資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

DB データベース応用⑪

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 インターネット販売などの巨大な取引データを高速に処理するために,NoSQLと呼ばれるデータ処理方式が使われることがある。その特性のうち結果整合性(Eventual Consistency)の説明として,適切なものはどれか。

  1. データを複製し,複数サイトに分散して保持するとき,コンシステントハッシング手法によって,時間帯別に格納先を固定する。
  2. 複数のクライアントからの更新要求が衝突する場合,ロック機構によってどちらかを待たせることで整合性を保つ。
  3. 分散した複製サイト間で更新内容を厳密に同期させずに,同期の一時的な遅れを許容する。
  4. 分散した複製サイト間で更新内容を整合させるために,2相ロック方式を採用する。
解答・解説

解答

 ウ

解説

準備中
  1. データを複製し,複数サイトに分散して保持するとき,コンシステントハッシング手法によって,時間帯別に格納先を固定する。
    準備中

  2. 複数のクライアントからの更新要求が衝突する場合,ロック機構によってどちらかを待たせることで整合性を保つ。
    準備中

  3. 分散した複製サイト間で更新内容を厳密に同期させずに,同期の一時的な遅れを許容する。
    準備中

  4. 分散した複製サイト間で更新内容を整合させるために,2相ロック方式を採用する。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 データベース
小分類 データベース応用
出題歴
  • DB 平成27年度春期 問18