資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和3年度 第18問

 

 アジャイル開発の手法の 1 つにエクストリーム・プログラミング(XP)がある。XP ではいくつかのプラクティスが定義されている。
 XP のプラクティスに関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. 1 週間の作業時間は、チームのメンバー全員で相談して自由に決める。
  2. 2 人のプログラマがペアになって、同じ PC を使用して交代しながらプログラミングを行う。
  3. ソースコードの修正や再利用は、責任を明確にするために、作成者だけが行うようにする。
  4. プログラムを書く前にテストケースを作成しておき、動作を確認した上でプログラムを洗練させていく。
  5. リファクタリングの際には、開発効率を高めるために内部構造には変更を加えず、外部から見た振る舞いを変更する。

解答・解説

解答

 エ

解説

  1. 1 週間の作業時間は、チームのメンバー全員で相談して自由に決める。
    不適切です。

  2. 2 人のプログラマがペアになって、同じ PC を使用して交代しながらプログラミングを行う。
    不適切です。

  3. ソースコードの修正や再利用は、責任を明確にするために、作成者だけが行うようにする。
    不適切です。

  4. プログラムを書く前にテストケースを作成しておき、動作を確認した上でプログラムを洗練させていく。
    適切です。

  5. リファクタリングの際には、開発効率を高めるために内部構造には変更を加えず、外部から見た振る舞いを変更する。
    不適切です。

前問 一覧 次問