資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

SC 情報セキュリティ対策⑲

 

 セキュリティ対策として,CASB(Cloud Access Security Broker)を利用した際の効果はどれか。

  1. クラウドサービスプロバイダが,運用しているクラウドサービスに対してDDoS攻撃対策を行うことによって,クラウドサービスの可用性低下を緩和できる。
  2. クラウドサービスプロバイダが,クラウドサービスを運用している施設に対して入退室管理を行うことによって,クラウドサービス運用環境への物理的な不正アクセスを防止できる。
  3. クラウドサービス利用組織の管理者が,組織で利用しているクラウドサービスに対して脆弱性診断を行うことによって,脆弱性を特定できる。
  4. クラウドサービス利用組織の管理者が,組織の利用者が利用している全てのクラウドサービスの利用状況の可視化を行うことによって,許可を得ずにクラウドサービスを利用している者を特定できる。

解答・解説

解答

 エ

解説

 CASBは、クラウドサービスの利用を監視し、適切なセキュリティ対策を行うためのソリューションであり、利用者側が行う対策です。

  1. クラウドサービスプロバイダが,運用しているクラウドサービスに対してDDoS攻撃対策を行うことによって,クラウドサービスの可用性低下を緩和できる。
    CASBは利用者側が行う対策です。

  2. クラウドサービスプロバイダが,クラウドサービスを運用している施設に対して入退室管理を行うことによって,クラウドサービス運用環境への物理的な不正アクセスを防止できる。
    CASBは利用者側が行う対策です。

  3. クラウドサービス利用組織の管理者が,組織で利用しているクラウドサービスに対して脆弱性診断を行うことによって,脆弱性を特定できる。
    脆弱性診断を行うソリューションではありません。

  4. クラウドサービス利用組織の管理者が,組織の利用者が利用している全てのクラウドサービスの利用状況の可視化を行うことによって,許可を得ずにクラウドサービスを利用している者を特定できる。
    正しいです。CASBの利用で得られる効果です。

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 セキュリティ
小分類 情報セキュリティ対策
出題歴
  • SC 令和3年度春期 問11

前問 一覧 次問