資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和2年度 第6問

 

 A社は、リレーショナルデータベースによって管理するために、販売業務に関する取引データを正規化する必要があるかどうかを検討している。現状では、A社は以下のような「売上表」を用いて取引データを管理している。
 現状の「売上表」に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

  1. 顧客名の欄に山田太郎が 2 回出てくるのはデータの重複であることから、非正規形である。
  2. すでに第二正規形であるので、依存関係がある顧客番号と顧客名を別表に移せば第三正規形になる。
  3. すでに第三正規形であるので、これ以上正規化する必要はない。
  4. 一つの売上番号に対して、商品名、単価、数量および小計の項目が複数あるので、非正規形である。

解答・解説

解答

 エ

解説

  1. 顧客名の欄に山田太郎が 2 回出てくるのはデータの重複であることから、非正規形である。
    不適切です。

  2. すでに第二正規形であるので、依存関係がある顧客番号と顧客名を別表に移せば第三正規形になる。
    不適切です。

  3. すでに第三正規形であるので、これ以上正規化する必要はない。
    不適切です。

  4. 一つの売上番号に対して、商品名、単価、数量および小計の項目が複数あるので、非正規形である。
    適切です。

前問 一覧 次問