資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

3級 学科 不正競争防止法他⑨

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 独占禁止法に抵触する可能性が低い知的財産の利用に関して,最も適切なものはどれか。

  1. ライセンス技術を用いた製品を輸出し得る地域を制限する行為
  2. ライセンス技術を用いた製品の販売価格又は再販売価格を制限する行為
  3. ライセンス技術を用いた製品に関し,競争する技術を用いた製品の研究開発を禁止する行為

 

解答

      ア

解説

  1. ライセンス技術を用いた製品を輸出し得る地域を制限する行為 ⭕️
    独占禁止法に抵触する可能性が低いです。

  2. ライセンス技術を用いた製品の販売価格又は再販売価格を制限する行為 ❌
    競争手段の制約に該当するため,独占禁止法に抵触する可能性が高いです。

  3. ライセンス技術を用いた製品に関し,競争する技術を用いた製品の研究開発を禁止する行為 ❌
    研究開発活動の制限に該当するため,独占禁止法に抵触する可能性が高いです。