資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説などをご紹介

SC セキュリティ実装技術④

 

 TLSに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. TLSで使用するWebサーバのディジタル証明書にはIPアドレスの組込みが必須なので,WebサーバのIPアドレスを変更する場合は,ディジタル証明書を再度取得する必要がある。
  2. TLSで使用する共通鍵の長さは,128ビット未満で任意に指定する。
  3. TLSで使用する個人認証用のディジタル証明書は,ICカードにも格納することができ,利用するPCを特定のPCに限定する必要はない。
  4. TLSはWebサーバと特定の利用者が通信するためのプロトコルであり,Webサーバへの事前の利用者登録が不可欠である。

解答・解説

解答

 ウ

解説

  1. TLSで使用するWebサーバのディジタル証明書にはIPアドレスの組込みが必須なので,WebサーバのIPアドレスを変更する場合は,ディジタル証明書を再度取得する必要がある。
    作成中

  2. TLSで使用する共通鍵の長さは,128ビット未満で任意に指定する。
    作成中

  3. TLSで使用する個人認証用のディジタル証明書は,ICカードにも格納することができ,利用するPCを特定のPCに限定する必要はない。
    適切です。

  4. TLSはWebサーバと特定の利用者が通信するためのプロトコルであり,Webサーバへの事前の利用者登録が不可欠である。
    作成中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 セキュリティ
小分類 セキュリティ実装技術
出題歴
  • SC 平成30年度秋期 問15
  • SC 平成24年度秋期 問14
  • SC 平成22年度秋期 問15

前問 一覧 次問