資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

適性科目 平成27年度 Ⅱ-5

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 技術者倫理に関する次のア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,最も適切な組合せはどれか。

  1. いわゆる倫理綱領ないし倫理規程は,基本的に各団体内部で共有されるものであり,たとえばA学会の倫理綱領ないし倫理規程は,たとえB学会の会員の参考になりはしても,B学会員に強制するわけにはしかない。
  2. 規範は,人が守る「きまり」で,技術者の周囲には,法(憲法,法令など),企業や技術者団体等の定款,規則,外部との契約書,業務上のマニュアルなどがあるが,倫理,社会慣習も規範に含まれる。
  3. 技術者は,科学技術の専門職として科学技術を利用する業務に従事し,その関係で生じる危害を抑止することができる立場にあると見なされ,技術者には,公衆の安全,健康及び福利を図ることが求められている。
  4. 英語の「コンプライアンス」(compliance)は,日本では「法令遵守」又は「法令順守」と表記されることも多いが,「コンプライアンス」において遵守ないし順守すべき対象は本来,法令に絞られるわけではない。
  ア イ ウ エ
① × ◯ ◯ ◯
② ◯ × ◯ ◯
③ ◯ ◯ × ◯
④ ◯ ◯ ◯ ×
⑤ ◯ ◯ ◯ ◯

 

解答

 ⑤

解説

  1. いわゆる倫理綱領ないし倫理規程は,基本的に各団体内部で共有されるものであり,たとえばA学会の倫理綱領ないし倫理規程は,たとえB学会の会員の参考になりはしても,B学会員に強制するわけにはしかない。 ⭕️
    適切です。

  2. 規範は,人が守る「きまり」で,技術者の周囲には,法(憲法,法令など),企業や技術者団体等の定款,規則,外部との契約書,業務上のマニュアルなどがあるが,倫理,社会慣習も規範に含まれる。 ⭕️
    適切です。

  3. 技術者は,科学技術の専門職として科学技術を利用する業務に従事し,その関係で生じる危害を抑止することができる立場にあると見なされ,技術者には,公衆の安全,健康及び福利を図ることが求められている。 ⭕️
    適切です。

  4. 英語の「コンプライアンス」(compliance)は,日本では「法令遵守」又は「法令順守」と表記されることも多いが,「コンプライアンス」において遵守ないし順守すべき対象は本来,法令に絞られるわけではない。 ⭕️
    適切です。

参考情報

過去の出題

 

オンラインテキスト

(作成中)