資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

基礎科目 平成28年度 Ⅰ-1-6

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 エンジニアリングデザインの原理・原則を下記に示した。それぞれの正誤の組合せとして,最も適切なものはどれか。

  1. エンジニアリングデザインは調和することによって成立する。
  2. エンジニアリングデザインは複雑をもって最善とする。
  3. システムが困難化,巨大化するときは分割する。
  4. 各機能の独立性が低いほど,良いシステムである。
  5. システムには,概ねばらつきがある。
  ア イ ウ エ オ
① 正 誤 正 誤 正
② 誤 正 正 正 正
③ 誤 正 正 誤 誤
④ 正 正 誤 正 正
⑤ 誤 誤 誤 正 誤

 

解答

 ①

解説

  1. エンジニアリングデザインは調和することによって成立する。 ⭕️
    適切です。

  2. エンジニアリングデザインは複雑をもって最善とする。 ❌️
    単純さ(シンプルであること)が求められます。

  3. システムが困難化,巨大化するときは分割する。 ⭕️
    適切です。

  4. 各機能の独立性が低いほど,良いシステムである。 ❌️
    独立性は高い方が,良いシステムと言えます。

  5. システムには,概ねばらつきがある。 ⭕️
    適切です。

参考情報

過去の出題

 なし

オンラインテキスト

(作成中)