資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

労働衛生(有害業務)㉞

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 粉じんによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ じん肺は、粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病である。

⑵ じん肺の自覚症状は、初期にはあまりみられないが、進行すると咳、痰、呼吸困難などがみられる。

⑶ じん肺の合併症には、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などがある。

⑷ 石綿粉じんは、肺がん、胸膜中皮腫などの重篤な疾病を起こすおそれがある。

⑸ 米杉、ラワンなどの木材粉じんは、ぜんそくを起こすことがある。

 

 

解答

 ⑶

解説

⑴ じん肺は、粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病である。
ー

⑵ じん肺の自覚症状は、初期にはあまりみられないが、進行すると咳、痰、呼吸困難などがみられる。
ー

⑶ じん肺の合併症には、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などがある。
ー

⑷ 石綿粉じんは、肺がん、胸膜中皮腫などの重篤な疾病を起こすおそれがある。
ー

⑸ 米杉、ラワンなどの木材粉じんは、ぜんそくを起こすことがある。
ー