資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-4-4

   

 鉄の製錬に関する次の記述の,   に入る語句及び数値の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 地殻中に存在する元素を存在比(wt%)の大きい順に並べると,鉄は,酸素,ケイ素, ア についで4番目となる。鉄の製錬は,鉄鉱石(Fe2O3),石灰石,コークスを主要な原料として イ で行われる。
  イ において,鉄鉱石をコークスで ウ することにより鋳鉄(Fe)を得ることができる。この方法で銑鉄を1000kg製造するのに必要な鉄鉱石は,最低 エ kgである。ただし,酸素及び鉄の原子量は16及び56とし,鉄鉱石及び銑鉄中に不純物を含まないものとして計算すること。

 
アルミニウム 高炉 還元 1429
アルミニウム 電炉 還元 2857
アルミニウム 高炉 酸化 2857
電炉 酸化 2857
高炉 還元 1429

解答・解説

解答

 ①

解説

 適切に穴埋めした文章は,次の通りです。

 地殻中に存在する元素を存在比(wt%)の大きい順に並べると,鉄は,酸素,ケイ素, アルミニウム についで4番目となる。鉄の製錬は,鉄鉱石(Fe2O3),石灰石,コークスを主要な原料として 高炉 で行われる。
  高炉 において,鉄鉱石をコークスで 還元 することにより鋳鉄(Fe)を得ることができる。この方法で銑鉄を1000kg製造するのに必要な鉄鉱石は,最低 1429 kgである。ただし,酸素及び鉄の原子量は16及び56とし,鉄鉱石及び銑鉄中に不純物を含まないものとして計算すること。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問