資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説などをご紹介

ST 令和4年度春期 問21

 

 固定資産について回収可能価額と帳簿価額とを比較し,回収可能価額が帳簿価額を下回る場合,その差額を損失として認識し,当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額する会計手続はどれか。

  1. 減損会計
  2. 税効果会計
  3. ヘッジ会計
  4. リース会計

解答・解説

解答

 ア

解説

  1. 減損会計
    正しいです。
    減損会計の説明です。

  2. 税効果会計
    税効果会計は、企業会計と税務会計のズレを調整し、税引前当期純利益と法人税等の税金費用を合理的に対応させる会計処理です。

  3. ヘッジ会計
    ヘッジ会計は、ヘッジ対象に関係する損益とヘッジ手段に関係する損益を、同じ会計期間に認識させ、将来のリスクを回避するためのヘッジ効果を反映させる会計処理のことです。

  4. リース会計
    リース会計は、貸手が借手にリース物件の使用権を一定期間にわたり貸与し、借手は貸手にリース料を支払う取引であるリース取引に係る会計処理です。

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 企業活動
小分類 会計・財務
出題歴
  • ST 令和4年度春期 問21

前問 一覧 次問