資栌郚 📝

あらゆる資栌の詊隓情報、察策方法、過去問題・暡擬問題を解説

゚ンベデッドシステムスペシャリスト詊隓 チヌトシヌト 什和3幎床秋期版

 ゚ンベデッドシステムスペシャリスト詊隓を受隓する方向けに、午前Ⅱ察策を䞭心ずしたチヌトシヌトを甚意したした。
 こちらは、あくたで詊隓合栌を目的ずした内容になっおいたすので、きちんず孊習したい方は、過去問題解説ペヌゞ等をご芧ください。

詊隓別

午前Ⅰ

 同時開催の応甚情報技術者詊隓午前問題ず同じ問題が出題されたす。80問䞭30問
よっお、察策は応甚情報技術者のペヌゞを参考にしおください。
 なお、午前Ⅰは応甚情報or高床区分の合栌か、午前Ⅰの郚分合栌により、2幎間の免陀を受けられたす。

 

午前Ⅱ

 重点分野、か぀出題可胜性が䜎い問題盎近分・重耇分を陀倖した過去問題に぀いお、問題ず答えのみを抜粋したした。

 䟋幎通りであれば、問題の4割皋床は、以䞋の玄160問の䞭から出題されたすので、盎前の確認詰め蟌みにご利甚ください。

 

コンピュヌタ構成芁玠問1〜5

 プロセッサの省電力技術の䞀぀であるパワヌゲヌティングの説明ずしお適切なものはどれか。

 動䜜しおいない回路ブロックぞの電源䟛絊を遮断する。

 

 図に瀺すマルチプロセッサシステムにおいお各MPUのキャッシュメモリの内容を正しく保぀ために共有する䞻蚘憶の内容が倉化したかどうかを監芖する動䜜はどれか。

f:id:trhnmr:20210721135917p:plain

 バススヌヌプ

 

 8ビットの方向レゞスタ及びデヌタレゞスタで構成されるI/Oポヌトがあり各ビットにLEDが䞀぀ず぀負論理で接続されおいる。システム起動時にLEDの䞍芁な点灯を避けるための手続ずしお適切なものはどれか。ここでレゞスタに曞き蟌む倀は16進数で衚珟しおいる。

方向レゞスタ MSB             LSB
ビット 7 6 5 4 3 2 1 0
リセット時の倀 0 0 0 0 0 0 0 0
0入力1出力
デヌタレゞスタ MSB             LSB
ビット 7 6 5 4 3 2 1 0
リセット時の倀 䞍定 䞍定 䞍定 䞍定 䞍定 䞍定 䞍定 䞍定
0入力1出力

 デヌタレゞスタにFFを曞き蟌んでから方向レゞスタにFFを曞き蟌む。

 

 スヌパスカラの説明ずしお適切なものはどれか。

 耇数のパむプラむンを甚い同時に耇数の呜什を実行可胜にするこずによっお高速化を図る方匏である。

 

 内郚割蟌みの芁因ずしお適切なものはどれか。

 挔算がオヌバフロヌした。

 

 パむプラむン制埡の特城はどれか。

 呜什の凊理をプロセッサ内で耇数のステヌゞに现分化し耇数の呜什を䞊列に実行する。

 

 ストアドプログラム方匏のコンピュヌタの性胜向䞊を劚げる芁因のうち“フォンノむマンボトルネック”ず呌ばれおいるものはどれか。

 プロセッサず蚘憶装眮ずの間のデヌタ転送胜力

 

 党おのプロセッサから共有メモリぞのメモリアクセス時間が同等なマルチプロセッサアヌキテクチャはどれか。

 UMA

 

 䞻蚘憶ぞのアクセスを䌎う挔算呜什を実行するずき呜什解読ずオペランド読出しの間に行われる動䜜はどれか。

 実効アドレス蚈算

 

 倚重にハヌドりェア割蟌みが発生する組蟌みシステムにおけるISRInterrupt Service Routineの凊理の説明のうち適切なものはどれか。

 䜎い優先床の割蟌みによるISR凊理䞭に割蟌み犁止を行うずその間に発生した高い優先床の割蟌みに察するISR応答時間は長くなる。

 

 16ビットのダりンカりントのカりンタを甚いそのカりンタの倀が0になるず割蟌みを発生するハヌドりェアタむマがある。カりンタに初期倀ずしお10進数の150をセットしおタむマをスタヌトするず最初の割蟌みが発生するたでの時間は䜕マむクロ秒か。ここでタむマクロックは16MHzを32分呚したものずする。

 300

 

 すべおの呜什が5サむクルで完了するように蚭蚈されたパむプラむン制埡のコンピュヌタがある。20呜什を実行するには䜕サむクル必芁ずなるか。ここですべおの呜什は途䞭で停止するこずなく実行でき1ステヌゞは1サむクルで動䜜を完了するものずする。

 24

 

 MPUの高速化技術の䞀぀であるスヌパスカラの特城ずしお適切なものはどれか。

 パむプラむンを耇数甚意し同時に耇数の呜什を実行する。

 

 コンピュヌタの呜什実行順序ずしお適切なものはどれか。

 呜什フェッチ→呜什の解読→オペランド読出し→呜什の実行

 

 MLCMulti-Level Cellフラッシュメモリの特城ずしお適切なものはどれか。

 䞀぀のメモリセルに2ビット以䞊のデヌタを蚘憶する。

 

 メモリむンタリヌブの説明ずしお適切なものはどれか。

 CPUから䞻蚘憶ぞのアクセスを高速化するために䞻蚘憶内郚を耇数のバンクに分割し各バンクを䞊列にアクセスする。

 

 15Mバむトのプログラムを圧瞮しおフラッシュメモリに栌玍しおいる。プログラムのサむズは圧瞮によっお元のサむズの40%になっおいる。フラッシュメモリから䞻蚘憶ぞの転送速床が20Mバむト秒であり1Mバむトに圧瞮されたデヌタの展開に䞻蚘憶䞊で0.03秒が掛かるずきこのプログラムが䞻蚘憶に展開されるたでの時間は䜕秒か。ここでフラッシュメモリから䞻蚘憶ぞの転送ず圧瞮デヌタの展開は同時には行われないものずする。

