資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

日商プログラミング検定ナビ

 日商プログラミング検定は、情報技術の基盤となるプログラミングスキルの学習を支援するための検定試験です。
 学習の進捗度に応じて、段階的に受験できるよう4つのレベルがあります。

国家資格
公的資格
民間資格
業務独占
名称独占
必置

試験情報

基本情報

申込関連
試験日 随時
申込期間 随時
受験料 ENTRY:¥3,000
BASIC:¥4,000
STANDARD:¥5,000
EXPERT:¥6,000
受験資格 特になし
申込方法 各商工会議所窓口よりネット申込
試験関連
試験方式 CBT(@テストセンター)
試験時間 ENTRY:30分
BASIC:40分
STANDARD:知識30分、実技30分
EXPERT:知識40分、実技40分
出題形式 多肢選択式
出題数 30問
STANDARD・EXPERTは加えて実技3問
合格基準 満点の70%以上
STANDART・EXPERTは加えて実技3問完答
合格発表 受験後即時

試験内容

ENTRY

言語:Scratch(Scratch3.0対応)

  1. 値
  2. 変数
  3. 条件分岐
  4. 繰り返し
  5. 配列
  6. ブロックの定義
  7. 並列処理
  8. メッセージング
  9. クロ一ン
  10. ペン機能(コンピュータグラフィックス)
  11. サウンド機能
  12. 開発環境(IDE)の使い方
  13. ネットリテラシー、モラル
BASIC
  1. コンピュータの仕組み
  2. ハードウェアとアーキテクチャ
  3. ソフトウェア
  4. 2進法、8進法、16進法
  5. 情報表現
  6. 流れ図
  7. データ構造
  8. 情報モラル
STANDARD

言語:Java or C言語 or VBA or Python

  1. 値とリテラル
  2. 変数とデータ型
  3. 分岐と選択
  4. 繰り返し
  5. リスト・タプル・辞書・集合
  6. ライブラリの利用

*Pythonの場合

EXPERT

言語:Java or C言語 or VBA or Python

  1. 関数定義
  2. リスト・辞書・集合の内包
  3. 再帰定義
  4. ラムダ式
  5. クラスと継承
  6. パッケージとモジュール
  7. 応用プログラミング

*Pythonの場合

統計情報

 (未公開)

 

公式SNS

試験対策

対策方法

準備中

書籍・SNS

模擬問題

ENTRY

準備中

BASIC

準備中

STANDARD

Python
準備中

EXPERT

Python
準備中