資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

関係法令(非有害業務)㉟

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 労働安全衛生法に基づく心理的な負担の程度を把握するための検査(以下「ストレスチェック」という。)の結果に基づき実施する面接指導に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

⑴ 面接指導を行う医師として、当該事業場の産業医を指名しなければならない。

⑵ 面接指導の結果は、健康診断個人票に記載しなければならない。

⑶ 労働者に対するストレスチェックの事項は、「職場における当該労働者の心理的な負担の原因」、「当該労働者の心理的な負担による心身の自覚症状」及び「職場における他の労働者による当該労働者への支援」に関する項目である。

⑷ 面接指導の対象となる要件に該当する労働者から申出があったときは、申出の日から3か月以内に、面接指導を行わなければならない。

⑸ ストレスチェックと面接指導の実施状況について、面接指導を受けた労働者数が50人以上の場合に限り、労働基準監督署長へ報告しなければならない。

 

 

解答

 ⑶

解説

⑴ 面接指導を行う医師として、当該事業場の産業医を指名しなければならない。
ー

⑵ 面接指導の結果は、健康診断個人票に記載しなければならない。
ー

⑶ 労働者に対するストレスチェックの事項は、「職場における当該労働者の心理的な負担の原因」、「当該労働者の心理的な負担による心身の自覚症状」及び「職場における他の労働者による当該労働者への支援」に関する項目である。
ー

⑷ 面接指導の対象となる要件に該当する労働者から申出があったときは、申出の日から3か月以内に、面接指導を行わなければならない。
ー

⑸ ストレスチェックと面接指導の実施状況について、面接指導を受けた労働者数が50人以上の場合に限り、労働基準監督署長へ報告しなければならない。
ー