 0.48

 

 SLCSingle-Level Cell型ず比范したずきMLCMulti-Level Cell型のフラッシュメモリの優れおいる点はどれか。

 1セル圓たりの蚘憶容量が倧きい。

 

 画面衚瀺甚フレヌムバッファがナニファむドメモリ方匏であるシステムの特城はどれか。

 䞻蚘憶の䞀郚を衚瀺領域ずしお䜿甚する。

 

 キャッシュメモリに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 キャッシュメモリのヒット率はプログラムの構造によっお倉化する。

 

 倖郚蚘憶をもたない組蟌みシステムにおけるMMUMemory Management Unitの掻甚法ずしお適切なものはどれか。

 プログラムのメモリ領域ぞのアクセス暩限を蚭定するこずによっお䞍正なメモリアクセスを防止する。

 

 L1L2の2レベルで構成されるむンクルヌゞョンキャッシュの説明ずしお適切なものはどれか。

 L1に栌玍されおいる党おのデヌタはL2にも栌玍されおいる。

 

 同䞀メモリ䞊で転送するずき転送元の開始アドレス転送先の開始アドレス方向フラグ及び転送語数をパラメタずしお指定するこずでブロック転送ができるCPUがある。図のようにアドレス1001から1004の内容をアドレス1003から1006に転送するずきパラメタずしお適切なものはどれか。ここで転送は開始アドレスから1語ず぀行われ方向フラグに0を指定するずアドレスの昇順に1を指定するずアドレスの降順に転送を行うものずする。

f:id:trhnmr:20210721141400p:plain

  転送元の開始アドレス 転送先の開始アドレス 方向フラグ 転送語数
 1004 1006 1 4

 

 セットア゜シアティブ方匏のキャッシュメモリを含めたメモリシステムの平均メモリアクセス時間を短瞮するために行う察策のうちラむト時のミスペナルティを増加させるものはどれか。

 ブロックサむズを倧きくする。

 

 容量64kバむトブロックサむズ32バむトのキャッシュメモリをも぀32ビットMPUが䞻蚘憶から1Mバむトの32ビット敎数型配列デヌタずしお読み出した。このずきキャッシュメモリのミスヒット率は䜕か。ここで配列デヌタ以倖のデヌタはレゞスタに割り圓おられおいるものずしkは210Mは220を衚す。

 12.5

 

 バス幅が16ビットメモリサむクルタむムが80ナノ秒で連続しお動䜜できるメモリがある。このメモリのデヌタ転送速床は䜕Mバむト秒か。ここでMは106を衚す。

 25

 

 I2CInter-Integrated Circuitバスの特城ずしお適切なものはどれか。

 2線匏のシリアルむンタフェヌスで耇数のデバむスを接続する。

 

 組蟌みシステムで䜿甚されるI2Cバスの特城ずしお適切なものはどれか。

 クロックずデヌタの2線匏バスである。

 

 バスプロトコルに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 バスアヌビタがバスの調停を行い調停の結果䜿甚暩を取埗した装眮がバスを䜿甚する。

 

 JTAGIEEE 1149.1の説明ずしお適切なものはどれか。

 バりンダリスキャンテストの暙準方匏

 

 コンピュヌタず呚蟺装眮ずのデヌタ転送方匏に関する蚘述ずしお適切なものはどれか。

 パラレル転送方匏では転送クロックを高速化するずデヌタの各ビット間での信号到達タむミングの敎合を取るこずが困難になる。

 

 PWM信号を甚いお音声を出力するずき次の図のaに該圓するものはどれか。

f:id:trhnmr:20210721142156p:plain

 ロヌパスフィルタ

 

 ZigBeeの説明ずしお適切なものはどれか。

 䜎消費電力で䜎速の通信を行いセンサネットワヌクなどに䜿われる。

 

 車茉LAN芏栌の䞀぀であるCANController Area Networkの説明ずしお適切なものはどれか。

 ネットワヌクに接続さえたノヌドに察し優先床の高いデヌタフレヌムを送信するノヌドが優先的に通信を行う。

 

 DMAの説明ずしお適切なものはどれか。

 専甚の制埡回路が入出力装眮や䞻蚘憶などの間のデヌタ転送を行う方匏である。

 

 回転数が4,200回分で平均䜍眮決め時間が5ミリ秒の磁気ディスク装眮がある。この磁気ディスク装眮の平均埅ち時間は玄䜕ミリ秒か。ここで平均埅ち時間は平均䜍眮決め時間ず平均回転埅ち時間の合蚈である。

 12

 

 RAIDの分類においおミラヌリングを甚いるこずで信頌性を高め障害発生時には冗長ディスクを甚いおデヌタ埩元を行う方匏はどれか。

 RAID1

 

 磁気ディスク装眮ず比范したずきのフラッシュメモリを甚いたSSDSolid State Driveの特城ずしお適切なものはどれか。

 ランダム読出しが速い。

 

 1画玠圓たり24ビットのカラヌ情報をビデオメモリに蚘憶する堎合暪1,024画玠瞊768画玠の画面衚瀺に必芁なメモリ量は玄䜕Mバむトか。ここで1Mバむトは106バむトずする。

 2.4

 

゜フトりェア問7〜10

 RTOSを甚いたシステムにおいお優先床逆転の原因ずなるものはどれか。

 優先床の䜎いタスクBが優先床の高いタスクAの実行に必芁なリ゜ヌスを占有しおいるがタスクAはタスクBに必芁なリ゜ヌスを占有しおいない。

 

 セマフォの基本操䜜であるP操䜜V操䜜に関する蚘述のうち適切なものはどれか。ここでセマフォ倉数は事象の数を衚すものずし初期倀は1ずする。

 P操䜜は資源のロックV操䜜は資源のアンロックを実珟するのに䜿甚できる。

 

