資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基礎科目 平成26年度 Ⅰ-4-5

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 生体膜に関する次の記述の,   に入る語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

 生体膜の構成要素の1つは脂質である。長い炭化水素鎖を持つカルボン酸である脂肪酸は,脂質の主成分であり, ア 体の形で脂質中に存在している。生体膜に用いられる炭素数12以上の飽和脂肪酸の場合,炭素鎖が長い方が,融点が イ 。細菌の培養温度を20℃から30℃に上昇させると,細菌は環境に応答して,膜脂質を合成する成分として ウ の割合が増える場合がある。同じ炭素数でも炭素鎖中に不飽和結合が存在する脂肪酸は,飽和結合のみの脂肪酸と比べて融点が エ 。不飽和結合を有する脂質を含む生体膜は,飽和結合のみの脂質で構成された生体膜よりも流動性が オ 。そこで,細菌Eの培養温度を上昇させた場合,生体膜の流動性を保つため,膜脂質の成分として カ が増加する場合がある。

  ア イ ウ エ オ カ
① アミド 低い 長鎖脂肪酸 高い 減る 不飽和脂肪酸
② アミド 高い 短鎖脂肪酸 低い 増す 飽和脂肪酸
③ エステル 高い 長鎖脂肪酸 低い 増す 飽和脂肪酸
④ エステル 低い 長鎖脂肪酸 高い 増す 不飽和脂肪酸
⑤ エステル 高い 短鎖脂肪酸 低い 減る 不飽和脂肪酸

 

解答

 ③

解説

 生体膜に関する穴埋め問題です。適切に穴埋めした文章は次の通りです。

 生体膜の構成要素の1つは脂質である。長い炭化水素鎖を持つカルボン酸である脂肪酸は,脂質の主成分であり, エステル 体の形で脂質中に存在している。生体膜に用いられる炭素数12以上の飽和脂肪酸の場合,炭素鎖が長い方が,融点が 高い 。細菌の培養温度を20℃から30℃に上昇させると,細菌は環境に応答して,膜脂質を合成する成分として 長鎖脂肪酸 の割合が増える場合がある。同じ炭素数でも炭素鎖中に不飽和結合が存在する脂肪酸は,飽和結合のみの脂肪酸と比べて融点が 低い 。不飽和結合を有する脂質を含む生体膜は,飽和結合のみの脂質で構成された生体膜よりも流動性が 増す 。そこで,細菌Eの培養温度を上昇させた場合,生体膜の流動性を保つため,膜脂質の成分として 飽和脂肪酸 が増加する場合がある。

参考情報

過去の出題
  • 平成23年度 Ⅰ-4-5
オンラインテキスト

(作成中)