資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

LinuC/LPIC試験ナビ

 LinuC/LPIC試験は、オープンソースのOSであるLinuxの技術や知識を認定するための試験です。
 元々はLPICのみだったのですが,諸般の事情により現在は2種類が併存します。
(ここでは主にLinuCを紹介します)

国家資格
公的資格
民間資格
業務独占
名称独占
必置
 

 

試験情報(LinuC)

基本情報

申込期間

 随時申込可

試験日

 随時受験可

合格発表日

 受験直後に結果通知

受験料

 各試験 15,000円(税別)

試験会場

 ピアソンVUEのテストセンター
 (詳細はこちら

受験資格

 制限なし
(資格認定を受けるには下位レベルの資格が必要)

試験方式

 ピアソンVUEの試験会場でCBT
 (コンピュータ受験)

試験時間・問題数

 90分・約60問

出題形式

 四肢択一方式

合格基準

 正答率70%程度

公式サイト

linuc.org

www.lpi.org

試験内容

レベル1 101試験
  1. Linuxのインストールと仮想マシン・コンテナの利用
  2. ファイル・ディレクトリの操作と管理
  3. GNUとUnixのコマンド
  4. リポジトリとパッケージ管理
  5. ハードウェア、ディスク、パーティション、ファイルシステム

>>> 詳細

レベル1 102試験
  1. シェルおよびスクリプト
  2. ネットワークの基礎
  3. システム管理
  4. 重要なシステムサービス
  5. セキュリティ
  6. オープンソースの文化

>>> 詳細

レベル2 201試験
  1. システムの起動とLinuxカーネル
  2. ファイルシステムとストレージ管理
  3. ネットワーク構成
  4. システムの保守と運用管理
  5. 仮想化サーバー
  6. コンテナ

>>> 詳細

レベル2 202試験
  1. ネットワーククライアントの管理
  2. ドメインネームサーバー
  3. HTTPサーバーとプロキシサーバー
  4. 電子メールサービス
  5. ファイル共有サービス
  6. システムのセキュリティ

>>> 詳細

レベル3 300試験
  1. OpenLDAPの設定
  2. OpenLDAPの認証バックエンドとしての利用
  3. Sambaの基礎
  4. Sambaの共有の設定
  5. Sambaのユーザとグループの管理
  6. Sambaのドメイン統合
  7. Sambaのネームサービス
  8. LinuxおよびWindowsクライアントの操作

>>> 詳細

レベル3 303試験
  1. 暗号化
  2. ホストセキュリティ
  3. アクセス制御
  4. ネットワークセキュリティ

>>> 詳細

レベル3 304試験
  1. 仮想化
  2. 高可用クラスタ管理
  3. 高可用クラスタストレージ

>>> 詳細

統計情報

 受験者数や合格率は非公表です。

公式SNS

facebook

 

試験対策

対策方法

準備中

テキスト

準備中

書籍・Twitter

Twitter

 

模擬試験問題

レベル1

101試験
準備中
102試験
準備中

レベル2

201試験
準備中
202試験
準備中