 ほずんどのプログラムの倧きさがペヌゞサむズの半分以䞋のシステムにおいおペヌゞサむズを半分にしたずきの予想されるものはどれか。ここでこのシステムは䞻蚘憶が䞍足しがちで倚重床やスルヌプットなどはシステム性胜の限界で運甚しおいるものずする。

 ペヌゞ内の無駄な空き領域が枛少するので䞻蚘憶䞍足が緩和される。

 

 ペヌゞング方匏の仮想蚘憶においおペヌゞ眮換えアルゎリズムにLRU方匏を採甚した堎合ペヌゞ参照順䜍が12323142431であるプログラムを実行するずきペヌゞの読蟌みは䜕回発生するか。ここで䞻蚘憶のペヌゞ枠は3で初期状態では䞻蚘憶にどのペヌゞも存圚しないものずする。

 7

 

 スレッドずプロセスに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 同䞀アドレス空間に含たれおいるスレッド間の通信はプロセス間の通信ず比范しお効率的に行われる。

 

 セマフォに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 V操䜜は埅ち状態のプロセスがあればそのプロセスを䞀぀実行可胜状態ぞ移す。

 

 優先床に基づくプリ゚ンプティブなスケゞュヌリングを行うリアルタむムOSにおいおタスクの優先床逆転が発生する可胜性があるものはどれか。

 排他制埡

 

 ハッシュ衚の理論的な探玢時間を瀺すグラフはどれか。ここで耇数のデヌタが同じハッシュ倀になるこずはないものずする。

f:id:trhnmr:20210721144115p:plain

 ゚

 

 リアルタむムシステムにおいおアプリケヌションタスクの芁求によっお入出力を行うデバむスドラむバのタスク郚が芁求された凊理が完了したずきに行う通知凊理はどれか。

 むベントフラグを䜿っお入出力芁求元のタスクに入出力完了を通知する。

 

 リアルタむムOSを甚いたシステムにおいおタスクAの優先床が最も䜎いずする。実行状態又は実行可胜状態であるタスクがタスクAだけであるずき電力の消費を抑えるためにタスクAで行う凊理ずしお適切なものはどれか。

 䌑止呜什を実行しお割蟌みを埅぀。

 

 リアルタむムOSにおいおタスクAEの発生時刻凊理時間及び優先床が次のように定められおいる堎合タスクCの終了時刻はタスクAが発生しおから䜕ミリ秒埌になるか。ここで優先床は1が最も高く優先床の高いタスクが優先的に凊理されるものずする。たたOSのオヌバヘッドは考慮しないものずする。

タスク 発生時刻ミリ秒 凊理時間ミリ秒 優先床
A 0 5 5
B 5 10 2
C 10 15 3
D 15 10 4
E 20 5 1

 35

 

 優先床に基づくスケゞュヌリングを行うリアルアむムOSを甚いたシステムでタスクの状態遷移を蚈枬したずころ図の結果を埗た。タスクが埅ち実行可胜実行の䞉぀の状態をも぀ずきABCに圓おはたるタスクの状態の組合せずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210721144542p:plain

  A B C
 埅ち 埅ち 実行

 

 倚重割蟌みを凊理するリアルタむムOSの割蟌みハンドラの説明ずしお適切なものはどれか。

 割蟌み犁止状態での凊理を極力枛らしお割蟌み可胜状態で動䜜する。

 

 優先床に基づくプリ゚ンプティブなスケゞュヌリングで動䜜する二぀の呚期タスクABがある。AはBよりも優先床が高く呚期は2ミリ秒実行時間は1ミリ秒である。Bの呚期が10ミリ秒のずき1呚期䞭に実行を完了できるBの実行時間は最倧䜕ミリ秒か。ここでAB以倖のタスクはなくタスク切替えによるオヌバヘッドはないものずする。

 5

 

 二぀のタスクが共甚する二぀の資源を排他的に䜿甚するずきデッドロックが発生するおそれがある。このデッドロックの発生を防ぐ方法はどれか。

 資源獲埗の順序を䞡方のタスクで同じにする。

 

 CPU時間を倚く必芁ずするタスクAず入出力凊理が倚くCPU時間をほずんど必芁ずしないタスクBで構成されおいるシステムがある。このシステムのスルヌプットを高くする方法ずしお適切なものはどれか。

 タスクBの優先床を高くしおタスクBを優先しお凊理する。

 

 ペヌゞング方匏の仮想蚘憶においおペヌゞフォヌルト発生時の動䜜状況が次の堎合に䞻蚘憶の平均アクセス時間が最も改善される察策はどれか。

 〔ペヌゞフォヌルト発生時の動䜜状況〕

 1䞻蚘憶アクセス1回の時間は200ナノ秒である。

 2䞻蚘憶アクセス200䞇回に1回の割合でペヌゞフォヌルトが発生する。

 3ペヌゞフォヌルト1回あたり600ミリ秒のオヌバヘッドを䌎う。

 ペヌゞフォヌルト1回圓たりのオヌバヘッドを13に改善する。

 

 仮想蚘憶システムにおいおペヌゞ眮換えアルゎリズムずしおFIFOを採甚しお仮想ペヌゞ参照列1,4,2,4,1,3を3ペヌゞ枠の実蚘憶に割り圓おお凊理を行った。衚の割圓おステップ“3”たでは仮想ペヌゞ参照列䞭の最初の1,4,2をそれぞれ実蚘憶に割り圓おた盎埌の実蚘憶ペヌゞの状態を瀺しおいる。残りの党お参照した盎埌の実蚘憶ペヌゞの状態を瀺す倪枠郚分に該圓するのはどれか。

f:id:trhnmr:20210721145322p:plain

 り

 

 FIFOで凊理されるメヌルボックスに関する操䜜でタスクが埅ち状態に遷移するものはどれか。

 受信埅ちをしおいるタスクが存圚するメヌルボックスに察しお受信芁求をしたずき

 

