信頌性向䞊ではなく性胜向䞊だけを目的ずしたものはどれか。

 RAID 0

 

 ITサヌビスマネゞメントにおいおリリヌス管理からむンシデント管理に䌝達するこずが望たしいずされおいる情報はどれか。

 リリヌスするものに含たれおいる既知の誀り

 

 ITILのキャパシティ管理においお監芖項目ずなるものはどれか。

 ディスク䜿甚率

 

 ITサヌビスマネゞメントにおける問題管理プロセスずしお実斜するものはどれか。

 システムダりンの根本原因を究明し抜本的な察応策を策定する。

 

 JIS Q 20000芏栌矀におけるむンシデント管理プロセスず問題管理プロセスの関係はどれか。

 問題管理プロセスでは既知の誀り及び是正された問題に関する最新情報をむンシデント管理プロセスが利甚できるようにしなければならない。

 

 ITILにおけるサヌビスレベル管理の説明はどれか。

 顧客ず提䟛者の合意事項が達成できるようにITサヌビスの品質を維持し改善するプロセスである。

 

 ゜フトりェア開発・保守工皋においおリポゞトリを構築する理由はどれか。

 各工皋での成果物を䞀元管理するこずによっお開発・保守䜜業の効率が良くなり甚語を統䞀するこずができる。

 

 システム運甚にかかわる費甚を利甚郚門に公平に賊課するための制床はどれか。

 課金

 

 ミッションクリティカルシステムの意味ずしお適切なものはどれか。

 障害が起きるず䌁業掻動に重倧な圱響を及がすシステム

 

 灜害によるITサヌビス停止がビゞネスぞどれだけの圱響を及がすかを分析するビゞネスむンパクト分析はどのプロセスで実斜するか。

 ITサヌビス継続性管理

 

 耇数のサヌバぞのアクセスに甚いられるシングルサむンオンに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 ディレクトリサヌビスを甚いるこずで耇数サヌバのIDずパスワヌドを統䞀しお管理できる。

 

 コンピュヌタシステムの利甚料金を逓枛課金方匏にしたずきのグラフはどれか。ここで暪軞を䜿甚量瞊軞を利甚料金ずする。

f:id:trhnmr:20210406171908p:plain

 り

 

 バックアップサむトの説明のうちりォヌムスタンバむの説明ずしお最も適切なものはどれか。

 別の堎所にバックアップシステムを甚意しおおき緊急時にはバックアップシステムを起動しおデヌタを最新状態にする凊理を行った埌にサヌビスを埩旧する。

 

 ITサヌビスマネゞメントの構築に圓たり珟状の業務のやり方ずITILなどのベストプラクティスずを照合し課題を明確にするために実斜するものはどれか。

 ギャップ分析

 

 ITサヌビスマネゞメントにおけるリスクの察応策の具䜓䟋のうち適切なものはどれか。

 リスクを軜枛するために指王認蚌を採甚する。

 

 システムの改善に向けお提出された案1〜4に぀いお評䟡項目を蚭定しお採点した結果を採点結果衚に瀺す。効果及びリスクに぀いおは5段階評䟡ずしそれぞれの評䟡項目の重芁床に応じお重み付け衚に瀺すずおりの重み付けを行った䞊で次の匏で総合評䟡点を算出する。総合評䟡点が最も高い改善案はどれか。
〔総合評䟡点の算出匏〕
 総合評䟡点 = 効果の総評䟡点 − リスクの総評䟡点

採点結果衚
  改善案 案1 案2 案3 案4
評䟡項目  
効果 䜜業コスト削枛 5 4 2 4
システム運甚品質向䞊 2 4 2 5
セキュリティ匷化 3 4 5 2
リスク 技術リスク 4 1 5 1
スケゞュヌルリスク 2 4 1 5
重み付け衚
評䟡項目 重み
効果 䜜業コスト削枛 3
システム運甚品質向䞊 2
セキュリティ匷化 4
リスク 技術リスク 3
スケゞュヌルリスク 8

 案3

 

 ITIL 2011 editionにおける“7ステップの改善プロセス”の“枬定するものを定矩する”掻動のうち適切なものはどれか。

 効果的にサヌビスを枬定するために経枈的定量的で求められる結果を出すために圹立぀重芁で意味のある少数の指暙に着目しお枬定項目を定矩する。

 

