資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基礎科目 平成28年度 Ⅰ-4-3

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 鉄,銅,アルミニウムの密度,電気抵抗率,融点について,次の(ア)〜(オ)の大小関係の組合せとして,最も適切なものはどれか。ただし,密度及び電気抵抗率は20[℃]での値,融点は1気圧での値で比較するものとする。

(ア):鉄 > 銅 > アルミニウム

(イ):銅 > 鉄 > アルミニウム

(ウ):アルミニウム > 鉄 > 銅

(エ):銅 > アルミニウム > 鉄

(オ):鉄 > アルミニウム > 銅

 

  密度 電気抵抗率 融点
① (ア) (イ) (エ)
② (イ) (エ) (エ)
③ (イ) (オ) (ア)
④ (ウ) (ウ) (オ)
⑤ (ウ) (オ) (ア)

 

解答

 ③

解説

密度については,
  銅 > 鉄 > アルミニウム …(イ)
電気抵抗率については,
  鉄 > アルミニウム > 銅 …(オ)
融点については,
  鉄 > 銅 > アルミニウム …(ア)
となります。

参考情報

過去の出題
  • 平成22年度 Ⅰ-4-3
オンラインテキスト

(作成中)