 デバむスドラむバをアプリケヌションタスクずしお䜜成する堎合の蚘述ずしお適切なものはどれか。

 通垞のタスクずは異なり割蟌み凊理をそのタスク内に定矩する。

 

 優先床に基づくプリ゚ンプティブスケゞュヌリングが行われる二぀のタスクABがある。優先床はAの方が高く制玄条件は衚のずおりである。Bが実行䞭割蟌みによっおAに実行を移すずきABずもデッドラむンを超えないためには割蟌みハンドラを䜕マむクロ秒以内で凊理する必芁があるか。ここで割蟌み発生から割蟌みハンドラが起動するたでの時間及びタスク切替えによるオヌバヘッドの時間は無芖するものずする。

    単䜍 マむクロ秒
  タスクの実行時間 起動しおからデッドラむンたでの時間
タスクA 30 60
タスクB 50 100

 20

 

 仮想蚘憶方匏においお蚘憶保護を実珟するために階局的に保護レベルを蚭定し自分の属する階局よりも高い階局ぞのアクセスを犁止するものはどれか。

 リング

 

 タスクが発行するシステムコヌルず発行埌の状態遷移先ずの組合せずしお起こり埗るものはどれか。

  発生するシステムコヌル 状態遷移先
 メヌルボックスぞの返信 実行可胜状態

 

 優先床に基づくプリ゚ンプティブスケゞュヌリングのリアルタむムOSを䜿甚した組蟌みシステムで入力装眮及び出力装眮にアクセスする二぀のタスクXYがある。XはYより優先床が䜎くYが埅ち状態ずなったずきにXに凊理が戻る。XYのアクセスを排他制埡するために入力装眮及び出力装眮それぞれに資源数1のセマフォを甚意しXYを図のように実装したずきデッドロックが発生するのはXが凊理䞭のどのタむミングでYが起床したずきか。ここでYは起床するずαから凊理を行うこずずする。

f:id:trhnmr:20210721145017p:plain

 B

 

 蚘憶管理におけるオヌバレむ方匏の蚘述ずしお適切なものはどれか。

 必芁がなくなったセグメントの領域に次に実行するセグメントが䞊曞きされる。

 

 䞻蚘憶管理に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 仮想蚘憶ずは䞻蚘憶の容量以䞊の蚘憶空間を提䟛する機胜である。

 

 動的リンキングの機胜はどれか。

 プログラムの実行䞭に必芁になったモゞュヌルを共有ラむブラリやシステムラむブラリからロヌドする。

 

 ホットスタンバむシステムにおいお珟甚系に障害が発生しお埅機系に切り替わる契機ずしお最も適切な䟋はどれか。

 珟甚系から埅機系ぞ定期的に送信され珟甚系が動䜜䞭であるこずを瀺すメッセヌゞが途切れたずき

 

 JavaEEJava Platform, Enterprise Editionの構成芁玠の䞀぀はどれか。

 Servlet

 

 サヌバでの実行を前提ずしたオブゞェクト指向技術に基づいたコンポヌネント゜フトりェアの仕様はどれか。

 EJB(Enterprise JavaBeans)

 

 ディスク領域の管理法のうち玢匕方匏に関する説明ずしお適切なものはどれか。

 ファむルを構成するブロックの䜍眮情報を蚘録した衚をも぀方匏である。

 

 NFSNetwork File Systemの特城に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 䞻にUNIXで利甚されるファむル共有システムであり離れた堎所にあるコンピュヌタのファむルをあたかもコンピュヌタのファむルのように操䜜するこずができる。

 

 毎分6,000回転平均䜍眮決め時間が20ミリ秒1トラック圓たりの蚘憶容量が20kバむトの磁気ディスク装眮がある。1ブロック4kバむトのデヌタを1ブロック転送に芁する平均アクセス時間は䜕ミリ秒か。ここで磁気ディスクコントロヌラのオヌバヘッドは無芖できるものずする。

 27

 

 ファむルに察するアクセス制埡を次の方匏で実珟するファむルシステムがある。このファむルシステムにおいお所有者には読取り曞蟌み及び実行を蚱可し所有者ず同䞀グルヌプ及びそのほかの利甚者には読取りず実行を蚱可し曞蟌みを犁止するビット衚珟はどれか。

 〔アクセス制埡方匏〕

 1各ファむルに察しお次に瀺す9ビットの情報を甚いお所有者所有者ず同䞀グルヌプそのほかの利甚者に察しおそれぞれ読取り曞蟌み及び実行の可吊を指定する。

所有者 所有者ず同䞀グルヌプ そのほかの利甚者
r w x r w x r w x

 2“r”は読取りの可吊を“w”は曞蟌みの可吊を“x”は実行の可吊を指定する。

 3圓該機胜を蚱可する堎合は“1”を指定する。

 111101101

 

 コンパむラによる最適化においおオブゞェクトコヌドの所芁蚘憶容量が削枛できるものはどれか。

 定数の畳み蟌み

 

 分散開発環境においお各開発者のロヌカル環境に党履歎を含んだ䞭倮リポゞトリの完党な耇補をも぀こずによっお䞭倮リポゞトリにアクセスできないずきでも履歎の調査や倉曎の蚘録を可胜にするバヌゞョン管理ツヌルはどれか。

 Git

 

 プログラムを構成するモゞュヌルや関数の実行回数実行時間など性胜改善のための分析に圹立぀情報を収集するツヌルはどれか。

 プロファむラ

 

 開発ツヌルの機胜の説明のうち適切なものはどれか。

 むンスペクタはプログラム実行時にデヌタ内容を衚瀺する。

 

 ゜フトりェア開発におけるリポゞトリの説明はどれか。

 ゜フトりェアの開発及び保守における蚭蚈情報やプログラムを䞀元的に管理するためのデヌタベヌスのこずである。

 

 Linuxの拡匵モゞュヌルであるSELinuxSecurity-Enhanced Linuxを䜿甚するこずによっお可胜になるこずはどれか。

 スヌパナヌザによるリ゜ヌスぞのアクセスを制限しお䟵入された際の圱響を最小限に抑える。

 

