資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

IP 法務⑬

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 要件a~cのうち,公益通報者保護法によって通報者が保護されるための条件として,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

  1. 書面による通報であることが条件であり,口頭による通報は条件にならない。
  2. 既に発生した事実であることが条件であり,将来的に発生し得ることは条件にならない。
  3. 通報内容が勤務先に関わるものであることが条件であり,私的なものは条件にならない。
  1. a,b
  2. a,b,c
  3. a,c
  4. c
解答・解説

解答

 エ

解説

  1. 書面による通報であることが条件であり,口頭による通報は条件にならない。
    口頭による通報も含まれますので,不適切です。

  2. 既に発生した事実であることが条件であり,将来的に発生し得ることは条件にならない。
    将来的に発生し得ることも含まれますので,不適切です。

  3. 通報内容が勤務先に関わるものであることが条件であり,私的なものは条件にならない。
    通報者保護の条件です。

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 法務
小分類 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理
出典

IP 平成29年度 秋期 問33