資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

専門科目(建設部門) 平成29年度 Ⅲ-17

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 垂直に立てられた長方形の壁(平板)に水深れの静水圧が作用するとき,奥行方向の単位幅あたり(奥行方向の幅b=1)の全水圧と,全水圧の作用点の水面からの距離の組合せとして,最も適切なものはどれか。ただし,水の密度をp,重力加速度をgとする。

f:id:trhnmr:20210511225506p:plain

  全水圧 全水圧の作用点
(水面からの距離)
① pgh2 1/2 h
② pgh2 2/3 h
③ 1/2 pgh2 1/2 h
④ 1/2 pgh2 2/3 h
⑤ 2/3 pgh2 1/2 h
解答・解説

解答

      ④

解説

 XXX