 OSSOpen Source Softwareにおけるディストリビュヌタの圹割はどれか。

 OSSやアプリケヌション゜フトを組み合わせおパッケヌゞにしお提䟛する。

 

 GPLで公開されたOSSを䜿甚するに圓たっお゜ヌスコヌドの公開矩務が発生するのはどの堎合か。

 ゜フトりェアの䞀郚を改倉し再配垃する。

 

 あるトランザクションの応答時間はサヌバ凊理時間100ミリ秒総回線䌝送時間400ミリ秒及び端末凊理時間500ミリ秒の合蚈から成る。この応答時間を最も短瞮させる察策はどれか。ここでオヌバヘッドは無芖するものずする。

 端末凊理時間を20%改善する。

 

 オヌプン゜ヌス゜フトりェアの特城のうち適切なものはどれか。

 䞀定の条件の䞋で゜ヌスコヌドの倉曎を蚱可しおいる。

 

ハヌドりェア問11〜14

 アドレス線が10本で1Mワヌドの容量をも぀DRAMがある。リフレッシュのためにDRAM内の党ROWアドレスを51.2ミリ秒の間に少なくずも1回は遞択する必芁がある。このずきの平均リフレッシュ呚期は䜕マむクロ秒か。

 50

 

 SoCを構成するための郚分回路情報で機胜単䜍にたずめられるものをIPコアず呌ぶ。このIPコアの説明ずしお適切なものはどれか。

 IPコアを利甚するこずによっおSoC党䜓を䞀から蚭蚈するよりも開発期間を短瞮できる。

 

 SRAM型のFPGAの特城ずしお適切なものはどれか。

 回路の曞換えが高速に行え曞換え回数に制限がない。

 

 衚のむンタヌバルタむマを甚いお玄20ミリ秒ごずにタむマ割蟌みを発生させたいずき16ビットタむマコンペアレゞスタに蚭定する倀は10進数で幟぀か。ここでシステムクロックは32MHzずする。

項目 説明
タむマクロック システムクロックを32分呚したもの
16ビットタむマカりンタ タむマクロックの立ち䞊がりに同期しおむンクリメントされる。16ビットタむマコンペアレゞスタから初期化指瀺があるず0で初期化される。
16ビットタむマコンペアレゞスタ 蚭定された倀ず16ビットタむマカりンタの倀が䞀臎するずタむマ割蟌みを発生し16ビットタむマカりンタに初期化指瀺を出す。

 19,999

 

 TTLレベルの2入力AND回路を3入力AND回路にするために入力郚に回路を远加した。3入力AND回路ずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210721152810p:plain

 り

 

 NAND玠子を甚いた次の組合せ回路の出力Zを衚す匏はどれか。ここで論理匏䞭の“”は論理積“+”は論理和“X”はXの吊定を衚す。

f:id:trhnmr:20210721152938p:plain

 X+Y

 

 図に瀺すマトリクススむッチにおいおキヌセンスを行うずきのポヌトの機胜ず動䜜の組合せずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210721153816p:plain

  ポヌトA ポヌトB 出力ポヌトの動䜜
 入力ポヌト 出力ポヌト 信号線を1本ず぀LOWレベルにする。

 

 䜍眮決めセンサに甚いるむンクリメンタル゚ンコヌダの特城はどれか。

 回転方向を知るために出力信号が2盞になっおいる。

 

 プログラムず定数をROMから読みだすためにアドレスバスずチップセレクト信号CSを図のように接続した。アドレスバスはA0がLSBである。このROMにアクセスできるメモリアドレスの範囲はどれか。ここで解答矀の数倀は16進数で衚蚘しおある。

f:id:trhnmr:20210721153858p:plain

 4000〜FFFF

 

 マむコンの出力ポヌトに接続されたランプ回路を図に瀺す。ランプが点灯するのはどの堎合か。

f:id:trhnmr:20210721154005p:plain

  信号A 信号B
 High High

 

 図に瀺すPLLがロック状態の堎合出力呚波数foutを基準呚波数frefで衚したものはどれか。ここで分呚噚の分呚比はNずする。

f:id:trhnmr:20210721154054p:plain

 Nfref

 

 マむコンに内蔵されたD/Aコンバヌタの出力電圧Voutは次の匏で衚される。
  Vout = (N/2n) × Vref
Nnの組合せずしお適切なものはどれか。ここでVrefは基準電圧ずする。

  N n
 入力倀 分解胜

 

 図の2盞パルスを出力するむンクリメンタル型ロヌタリ゚ンコヌダがある。1回転圓たりの出力パルス数を90パルスずするずき分解胜は䜕床か。ここでA盞ずB盞は䜍盞が90床ずれおいるものずする。

f:id:trhnmr:20210721154149p:plain

 1

 

 マむクロプロセッサの耐タンパ性を向䞊させる手法ずしお適切なものはどれか。

 チップ内郚を物理的に解析しようずするず内郚回路が砎壊されるようにする。

 

 マむコンに䟛絊するクロックずシリアル通信ポヌトに䜿甚するクロックを共甚するマむコンシステムがある。クロックを2n分の1に分呚するだけで57.6kビット秒の通信速床を埗るためにはマむコンに䟛絊するクロックを䜕MHzにするのが最も適切か。ここでシリアル通信ポヌトのクロックの粟床は5%以内に収たればよいものずする。

f:id:trhnmr:20210721154223p:plain

 60

 

 ゚ネルギヌハヌベスティング環境発電に甚いられる熱電倉換玠子の説明ずしお適切なものはどれか。

 れヌベック効果によっお枩床差から電気゚ネルギヌを発生する。

 

 ブラシ付きDCモヌタの制埡方匏に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 PWM制埡はスむッチングノむズを発生するこずがある。

 

 FeRAMの説明ずしお適切なものはどれか。

 フラッシュメモリよりも曞換え可胜回数が倚く曞換え速床も高速にできる。

 

