資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和3年度 第7問

 

 ネットワーク技術の進展により、情報システムは 2000 年代より、それまでのクライアント・サーバ型の情報処理からクラウドコンピューティングへと進化した。また 2010 年代半ば以降は、エッジコンピューティングを活用する動きも見られるようになった。
 これらの動きに関する記述として、最も適切な組み合わせを下記の解答群から選べ。

a クラウドコンピューティングは、インターネットなどを介してコンピュータの資源をサービスの形で利用者に提供するコンピューティングの形態である。

b パブリッククラウドと違いプライベートクラウドの場合には、自社の建物内でサーバや回線などの設備を構築・運用する必要がある。

c エッジコンピューティングは、デバイスの近くにコンピュータを配置することによって、回線への負荷を低減させ、リアルタイム性を向上させることができる。

d エッジコンピューティングを導入することによって IaaS の環境を実現できる。

e クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングは、併存させることはできない。

 

〔解答群〕

  1. aとc
  2. aとd
  3. bとd
  4. bとe
  5. cとe

解答・解説

解答

 ア

解説

  1. クラウドコンピューティングは、インターネットなどを介してコンピュータの資源をサービスの形で利用者に提供するコンピューティングの形態である。
    適切です。

  2. パブリッククラウドと違いプライベートクラウドの場合には、自社の建物内でサーバや回線などの設備を構築・運用する必要がある。
    不適切です。

  3. エッジコンピューティングは、デバイスの近くにコンピュータを配置することによって、回線への負荷を低減させ、リアルタイム性を向上させることができる。
    適切です。

  4. エッジコンピューティングを導入することによって IaaS の環境を実現できる。
    不適切です。

  5. クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングは、併存させることはできない。
    不適切です。

前問 一覧 次問