資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基礎科目 平成30年度 Ⅰ-1-3

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 人に優しい設計に関する次の(ア)〜(ウ)の記述について,それぞれの正誤の組合せとして,最も適切なものはどれか。

  1. バリアフリーデザインとは,障害者,高齢者等の社会生活に焦点を当て,物理的な障壁のみを除去するデザインという考え方である。
  2. ユニバーサルデザインとは,施設や製品等について新しい障壁が生じないよう,誰にとっても利用しやすく設計するという考え方である。
  3. 建築家ロン・メイスが提唱したバリアフリーデザインの7原則は次のとおりである。誰もが公平に利用できる,利用における自由度が高い,使い方が簡単で分かりやすい,情報が理解しやすい,ミスをしても安全である,身体的に省力で済む,近づいたり使用する際に適切な広さの空間がある。
  ア イ ウ
① 正 正 誤
② 誤 正 誤
③ 誤 誤 正
④ 正 誤 誤
⑤ 正 正 正

 

解答

 ②

解説

  1. バリアフリーデザインとは,障害者,高齢者等の社会生活に焦点を当て,物理的な障壁のみを除去するデザインという考え方である。 ❌
    物理的な障壁だけではなく,精神的な障壁も除去するデザインのため,不適切です。

  2. ユニバーサルデザインとは,施設や製品等について新しい障壁が生じないよう,誰にとっても利用しやすく設計するという考え方である。 ⭕️
    適切です。

  3. 建築家ロン・メイスが提唱したバリアフリーデザインの7原則は次のとおりである。誰もが公平に利用できる,利用における自由度が高い,使い方が簡単で分かりやすい,情報が理解しやすい,ミスをしても安全である,身体的に省力で済む,近づいたり使用する際に適切な広さの空間がある。 ❌
    ロン・メイスが提唱したのは,ユニバーサルデザインのため,不適切です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト