資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

運営管理 令和3年度 第27問

 

 商品の売上と利益の管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。ただし、仕入れた商品をすべて売り切ることを前提に答えよ。

  1. 一定の利益幅を仕入原価に上乗せして販売価格を設定する方法をマークアップ法という。
  2. 最初の販売価格で売れ残った商品を当初の値入率より低い値引き率で特売すると粗利益額がマイナスになることがある。
  3. 仕入れた商品を販売したときの粗利益額は、仕入時に設定した値入額を上回ることが多い。
  4. 値入率が異なる複数商品の販売計画を立てる場合、仕入数量が決まらなくても全体の値入率を計算することができる。

解答・解説

解答

 ア

解説

  1. 一定の利益幅を仕入原価に上乗せして販売価格を設定する方法をマークアップ法という。
    適切です。

  2. 最初の販売価格で売れ残った商品を当初の値入率より低い値引き率で特売すると粗利益額がマイナスになることがある。
    不適切です。

  3. 仕入れた商品を販売したときの粗利益額は、仕入時に設定した値入額を上回ることが多い。
    不適切です。

  4. 値入率が異なる複数商品の販売計画を立てる場合、仕入数量が決まらなくても全体の値入率を計算することができる。
    不適切です。

前問 一覧 次問