資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和3年度 第13問

 

 コンピュータの意思決定や知識処理への利用がますます進みつつある。それらに関する以下のa~dの記述と、その用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 知識をルールによって表現し、入力された知識を用いてコンピュータが専門家のように推論するシステム。

b 大量のデータを分析して、これまで知られなかった規則性や傾向など、何らかの知見を得ること。

c 機械学習のうち、多数の層からなるニューラルネットワークを用いるもの。

d 一定の環境の中で試行錯誤を行い、個々の行動に対して得点や報酬を与えることによって、ゴールの達成に向けた行動の仕方を獲得する機械学習の学習法の 1 つ。

 

〔解答群〕

  1. a:エキスパートシステム b:データマイニング c:深層学習 d:強化学習
  2. a:エキスパートシステム b:ナレッジマネジメント c:強化学習 d:深層学習
  3. a:機械学習 b:エキスパートシステム c:深層学習 d:強化学習
  4. a:機械学習 b:データマイニング c:深層学習 d:教師なし学習
  5. a:データマイニング b:ナレッジマネジメント c:強化学習 d:教師なし学習

解答・解説

解答

 ア

解説

  1. 知識をルールによって表現し、入力された知識を用いてコンピュータが専門家のように推論するシステム。
    エキスパートシステムに該当します。

  2. 大量のデータを分析して、これまで知られなかった規則性や傾向など、何らかの知見を得ること。
    データマイニングに該当します。

  3. 機械学習のうち、多数の層からなるニューラルネットワークを用いるもの。
    深層学習に該当します。

  4. 一定の環境の中で試行錯誤を行い、個々の行動に対して得点や報酬を与えることによって、ゴールの達成に向けた行動の仕方を獲得する機械学習の学習法の 1 つ。
    強化学習に該当します。

前問 一覧 次問