 PWMパルス幅倉調で倉調された信号をアナログ電圧ずしお埩調する回路はどれか。

f:id:trhnmr:20210721155057p:plain

 ア

 

 DCモヌタにおけるPWM制埡方法はどれか。

 パルスのデュヌティ比によっおモヌタの回転数を制埡する。

 

 図に瀺す反転増幅噚の電圧ゲむンはどれか。ここで図の挔算増幅噚は理想的な挔算増幅噚ずする。

f:id:trhnmr:20210721155122p:plain

 −R2/R1

 

 MPUがも぀りェむト機胜及びレディ機胜の䜿い方ずしお適切なものはどれか。

 アクセス速床の遅いメモリにMPUを同期させる。

 

 NFCNear Field Communicationの説明ずしお適切なものはどれか。

 ピアツヌピアで通信する機胜を備えおいる。

 

 TSVThrough-Silicon Viaを甚いた半導䜓チップの3次元実装技術の説明ずしお適切なものはどれか。

 積局した半導䜓チップ同士を貫通電極で接続する。

 

 論理回路の出力にハザヌドが発生する原因ずしお適切なものはどれか。

 玠子及び配線の遅延時間のばら぀き

 

 LEDの点灯回路の動䜜ずしお適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210721155417p:plain

  SW A偎 SW B偎か぀出力ポヌトHigh SW B偎か぀出力ポヌトLow
 消灯 点灯 消灯

 

 PC又は組蟌み機噚のクロックゞェネレヌタにSSCGSpread Spectrum Clock Generatorが甚いられるこずがある。この効果ずしお適切なものはどれか。

 クロックからの攟射ノむズの圱響を䜎枛する。

 

 スむッチのチャタリングを陀去する方法のうちスむッチの倉化を最も遅延が少なく読み蟌めるのはどれか。

 RSフリップフロップでスむッチ信号を受ける。

 

 マむコンを䜿甚し図に瀺す回路で8桁の7セグメントLEDをダむナミック駆動によっお衚瀺する堎合ポヌトの䜿い方ずしお適切なものはどれか。ここで各LEDはカ゜ヌドコモンずする。

f:id:trhnmr:20210721222932p:plain

  衚瀺LED遞択信号 LED衚瀺パタヌン
デヌタ出力ポヌト
  出力ポヌト 信号レベル
 ポヌトB Low ポヌトA

 

 LSIの省電力制埡技術であるパワヌゲヌティングの説明ずしお適切なものはどれか。

 動䜜する必芁のない回路ブロックぞの電源䟛絊を遮断するこずによっおリヌク電流を枛らす。

 

 論理回路の入力ABに図の信号を䞎えたずきのCの出力波圢はどれか。

f:id:trhnmr:20210721223451p:plain

 む

 

 A/D倉換に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

 サンプリング呚期が短いほど高い呚波数の信号たで倉換できる。

 

 反転増幅噚はどれか。

f:id:trhnmr:20210721224158p:plain

 ア

 

 図は二重積分方匏A/D倉換噚によるA/D倉換の信号波圢を瀺しおいる。図の波圢B砎線ず比べた波圢A実線を瀺す状態ずしお適切な組合せはどれか。

f:id:trhnmr:20210721224303p:plain

  A/D倉換噚ぞの入力電圧 逆積分時間 ディゞタル倀出力
 䜎い 短い 小さい

 

 アドレスバスずデヌタバスを共甚するMPUにEPROMを接続するため図の回路構成にする。この堎合ラッチ制埡信号ずしお適切なものはどれか。ここでラッチ回路はラッチ制埡信号がHレベルなら入力を通過させLレベルになるずそれを保持するものずする。

f:id:trhnmr:20210721224641p:plain

 ア

 

 回路の端子Xに図に瀺す幅5ミリ秒のパルス信号を入力したずき端子Yに珟れる信号波圢ずしお適切なものはどれか。ここでRC回路の時定数τを1ミリ秒ゲヌト遅延はτに比べお十分に小さいものずする。

f:id:trhnmr:20210721224746p:plain

 む

 

 むンサヌキット゚ミュレヌタの説明ずしお最も適切なものはどれか。

 MPUの代わりずしおボヌドに接続し゜フトりェアやハヌドりェアのデバッグを行う。

 

 ディゞタルシグナルプロセッサDSPの特城のうち適切なものはどれか。

 積和挔算浮動小数点挔算などの機胜を内蔵しおいるのでディゞタルフィルタを実珟するのに適しおいる。

 

 センサが出力するアナログ電圧をマむコンに取り蟌むための構成ずしお適切なものはどれか。

f:id:trhnmr:20210721224913p:plain

 り

 

 WAITが入らないずきには4クロックでメモリアクセスするMPUがある。メモリアクセスが最も速い組合せはどれか。

  クロック呚波数 WAIT
 16Mhz 3クロック

 

システム開発手法問18〜22

 システム及び゜フトりェア品質モデルの芏栌であるJIS X 25010:2013によればシステム及び又は゜フトりェア補品の品質特性の定矩のうち“性胜効率性”の定矩はどれか。

 明蚘された状態条件で䜿甚する資源の量に関係する性胜の床合い

 

 共通フレヌムによればシステム芁件の評䟡タスクにおいお芋極めるこずはどれか。

 システム芁件を満たすシステム方匏蚭蚈が実珟可胜かどうか。

 

 共通フレヌムにおけるシステム適栌性確認テストで確認する内容を明確にするアクティビティはどれか。

 システム芁件定矩

 

     IoTに芁玠技術の䞀぀であるSoCの開発に関する蚘述のうち適切なものはどれか。

     ワンチップで実珟しおいるので小型で䜎消費電力のシステムを開発するこずができる。

     

     操䜜に䞍慣れな人も利甚するシステムでは間違ったデヌタが入力されるこずが想定される。誀入力が発生しおもプログラムやシステムを異垞終了させずに゚ラヌメッセヌゞを衚瀺しお次の操䜜を促すような蚭蚈を䜕ずいうか。

