資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和3年度 第14問

 

 システム開発に利用されるオブジェクト指向のモデリング技法に UML(Unified Modeling Language)がある。
 UML のダイアグラムに関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. アクティビティ図は、対象となるシステムとその利用者とのやり取りを表現するダイアグラムである。
  2. オブジェクト図は、対象となるシステムを構成する概念・事物・事象とそれらの間にある関連を表現するダイアグラムである。
  3. シーケンス図は、オブジェクト間のメッセージの流れを時系列的に表現するダイアグラムである。
  4. ステートマシン図は、活動の流れや業務の手順を表現するダイアグラムである。
  5. ユースケース図は、システム内部の振る舞いを表現するためのもので、ユースケースをまたがったオブジェクトごとの状態遷移を表現するダイアグラムである。

解答・解説

解答

 ウ

解説

  1. アクティビティ図は、対象となるシステムとその利用者とのやり取りを表現するダイアグラムである。
    不適切です。

  2. オブジェクト図は、対象となるシステムを構成する概念・事物・事象とそれらの間にある関連を表現するダイアグラムである。
    不適切です。

  3. シーケンス図は、オブジェクト間のメッセージの流れを時系列的に表現するダイアグラムである。
    適切です。

  4. ステートマシン図は、活動の流れや業務の手順を表現するダイアグラムである。
    不適切です。

  5. ユースケース図は、システム内部の振る舞いを表現するためのもので、ユースケースをまたがったオブジェクトごとの状態遷移を表現するダイアグラムである。
    不適切です。

前問 一覧 次問