資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

3級 学科 著作権法⑨

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 著作隣接権の存続期間に関して,最も不適切なものはどれか。

  1. 実演家が有する著作隣接権は,その実演が行われた日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。
  2. レコード製作者が有する著作隣接権は,そのレコード製作者が死亡した日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。
  3. 放送事業者が有する著作隣接権は,その放送が行われた日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。

 

解答

      イ

解説

  1. 実演家が有する著作隣接権は,その実演が行われた日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。 ⭕️
    正しいです。
    [著作権法101条2項1号]

  2. レコード製作者が有する著作隣接権は,そのレコード製作者が死亡した日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。 ❌
    基準となる日は,レコード製作者が死亡した日ではなく,レコードの発行が行われた日です。
    [著作権法101条2項2号]

  3. 放送事業者が有する著作隣接権は,その放送が行われた日の属する年の翌年から50年を経過したときに消滅する。 ⭕️
    正しいです。
    [著作権法101条2項3号]