資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-2-3

   

 通信回線を用いてデータを伝送する際に必要となる時間を伝送時間と呼び,伝送時間を求めるには,次の計算式を用いる。

  伝送時間=\frac{データ量}{回線速度 × 回線利用率 }

 ここで,回線速度は通信回線が1秒間に送ることができるデータ量で,回線利用率は回線容量のうちの実際のデータが転送できる割合を表す。
 データ量5Gバイトのデータを2分の1に圧縮し,回線速度が200Mbps,回線利用率が70%である通信回線を用いて伝送する場合の伝送時間に最も近い値はどれか。ただし,1Gバイト=109バイトとし,bpsは回線速度の単位で,1Mbpsは1秒間に伝送できるデータ量が106ビットであることを表す。

① 286秒

② 143秒

③ 100秒

④ 18秒

⑤ 13秒

 

解答・解説

解答

 ②

解説

 1バイト=8ビットであることを考慮し,与えられた式で伝送時間を計算すると

  (5×109×50%×8)÷(200×106×70%)≒143 [秒]

となるため,②が正解です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問