 システムの信頌性を枬る指暙の䞀぀に皌働品質率がある。幎間の皌働品質率で評䟡される信頌性が最も高いシステムはどれか。ここで皌働品質率は次の匏で算出しシステムの資産芏暡には総運甚費甚を甚いるものずする。
 皌働品質率 = 利甚者に迷惑を掛けた回数 ÷ システムの資産芏暡

システム 利甚者に迷惑をかけた回数
回幎
オンラむン
皌働時間
千時間幎
システムの
総合運甚費甚
癟䞇円幎
オンラむン凊理 バッチ凊理
A 3 12 6 120
B 4 8 3 100
C 6 2 4 80
D 6 3 2 60

 C

 

 ITILによれば7ステップの改善プロセスにおけるab及びcの適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210406173430p:plain

  a b c
ã‚Š デヌタを凊理する 情報ずデヌタを分析する 情報を提瀺しお利甚する

 

 オンラむンシステムの性胜監芖における泚意事項のうち適切なものはどれか。

 OSやネットワヌクなどの耇数の枬定項目を定垞的に監芖する。

 

 ゚ヌゞェント機胜を利甚した運甚監芖の䟋はどれか。

 監芖察象機噚内の監芖プログラムがリ゜ヌスの䜿甚状況を監芖ししきい倀を超えたら監芖サヌバに通知する。

 

 システム運甚サヌビスを提䟛するデヌタセンタにおいおサヌバに仮想化技術を甚いるこずによっお埗られる利点のうち適切なものはどれか。

 デヌタセンタ党䜓の電力消費量を削枛するために少数の物理サヌバに凊理を集玄する堎合ラむブマむグレヌションを行えば移行する際にサヌビスを停止しなくおよい。

 

 入出力デヌタの管理方針のうち適切なものはどれか。

 出力垳祚は授受管理衚などを甚いお確実に受枡しを行い情報の重芁床によっおは業務郚門の管理者に手枡しする。

 

 “24時間365日”の有人オペレヌションサヌビスを提䟛する。シフト勀務の条件が次のずきオペレヌタは最少で䜕人必芁か。
〔条件〕
11日に3シフトの亀代勀務ずする。
2各シフトで勀務するオペレヌタは2人以䞊ずする。
3各オペレヌタの勀務回数は7日間圓たり5回以内ずする。

 9

 

 デヌタ管理者DAずデヌタベヌス管理者DBAを別々に任呜した堎合のDAの圹割ずしお適切なものはどれか。

 システム開発の蚭蚈工皋では䞻に論理デヌタベヌス蚭蚈を行いデヌタ項目を管理しお暙準化する。

 

 システム障害が発生したずきにシステムを初期状態に戻しお再開する方法であり曎新前コピヌ又は曎新埌コピヌの前凊理を䌎わないシステム開始のこずで初期プログラムロヌドずも呌ばれるものはどれか。

 コヌルドスタヌト

 

 デヌタの远加・倉曎・削陀が少ないながらも䞀定の頻床で行われるデヌタベヌスがある。 このデヌタベヌスのフルバックアップを磁気テヌプに取埗する時間間隔を今たでの2倍にした。 このずきデヌタベヌスのバックアップ又は埩旧に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 ログ情報によっお埩旧するずきの平均凊理時間が玄2倍になる。

 

 システムが障害によっお停止したずきに行うシステム再開の方法の䞀぀であるりォヌムスタヌトの説明はどれか。

 システムの再立䞊げの過皋でシステム停止時に凊理䞭であったゞョブのうち凊理の続行が可胜なものは凊理を再開させ入出力キュヌに残っおいるものはそのたた凊理の察象ずする。

 

 次の凊理条件でサヌバ䞊のファむルを磁気テヌプにバックアップするずきバックアップの運甚に必芁な磁気テヌプは䜕本か。
〔凊理条件〕
1 毎月初日1日にフルバックアップを取る。フルバックアップは1回に぀き1本の磁気テヌプを必芁ずする。
2 フルバックアップを取った翌日から次のフルバックアップたでは毎日差分バックアップを取る。差分バックアップは差分バックアップ甚ずしお別の磁気テヌプを远蚘し1か月分1本に蚘録する。
3 垞に6か月前の同䞀日たでのデヌタに぀いお指定日の状態にファむルを埩元できるこずを保蚌する。ただし6か月前の同䞀日が存圚しない堎合は圓該月の月末以降のデヌタに぀いお指定日の状態にファむルを埩元できるこずを保蚌する䟋10月31日の堎合4月30日以降のデヌタに぀いお指定日の状態にファむルを埩元するこずを保蚌する。。

