資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-4-5

   

 アミノ酸に関する次の記述の,   に入る語句の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 一部の特殊なものを除き,天然のタンパク質を加水分解して得られるアミノ酸は20種類である。アミノ酸のa-炭素原子には,アミノ基と ア ,そしてアミノ酸の種類によって異なる側鎖(R基)が結合している。R基に脂肪族炭化水素鎖や芳香族炭化水素鎖を持つイソロイシンやフェニルアラニンは, イ 性アミノ酸である。システインやメチオニンのR基には ウ が含まれており,そのためタンパク質中では2個のシステイン側鎖の間に共有結合ができることがある。

 
カルボキシ基 疎水 硫黄(S)
ヒドロキシ基 疎水 硫黄(S)
カルボキシ基 親水 硫黄(S)
カルボキシ基 親水 窒素(N)
ヒドロキシ基 親水 窒素(N)

解答・解説

解答

 ①

解説

 適切に穴埋めした文章は,次の通りです。

 一部の特殊なものを除き,天然のタンパク質を加水分解して得られるアミノ酸は20種類である。アミノ酸のa-炭素原子には,アミノ基と カルボキシ基 ,そしてアミノ酸の種類によって異なる側鎖(R基)が結合している。R基に脂肪族炭化水素鎖や芳香族炭化水素鎖を持つイソロイシンやフェニルアラニンは, 疎水 性アミノ酸である。システインやメチオニンのR基には 硫黄(S) が含まれており,そのためタンパク質中では2個のシステイン側鎖の間に共有結合ができることがある。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問