資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

SC セキュリティ実装技術⑭

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 無線LANの情報セキュリティ対策に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. EAPは,クライアントPCとアクセスポイントとの間で,あらかじめ登録した共通鍵による暗号化通信を実装するための規格である。
  2. RADIUSは,クライアントPCとアクセスポイントとの間で公開鍵暗号方式による暗号化通信を実装するための規格である。
  3. SSIDは,クライアントPCごとの秘密鍵を定めたものであり,公開鍵暗号方式による暗号化通信を実装するための規格で規定されている。
  4. WPA2-Enterpriseは,IEEE802.1Xの規格に沿った利用者認証及び動的に配布される暗号化鍵を用いた暗号化通信を実装するための方式である。

 

解答

 エ

解説

準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 セキュリティ
小分類 セキュリティ実装技術
出題歴
  • SC 平成31年度春期 問13
  • SC 平成29年度秋期 問17
  • SC 平成26年度春期 問13
  • SC 平成22年度秋期 問14