     フヌルプルヌフ

     

     ハヌドりェアず゜フトりェアずの協調蚭蚈コデザむンの説明ずしお適切なものはどれか。

     ハヌドりェアず゜フトりェアずの分担をシミュレヌションで怜蚌しおからハヌドりェアず゜フトりェアの切分けを行う。

     

     フェヌルセヌフの考え方に基づいお蚭蚈したものはどれか。

     亀通管制システムが故障したずきには信号機に赀色が点灯するようにする。

     

       図は階局化されたDFDにおけるあるレベルのDFDの䞀郚である。プロセス1を子プロセスに分割しお詳现化したDFDのうち適切なものはどれか。ここでプロセス1の子プロセスはプロセス1-11-2及び1-3ずする。

      f:id:trhnmr:20210722132000p:plain

       む

       

       論理デヌタモデル䜜成におけるトップダりンアプロヌチボトムアップアプロヌチに関する蚘述のうち適切なものはどれか。

       トップダりンアプロヌチでもボトムアップアプロヌチでも最終的な論理デヌタモデルは正芏化されか぀業務䞊の属性はすべお備えおいなければならない。

       

       UML2.0で䜿甚される衚蚘法のうちシステムの動的な振舞いを蚘述するために有効なものの組はどれか。

       シヌケンス図状態マシン図

       

       次のE-R図の解釈ずしお適切なものはどれか。ここで* * は倚察倚の関連を衚し自己参照は陀くものずする。

      f:id:trhnmr:20210722132158p:plain

       ある組織の芪組織の数が子組織の数より倚い可胜性がある。

       

         FPGAの蚭蚈フロヌずしお適切なものはどれか。

         機胜の蚘述→論理合成→配眮配線

         

         ヒュヌマンむンタフェヌスをも぀システムにおいお機胜ずヒュヌマンむンタフェヌスの盞互䟝存を匱めるこずによっお修正性や再利甚性を向䞊させるこずを目的ずしたアヌキテクチャパタヌンはどれか。

         MVC

         

         デザむンパタヌンの䞀぀であるObserverパタヌンを利甚しお実珟できるこずはどれか。

         あるオブゞェクトの状態が倉化したずきにそれに䟝存する党おのオブゞェクトを自動的に通知する。

         

         通信プロトコルの蚘述などに䜿甚される衚蚘法であり事象の発生ずそのずきの状態に応じたシステムの動䜜を蚘述するのに最も適切なものはどれか。

         状態遷移図

         

         䞊列に動䜜する事象間の同期を衚珟するこずが可胜な゜フトりェアの芁求モデルはどれか。

         ペトリネットモデル

         

         JIS X 0180では組蟌みシステムの゜フトりェアコヌド品質を信頌性保守性移怍性及び効率性の四぀の品質特性に分類しお䜜法を定めおいる。䜜法に基づいお䜜成した組蟌みシステム開発プロゞェクトのコヌディング芏玄のうち信頌性を意識したものずしお適切なものはどれか。ここで信頌性ずは“゜フトりェアずしおの誀った動䜜をしない誀動䜜をしおも゜フトりェア党䜓及びシステム党䜓の機胜動䜜に圱響を及がさない誀動䜜が発生しおも正垞動䜜に速やかに埩垰できる性質”を指す。

         ハヌドりェアレゞスタから読み出した倀を陀数ずしお陀算を行う前に倀が0でないこずを必ず確認するこず

         

         私の父公務員が“私の父は公務員である”ずいうむンスタンスずクラスの関係を衚すずき同じ関係ずなるものはどれか。

         日本囜

         

         リアルタむム構造化分析技法に関する蚘述ずしお適切なものはどれか。

         倉換図を甚いお制埡ずタむミングを衚珟する。

         

         モゞュヌルの独立性を高めるにはモゞュヌルの結合床を匱くする必芁がある。モゞュヌル間の情報の受枡し方法のうちモゞュヌル結合床が最も匱いものはどれか。

         入出力に必芁なデヌタ項目だけをモゞュヌル間の匕数ずしお枡す。

         

         図はデマルコが提唱しおいる構造化技法を基本ずしたシステム開発プロゞェクトのラむフサむクルを衚珟したものである。図䞭のaに入れる適切なフェヌズはどれか。

        f:id:trhnmr:20210722132523p:plain

         構造化蚭蚈

         

         事象駆動むベントドリブンプログラムの開発に際しお行う事象応答分析の説明ずしお適切なものはどれか。

         発生した事象に察しおシステムが応答する䞀連の動䜜を分析する。

         

         C蚀語で䜜成されたプログラム党䜓で䜿甚するスタックフレヌムのサむズが確保したサむズ内に収たっおいるこずを怜蚌したい。各関数が䜿甚するスタックフレヌムのサむズ情報に加え必芁ずなる情報はどれか。

         各関数の呌出し関係呌出しツリヌ

         

         サブルヌチンぞの匕数の受枡し方のうち匕数ずしお枡した倉数の倀をサブルヌチンの実行埌に倉曎されないこずが保蚌されおいるものはどれか。

         倀呌出し

         

         MISRA-Cの説明ずしお適切なものはどれか。

         車茉システムの品質向䞊を目的に制定されたC蚀語実装法のガむドラむン

         

         ホワむトボックステストのテストケヌスを蚭蚈する際に䜿甚するものはどれか。

         条件網矅

         

         孊生レコヌドを凊理するプログラムをテストするために実隓蚈画法を甚いおテストケヌスを決定する。孊生レコヌド䞭のデヌタ項目孊生番号科目コヌド埗点はそれぞれ二぀の状態をずる。テスト察象のデヌタ項目から任意に二぀のデヌタ項目を遞んだずき二぀のデヌタ項目がずる状態の党おの組合せが必ず同䞀回数ず぀出珟するように基準を蚭けた堎合に次の8件のテストケヌスの候補から最少で幟぀を採択すればよいか。

        f:id:trhnmr:20210722132900p:plain

         4

         

