資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙4 性消 第4類危険物の消火②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 舗装面または舗装道路に漏れたガソリンの火災に噴霧注水を行うことは、不適応な消火方法とされている。次のA〜Eのうち、その主な理由に当たるものの組合せはどれか。

  1. ガソリンが水に浮き、燃焼面積を拡大させる。
  2. 水滴がガソリンをかき乱し、燃焼を激しくする。
  3. 水滴の衝撃でガソリンをはね飛ばす。
  4. 水が側溝等を伝わり、ガソリンを遠方まで押し流す。
  5. 水が激しく沸騰し、ガソリンを飛散させる。

⑴ AとB

⑵ AとD

⑶ BとC

⑷ CとE

⑸ DとE

 

 

解答

 ⑵

解説

  1. ガソリンが水に浮き、燃焼面積を拡大させる。
    ー

  2. 水滴がガソリンをかき乱し、燃焼を激しくする。
    ー

  3. 水滴の衝撃でガソリンをはね飛ばす。
    ー

  4. 水が側溝等を伝わり、ガソリンを遠方まで押し流す。
    ー

  5. 水が激しく沸騰し、ガソリンを飛散させる。
    ー