資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

ES プロセッサ⑪

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 ストアドプログラム方式のコンピュータの性能向上を妨げる要因のうち,“フォンノイマンボトルネック”と呼ばれているものはどれか。

  1. 記憶装置の容量
  2. 入出力装置のデータ転送能力
  3. プロセッサと記憶装置との間のデータ転送能力
  4. プロセッサの命令処理能力
解答・解説

解答

 ウ

解説

準備中
  1. 記憶装置の容量
    準備中

  2. 入出力装置のデータ転送能力
    準備中

  3. プロセッサと記憶装置との間のデータ転送能力
    準備中

  4. プロセッサの命令処理能力
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 コンピュータシステム
中分類 コンピュータ構成要素
小分類 プロセッサ
出題歴
  • ES 平成25年度春期 問1