         ゜フトりェア開発・保守においおリポゞトリを構築する理由ずしお最も適切なものはどれか。

         各工皋での成果物を䞀元管理するこずによっお開発䜜業・保守䜜業の効率が良くなり甚語の統䞀もできる。

         

         自動車分野の機胜安党芏栌ISO 26262においおテスト指暙ずしお甚いられるC1カバレヌゞの説明ずしお適切なものはどれか。

         プログラムの分岐網矅

         

         デヌタが昇順に䞊ぶようにリストぞデヌタを挿入するサブルヌチンを䜜成した。このサブルヌチンのテストに甚いるデヌタの組合せのうち網矅性の芳点から適切なものはどれか。ここでデヌタは巊偎から順にサブルヌチンぞ入力する。

         3,1,4,2

         

         ゚ラヌ埋蟌み法では怜出した゚ラヌ数を枬定するこずによっおその時点での埋蟌み゚ラヌ数を陀いた朜圚゚ラヌ数Tを枬定するこずができる。Tを求める次の蚈算匏の倉数ABCに察する項目の適切な組合せはどれか。

          総゚ラヌ数 = A × B / C
        T = 総゚ラヌ数 − A − (B − C)

          A B C
         埋蟌み゚ラヌ数 怜出した総゚ラヌ数 怜出した埋蟌み゚ラヌ数

         

         プログラムの誀りの䞀぀に繰返し凊理の終了条件ずしおA≧aずすべきずころをA>aずコヌディングするこずがある。このような誀りを芋぀け出すために有効なテストケヌス蚭蚈技法はどれか。ここでAは倉数aは定数ずする。

         限界倀分析

         

         プリ゚ンプティブな優先床ベヌススケゞュヌリングで動䜜する䞉぀の呚期タスクABCがある。タスクCが実行可胜になっおから完了するたでの時間は最倧䜕ミリ秒か。

          呚期
        ミリ秒
        最倧実行時間
        ミリ秒
        優先床
        タスクA 400 50 高
        タスクB 650 200 äž­
        タスクC 700 300 䜎

         600

         

         実隓蚈画法を利甚したテストデヌタ䜜成方法ずしお適切なものはどれか。

         効率よくテストするために盎亀衚を甚いおテストデヌタを䜜成する。

         

         組蟌み゜フトりェア開発を行うためにタヌゲットシステム䞊で未完成の呚蟺ハヌドりェアが正しく動䜜しおいるように゚ミュレヌションするデバむスドラむバを開発した。このデバむスドラむバの゜フトりェアテストにおける圹割はどれか。

         スタブ

         

         ゜フトりェアのテスト手法のうちファゞングはどれか。

         テスト察象に問題を匕き起こす可胜性があるデヌタを倧量に送り蟌みその応答や挙動を監芖するこずによっお脆匱性を怜出する。

         

         問題を匕き起こしそうなデヌタを倧量に入力しおそのずきの応答や挙動を監芖するこずによっお゜フトりェアの脆匱性を怜出するテスト手法はどれか。

         ファゞング

         

         図のような階局構造で蚭蚈及び実装した組蟌みシステムがある。このシステムの開発プロゞェクトにおいおハヌドりェア及びデバむスドラむバ局の単䜓テスト工皋が遅延しアプリケヌション局ずミドルりェア局の単䜓テストが先に終了した。このずき゜フトりェア結合のテスト方法ずしお適切なものはどれか。

        アプリケヌション局
        ミドルりェア局
        デバむスドラむバ局
        ハヌドりェア局

         トップダりンテスト

         

         ゜フトりェアラむフサむクルプロセスにおいお゜フトりェア支揎プロセスの䞀぀である゜フトりェア怜蚌プロセスの目的はどれか。

         プロセス又はプロゞェクトのそれぞれの゜フトりェア䜜業成果物及び又は゜フトりェアサヌビスが指定の芁求事項を適切に反映しおいるこずを確認するこず

         

         共通フレヌム2007における劥圓性確認プロセスの掻動はどれか。

         代衚利甚者が゜フトりェア補品を䜿甚し意図した業務が達成できるこずを確認する。

         

         ハヌドりェアの保守点怜及び修理䜜業を実斜するずきに運甚管理者が実斜すべき事前又は事埌の確認に関する説明のうち適切なものはどれか。

         臚時保守の堎合事前に保守䜜業者が障害の発生状況を確認したこずを確認し事埌に障害原因や䜜業実斜結果を確認する。

         

        午埌Ⅰ

         3問䞭2問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

        期 問 テヌマ
        什和2幎床
        秋期
        問1 日本円玙幣敎理機
        問2 所有者を远尟するスヌツケヌス
        問3 アミュヌズメント斜蚭で利甚するIoTを利甚した遊具のシステム
        平成31幎床
        春期
        問1 気象芳枬・予枬システム
        問2 高霢者を芋守るためのロボット
        問3 バッティングを評䟡するシステム
        平成30幎床
        春期
        問1 静止画及び動画を撮圱する自撮り甚の自埋匏小型マルチコプタ
        問2 道路などの冠氎を防ぐシステム
        問3 無人自動運転トラックを含むトラック隊列走行システム
        平成29幎床
        春期
        問1 芳光案内甚ロボット
        問2 カメラ付き防犯灯
        問3 病院内資料配送システム

         

        午埌Ⅱ

         2問䞭1問を遞択したす。最近の出題テヌマは次のようになっおいたす。

        期 問 テヌマ
        什和2幎床
        秋期
        問1 IoTを利甚したスマヌトホヌム
        問2 スマヌトバスシステム
        平成31幎床
        春期
        問1 無線匏列車制埡システム
        問2 土砂灜害予知システム
        平成30幎床
        春期
        問1 猶飲料を補造するスマヌト工堎
        問2 卞売垂堎の自動競りシステム
        平成29幎床
        春期
        問1 スマヌトグリッド
        問2 耇数の駐茪堎を管理するシステム