資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

IP 企業活動②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 大規模な自然災害を想定したBCPを作成する目的として,最も適切なものはどれか。

  1. 経営資源が縮減された状況における重要事業の継続
  2. 建物や設備などの資産の保全
  3. 被災地における連絡手段の確保
  4. 労働災害の原因となるリスクの発生確率とその影響の低減
解答・解説

解答

 ア

解説

  1. 経営資源が縮減された状況における重要事業の継続
    適切です。

  2. 建物や設備などの資産の保全
    BCPは,建物や設備などが失われた際を想定するものですので,不適切です。

  3. 被災地における連絡手段の確保
    BCPは,被災地に限らず企業活動全体の対策ですので,不適切です。

  4. 労働災害の原因となるリスクの発生確率とその影響の低減
    BCPは,災害が発生した際の計画ですので,不適切です。

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 企業活動
小分類 経営・組織論
出典

IP 平成28年度 秋期 問7