資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

DB データベース応用⑧

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 ビッグデータの処理に使用されるCEP(複合イベント処理)に関する記述として,適切なものはどれか。

  1. ストリームデータをメモリ上に展開し,あらかじめ設定した条件に合致した場合に対応するアクションを実行する。
  2. ビジネスの結果を表す数値データをファクトテーブル,そのデータの解析に必要なデータを次元テーブルに格納して処理する。
  3. 分散データベースにおいて,関係する全てのプロセスでコミットが可能かを判定する相と,各プロセスで実際のコミットを行う相の二つを経てコミット処理を実行する。
  4. 並列分散環境にある多数のサーバによって,分散ファイルシステムに蓄積された大量データをバッチ処理する。
解答・解説

解答

 ア

解説

準備中
  1. ストリームデータをメモリ上に展開し,あらかじめ設定した条件に合致した場合に対応するアクションを実行する。
    準備中

  2. ビジネスの結果を表す数値データをファクトテーブル,そのデータの解析に必要なデータを次元テーブルに格納して処理する。
    準備中

  3. 分散データベースにおいて,関係する全てのプロセスでコミットが可能かを判定する相と,各プロセスで実際のコミットを行う相の二つを経てコミット処理を実行する。
    準備中

  4. 並列分散環境にある多数のサーバによって,分散ファイルシステムに蓄積された大量データをバッチ処理する。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 データベース
小分類 データベース応用
出題歴
  • DB 平成31年度春期 問19