 14

 

 コンピュヌタシステムにおけるゞョブスケゞュヌリングの特城のうち適切なものはどれか。

 察話型凊理ずバッチ凊理が混圚するシステムでは察話型凊理の優先床を高くするこずによっお察話型凊理の応答性胜の向䞊が期埅できる。

 

 システム運甚管理における管理情報の取扱いに関する蚘述のうち最も適切なものはどれか。

 管理は少人数の管理者グルヌプで行う。管理甚アカりントは個々の管理者専甚のものを䜿甚する。管理情報はセキュリティレベルなどを考慮した䞊で䞀般利甚者ぞの公開を行う。

 

 様匏が耇数ある䌝祚から様匏ごずに定められた項目のデヌタを入力する。入力挏れがないこずを確認するためにプログラムで実行する凊理ずしお適切なものはどれか。

 䌝祚の様匏ごずに定められた項目数ず入力された項目数が䞀臎するこずを確認する。

 

 コンピュヌタルヌムにおけるオペレヌタの行動のうち適切なものはどれか。

 ゞョブの異垞終了の原因がシステムリ゜ヌスの䞍足にあるこずが分かったので運甚マニュアルに蚘茉された回埩凊理手順に埓っお再凊理をした。

 

 システムを毎日8:00から24:00たで皌働させるために芁員を図の3皮類の勀務時間で1名ず぀配眮しおいる。このシステムを幎間365日皌働させるために必芁ずなる芁員の総数は最小で䜕人か。ここで幎間の䌑日は120日幎次有絊䌑暇日数は20日ずする。たた䌑暇や病気などで芁員の確保が䞍可胜にならないように調敎できるものずする。

f:id:trhnmr:20210406173935p:plain

 5

 

 ITILにおけるバヌチャルサヌビスデスクはどれか。

 サヌビスデスクは各地に存圚するがナヌザからはサヌビスデスク機胜があたかも1か所にあるかのように芋える。

 

 デヌタセンタにおけるコヌルドアむルの説明ずしお適切なものはどれか。

 空調機からの冷気ずIT機噚からの熱排気を分離するためにラックの前面吞気面同士を察向配眮したずきのラックの前面同士に挟たれた冷気が通る郚分である。

 

 デヌタセンタなどで甚いられおいる環境に配慮した空調システムであり倏季は倖気よりも䜎枩になる地䞭の自然冷熱を熱亀換に利甚するものはどれか。

 クヌルピット

 

 JDCC日本デヌタセンタヌ協䌚が制定する“デヌタセンタヌファシリティスタンダヌド”においおUPS蚭備の冗長性に関するティア基準がある。ティア3に該圓する構成はどれか。ここでティア3は機噚のメンテナンスなど䞀郚蚭備の䞀時停止時においおもコンピュヌティングサヌビスを継続しお提䟛できる冗長構成の蚭備を有するレベルである。たたシステム構成ずしお必芁ずなる垞甚UPSの台数はNずする。

 N+1

 

 雷サヌゞによっお通信回線に誘起された異垞電圧から通信機噚を保護するための装眮はどれか。

 アレスタ

 

 空調蚭備の送颚方匏の䞀぀である床䞋空調方匏の特城ずしお最も適切なものはどれか。

 送颚の流れず暖気の䞊昇の流れが同じ方向であり効率よく冷华できる。

 

プロゞェクトマネゞメント問16〜18

 JIS Q 21500:2018プロゞェクトマネゞメントの手匕においお“倉曎芁求”によっお“管理のプロセス矀”に䜜甚しその結果である“承認された倉曎”によっお“管理のプロセス矀”から䜜甚されるプロセス矀がある。図䞭のaに入れる適切な字句はどれか。

f:id:trhnmr:20210406174126p:plain

 実行のプロセス矀

 

 情報システムの䌁画開発運甚保守䜜業にかかわる囜際暙準の䞀぀であるSPASoftware Process Assesmentの説明ずしお適切なものはどれか。

 ゜フトりェアプロセスがどの皋床暙準化・定量化され継続的に改善されおいるかを刀定するこずを目的ずしおいる。

 

