資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-5-6

   

 日本の科学技術基本計画は,1995年に制定された科学技術基本法(現,科学技術・イノベーション基本法)に基づいて一定期間ごとに策定され,日本の科学技術政策を方向づけてきた。次の(ア)〜(オ)は,科学技術基本計画の第1期から第5期までのそれぞれの期の特徴的な施策を1つずつ選んで順不同で記したものである。これらを第1期から第5期までの年代の古い順から並べたものとして,最も適切なものはどれか。

  1. ヒトに関するクローン技術や遺伝子組換え食品等を例として,科学技術が及ぼす「輪理的・法的・社会的課題」への責任ある取組の推進が明示された。
  2. 「社会のための,社会の中の科学技術」という観点に立つことの必要性が明示され,科学技術と社会との双方向のコミュニケーションを確立していくための条件整備などが図られた。
  3. 「ポストドクター等1万人支援計画」が推進された。
  4. 世界に先駆けた「超スマート社会」の実現に向けた取組が「Society5.0」として推進された。
  5. 目指すべき国の姿として,東日本大震災からの復興と再生が掲げられた。

① イ ー ア ー ウ ー エ ー オ

② イ ー ウ ー ア ー オ ー エ

③ ウ ー ア ー イ ー エ ー オ

④ ウ ー イ ー ア ー オ ー エ

⑤ ウ ー イ ー エ ー ア ー オ

 

解答・解説

解答

 ④

解説

  1. ヒトに関するクローン技術や遺伝子組換え食品等を例として,科学技術が及ぼす「輪理的・法的・社会的課題」への責任ある取組の推進が明示された。
    第3期の施策です。
  2. 「社会のための,社会の中の科学技術」という観点に立つことの必要性が明示され,科学技術と社会との双方向のコミュニケーションを確立していくための条件整備などが図られた。
    第2期の施策です。
  3. 「ポストドクター等1万人支援計画」が推進された。
    第1期の施策です。
  4. 世界に先駆けた「超スマート社会」の実現に向けた取組が「Society5.0」として推進された。
    第5期の施策です。
  5. 目指すべき国の姿として,東日本大震災からの復興と再生が掲げられた。
    第4期の施策です。

 よって,④が正解です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問