資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

3級 学科 条約①

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 パリ条約について,最も適切と考えられるものはどれか。

  1. 各同盟国の特許要件は,同盟国間で不平等が生じないよう同じである。
  2. 同盟国の国民は,優先権の主張の基礎となる第一国の特許出願を,自国の特許庁ではなく,他の同盟国の特許庁へ出願することができる。
  3. 優先権の主張の基礎となる第一国の特許出願を取り下げた場合には,優先権の主張を伴う特許出願をした他の同盟国において特許出願が無効となる。

 

解答

      イ

解説

  1. 各同盟国の特許要件は,同盟国間で不平等が生じないよう同じである。 ❌
    特許要件は同盟国それぞれが定めます。パリ条約では同盟国間で不平等が生じないよう,内国民待遇の原則が定められています。
    [パリ条約2条]

  2. 同盟国の国民は,優先権の主張の基礎となる第一国の特許出願を,自国の特許庁ではなく,他の同盟国の特許庁へ出願することができる。 ⭕️
    第一国出願は,他の同盟国における特許出願でも有効です。

  3. 優先権の主張の基礎となる第一国の特許出願を取り下げた場合には,優先権の主張を伴う特許出願をした他の同盟国において特許出願が無効となる。 ❌
    第一国の特許出願を取り下げた場合でも,優先権の効力は失いません。
    [パリ条約4条A]