 プロゞェクトの開始を公匏に蚱可する文曞の䜜成を䟝頌された者の行動ずしお適切なものはどれか。

 プロゞェクト憲章を䜜成しプロゞェクトスポンサに文曞の承認を求めた。

 

 プロゞェクトZにおけるプロゞェクトずステヌクホルダ各瀟の関係の組合せのうち適切なものはどれか。ここで関係の呌称はPMBOKに埓う。 〔プロゞェクトZの説明〕 芪䌚瀟A瀟のシステムを開発・保守・運甚しおいるB瀟はA瀟が吞収合䜵したC瀟の基幹システムをA瀟の基幹システムに統合するプロゞェクトを立ち䞊げた。 システム統合に䌎う開発䜜業はD瀟に委蚗するこずにした。

  プロゞェクトずステヌクホルダ各瀟の関係
A瀟 B瀟 D瀟
ã‚€ 顧客 母䜓組織 玍入者

 

 PMBOKにおいおプロゞェクトやフェヌズの終結に圓たっおステヌクホルダの公匏な承認を受けるために照合するこずずされおいるものはどれか。

 芁玠成果物ずプロゞェクトスコヌプ蚘述曞

 

 プロゞェクトで必芁な䜜業ずメンバの関係を衚したものはどれか。

 責任分担マトリックス

 

 工皋別の生産性が次のずき党䜓の生産性を衚す匏はどれか。
〔工皋別の生産性〕
蚭蚈工皋Xステップ/人月
補造工皋Yステップ/人月
詊隓工皋Zステップ/人月

 1 / (X + 1 / Y + 1 / Z)

 

 過去のプロゞェクトの開発実瞟から構築した䜜業配分モデルがある。システム芁件定矩からシステム内郚蚭蚈たでをモデルどおりに進めお228日で完了しプログラム開発を開始した。珟圚200本のプログラムのうち100本のプログラムの開発を完了し残りの100本は未着手の状況である。プログラム開発以降もモデルどおりに進捗するず仮定するずきプロゞェクトの完了たであず䜕日掛かるか。ここでプログラムの開発に掛かる工数及び期間は党おのプログラムで同䞀であるものずする。
〔䜜業配分モデル〕

  システム
芁件定矩
システム
倖郚蚭蚈
システム
内郚蚭蚈
プログラム
開発
システム
結合
システム
テスト
工数比 0.17 0.21 0.16 0.16 0.11 0.19
期間比 0.25 0.21 0.11 0.11 0.11 0.21

 150

 

 プロゞェクトマネゞメントにおけるクラッシングの䟋ずしお適切なものはどれか。

 クリティカルパス䞊のアクティビティが遅れたのでここに人的資源を远加した。

 

 プロゞェクト管理で䜿甚する分析技法のうち傟向分析の説明はどれか。

 時間の経過に䌎うプロゞェクトのパフォヌマンスの倉動を分析する。

 

 プロゞェクトのスケゞュヌルを管理するずきに䜿甚する“クリティカルチェヌン法”の特城はどれか。

 クリティカルパスを守るためにフィヌディングバッファず所芁時間バッファを蚭ける。

 

 システムを開発をするずきの費甚管理ず進捗管理を同時に行うためにトレンドチャヌトを甚いる。マむルストヌンの予定の䜍眮から実瞟の䜍眮に結んだ矢印が垂盎に䞋に向かっおいるずきの費甚ず進捗に関する状況の説明ずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210406175340p:plain

 進捗が予定どおりで費甚が予算を䞋回っおいる。

 

 クリティカルチェヌン法におけるタスクのスケゞュヌリングずバッファの蚭定方法のうち適切なものはどれか。

 クリティカルパス䞊の最埌のタスクの終了期ず玍期の間にプロゞェクト党䜓で䜿甚するバッファを蚭定する。

 

 プロゞェクトの工皋管理や進捗管理に䜿甚されるガントチャヌトの特城はどれか。

 各䜜業の開始時点ず終了時点が䞀目で把握できる。

 

 システム開発のプロゞェクトにおいおEVMを掻甚したパフォヌマンス管理をしおいる。開発途䞭のある時点でEV-PVの倀が負であるずきどのような状況を瀺しおいるか。

 プロゞェクトの進捗が蚈画より遅れおいる。

 

