資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-4-3

   

 金属の変形に関する次の記述について,   に入る語句及び数値の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 金属が比較的小さい引張応力を受ける場合,応力(σ)とひずみ(ε)は次の式で表される比例関係にある。

  σ = Eε

 これは ア の法則として知られており,比例定数Eを イ という。常温での イ は,マグネシウムでは ウ GPa,タングステンでは エ GPaである。温度が高くなると イ は, オ なる。
 ※応力とは単位面積当たりの力を示す。

 
フック ヤング率 45 407 大きく
フック ヤング率 45 407 小さく
フック ポアソン比 407 45 小さく
ブラッグ ポアソン比 407 45 大きく
ブラッグ ポアソン比 407 45 小さく

解答・解説

解答

 ②

解説

 適切に穴埋めした文章は,次の通りです。

 これは フック の法則として知られており,比例定数Eを ヤング率 という。常温での ヤング率 は,マグネシウムでは 45 GPa,タングステンでは 407 GPaである。温度が高くなると ヤング率 は, 小さく なる。
 ※応力とは単位面積当たりの力を示す。

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問