資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

経営情報システム 令和元年度 第11問

 

 パーソナルコンピュータ(PC)を会社内の LAN に接続し、インターネットを利用して業務を行う場面が増え、インターネットの管理・運用に関する理解が必要になっている。
 インターネットの管理・運用に関する記述として、最も適切なものはどれか。

  1. DHCP は、会社内のプライベート IP アドレスをグローバル IP アドレスに変換し、インターネットへのアクセスを可能にする。
  2. MAC アドレスは、PC に割り振る識別番号であり、ネットワークのグループを示すネットワークアドレス部と、そのネットワークに属する個々の PC を識別するホストアドレス部に分かれる。
  3. NAT は、LAN に接続する PC に対して IP アドレスを始めとして、ホスト名や経路情報、DNS サーバの情報など、通信に必要な設定情報を自動的に割り当てるプロトコルである。
  4. ポート番号は、TCP や UDP 通信において通信相手のアプリケーションを識別するために利用される番号であり、送信元ポート番号と宛先ポート番号の両方を指定する必要がある。

解答・解説

解答

 エ

解説

  1. DHCP は、会社内のプライベート IP アドレスをグローバル IP アドレスに変換し、インターネットへのアクセスを可能にする。
    不適切です。

  2. MAC アドレスは、PC に割り振る識別番号であり、ネットワークのグループを示すネットワークアドレス部と、そのネットワークに属する個々の PC を識別するホストアドレス部に分かれる。
    不適切です。

  3. NAT は、LAN に接続する PC に対して IP アドレスを始めとして、ホスト名や経路情報、DNS サーバの情報など、通信に必要な設定情報を自動的に割り当てるプロトコルである。
    不適切です。

  4. ポート番号は、TCP や UDP 通信において通信相手のアプリケーションを識別するために利用される番号であり、送信元ポート番号と宛先ポート番号の両方を指定する必要がある。
    適切です。

前問 一覧 次問