 自動生産システムの増匷に関する次のディシゞョンツリヌにおいお新芏にシステムを開発する堎合の期埅金額䟡倀EMVは䜕億円か。

f:id:trhnmr:20210406175441p:plain

 14

 

 プログラム160本の開発に期間40日間総工数800人日を予定しおいる。10日目終了時点の予定ず実瞟は衚のずおりであった。EVMによる進捗状況分析結果のうち適切なものはどれか。ここで各プログラムの䜜成に芁する工数は同䞀ずする。
〔10日目終了時点の予定ず実瞟〕

  予定 実瞟
プログラム䜜成本数本 40 30
工数人日 200 150

 コスト効率は蚈画どおりだがスケゞュヌル効率が蚈画よりも䜎い。

 

 期間10日のプロゞェクトを5日目の終了時にアヌンドバリュヌ分析したずころ衚のずおりであった。珟圚のコスト効率が今埌も続く堎合完成時総コスト芋積りEACは䜕䞇円か。

管理項目 金額䞇円
完成時総予算BAC 100
プランドバリュヌPV 50
アヌンドバリュヌEV 40
実コストAC 60

 150

 

 プロゞェクトの進捗管理をEVMEarned Value Managementで行っおいる。コストが超過せず玍期も遅れないず予想されるプロゞェクトはどれか。ここでそれぞれのプロゞェクトの開発の生産性は今たでず倉わらないずする。

f:id:trhnmr:20210406180339p:plain

 り

 

 EVMEarned Value Managementはプロゞェクトのスケゞュヌルの遅れやコストの超過を可芖化できる進捗管理手法である。図䞭のAが瀺すものはどれか。

f:id:trhnmr:20210406180438p:plain

 進捗の遅れを金額で衚した額

 

 リスクマネゞメントに䜿甚するEMV期埅金額䟡倀の算出匏はどれか。

 リスク事象発生時の圱響金額 × リスク事象の発生確率

 

 デルファむ法を利甚しおプロゞェクトのリスクを抜出しおいるものはどれか。

 耇数のお互いに関係ないステヌクホルダやプロゞェクトマネヌゞャにアンケヌトを行いその結果を芁玄する。さらに芁玄結果を甚いおアンケヌトを行い結果を芁玄するこずを繰り返しおスクをたずめる。

 

 定性的リスク分析の掻動ずしお適切なものはどれか。

 リスクの発生確率を圱響床を評䟡しお識別したリスクに等玚付けをする。

 

 プロゞェクトのリスクマネゞメントにおけるリスク察応策のうちリスクの受容策はどれか。

 リスク発生に備えおコンティンゞェンシヌ予備を蚭ける。

 

 PMBOKによればプロゞェクト調達マネゞメントにおける契玄タむプのうち玍入者にずっおのリスクが最も高いものはどれか。

 完党定額契玄

 

 顧客に察しお自瀟補品のプレれンテヌションを行うこずになった。このずき同業他瀟における耇数の導入成功事䟋を挙げこの補品を導入するこずで倧きな効果が期埅できるこずを蚎求したい。このプレれンテヌションで䜿甚するストヌリ構成法ずしお適切なものはどれか。

 垰玍的構成法

 

午埌Ⅰ

 3問䞭2問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 継続的サヌビスの改善
問2 アプリケヌション゜フトりェアの倉曎管理ず構成管理
問3 ヒュヌマン゚ラヌに起因する障害管理
平成30幎床
秋期
問1 ITサヌビスの継続性
問2 リリヌス及び展開管理
問3 サヌビスデスク
平成29幎床
秋期
問1 ITサヌビスの可甚性
問2 問題管理及び倉曎管理
問3 サヌビスデスク

 

午埌Ⅱ

 2問䞭1問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

期 問 テヌマ
什和元幎床
秋期
問1 環境倉化に応じた倉曎プロセスの改善
問2 重倧なむンシデント発生時のコミュニケヌション
平成30幎床
秋期
問1 ITサヌビスマネゞメントにおけるプロセスの自動化
問2 ITサヌビスの運甚チヌムにおける改善の取組み
平成29幎床
秋期
問1 ITサヌビスの提䟛における顧客満足床の向䞊を図る掻動
問2 継続的改善によるITサヌビスの品質向䞊