資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

知財検定3級 学科 意匠法①

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 意匠法について,最も不適切なものはどれか。

  1. 意匠登録するためには,その意匠が新規性を有する必要があり,その判断基準時は意匠の出願時である。
  2. 独立して取引の対象とはならず,市場で流通していない物品の部分であっても意匠登録により保護されうる。
  3. 意匠登録出願について審査を受けるためには,出願審査請求をしなければならない。
解答・解説

解答

      ウ

解説

  1. 意匠登録するためには,その意匠が新規性を有する必要があり,その判断基準時は意匠の出願時である。 ⭕️
    出願時に新規性を判断されます。(創作時ではありません)

  2. 独立して取引の対象とはならず,市場で流通していない物品の部分であっても意匠登録により保護されうる。 ⭕️
    部分意匠制度により保護を受けることができます。

  3. 意匠登録出願について審査を受けるためには,出願審査請求をしなければならない。 ❌
    意匠登録出願については,特許出願のような出願審査請求はありません。