資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

知財検定3級 学科 著作権法②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 著作権について,最も不適切なものはどれか。

  1. 著作権を譲渡するときは当該著作物を譲渡しなくても,譲渡の効果は発生する。
  2. 原著作物の著作権者が二次的著作物を複製する場合は,二次的著作物の著作権者の許諾は必要ない。
  3. 著作権者は,著作物の複製物を譲渡により公衆に提供する権利を有する。
解答・解説

解答

      イ

解説

  1. 著作権を譲渡するときは当該著作物を譲渡しなくても,譲渡の効果は発生する。 ⭕️
    著作権の譲渡に,著作物自体の譲渡は不要です。

  2. 原著作物の著作権者が二次的著作物を複製する場合は,二次的著作物の著作権者の許諾は必要ない。 ❌
    許諾を得ないで複製した場合,たとえ原著作物の著作権者であったとしても,二次的著作物の著作権者の複製権を侵害していることになります。

  3. 著作権者は,著作物の複製物を譲渡により公衆に提供する権利を有する。 ⭕️
    著作権者は譲渡権を有しています。
    [著作権法26条の2]