資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

基礎科目 令和3年度 Ⅰ-1-6

   

 製図法に関する次の(ア)〜(オ)の記述について,それぞれの正誤の組合せとして,最も適切なものはどれか。

  1. 対象物の投影法には,第一角法,第二角法,第三角法,第四角法,第五角法がある。
  2. 第三角法の場合は,平面図は正面図の上に,右側面図は正面図の右にというように,見る側と同じ側に描かれる。
  3. 第一角法の場合は,平面図は正面図の上に,左側面図は正面図の右にというように,見る側とは反対の側に描かれる。
  4. 図面の描き方が,各会社や工場ごとに相違していては,いろいろ混乱が生じるため,日本では製図方式について国家規格を制定し,改訂を加えてきた。
  5. ISOは,イタリアの規格である。
 

解答・解説

解答

 ③

解説

  1. 対象物の投影法には,第一角法,第二角法,第三角法,第四角法,第五角法がある。 ❌
    投影法に第五角法はないため,誤りです。

  2. 第三角法の場合は,平面図は正面図の上に,右側面図は正面図の右にというように,見る側と同じ側に描かれる。 ⭕️
    正しいです。

  3. 第一角法の場合は,平面図は正面図の上に,左側面図は正面図の右にというように,見る側とは反対の側に描かれる。 ❌
    第一角法では,平面図は正面図の下に描くため,誤りです。

  4. 図面の描き方が,各会社や工場ごとに相違していては,いろいろ混乱が生じるため,日本では製図方式について国家規格を制定し,改訂を加えてきた。 ⭕️
    正しいです。

  5. ISOは,イタリアの規格である。 ❌
    ISOは国際標準化機関であるため,誤りです。

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中

 

前問 一覧 次問