資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

3級 学科 著作権法⑦

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 著作物について,最も不適切なものはどれか。

  1. 美術工芸品は,美術の著作物として保護される。
  2. 小説の構想自体は,著作物として保護される。
  3. プログラムの著作物は,登録しなくても著作物として保護される。

 

解答

      イ

解説

  1. 美術工芸品は,美術の著作物として保護される。 ⭕️
    美術工芸品も著作物に含まれます。
    [著作権法2条2項]

  2. 小説の構想自体は,著作物として保護される。 ❌
    著作物として認められるためには,表現することが必要ですので,構想自体は著作物に該当しません。

  3. プログラムの著作物は,登録しなくても著作物として保護される。 ⭕️
    プログラムに限らず,著作権に登録は必要ありません。創作した時点で著作権が発生します。