資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基礎科目 令和2年度 Ⅰ-4-4

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 アルミニウムの結晶構造に関する次の記述の,   に入る数値や数式の組合せとして,最も適切なものはどれか。

 アルミニウムの結晶は,室温・大気圧下において面心立方構造を持っている。その一つの単位胞は ア 個の原子を含み,配位数が イ である。単位胞となる立方体の一辺の長さをa[cm],アルミニウム原子の半径をR[cm]とすると, ウ の関係が成り立つ。

  ア イ ウ
① 2 12 a=4R/√3
② 2 8 a=4R/√3
③ 4 12 a=4R/√3
④ 4 8 a=2√2R
⑤ 4 12 a=2√2R

 

解答

 ⑤

解説

 適切に穴埋めすると,次の通りになります。

 アルミニウムの結晶は,室温・大気圧下において面心立方構造を持っている。その一つの単位胞は 4 個の原子を含み,配位数が 12 である。単位胞となる立方体の一辺の長さをa[cm],アルミニウム原子の半径をR[cm]とすると, a=2√2R の関係が成り立つ。

参考情報

過去の出題
オンラインテキスト
準備中