資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

DB データベース応用③

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 ビッグデータの処理に使用されるCEP(複合イベント処理)に関する記述として,適切なものはどれか。

  1. 多次元データベースを構築することによって,集計及び分析を行う方式である。
  2. データ更新時に更新前のデータを保持することによって,同時実行制御を行う方式である。
  3. 分散データベースシステムにおけるトランザクションを実現する方式である。
  4. 連続して発生するデータに対し,あらかじめ規定した条件に合致する場合に実行される処理を実装する方式である。
解答・解説

解答

 エ

解説

準備中
  1. 多次元データベースを構築することによって,集計及び分析を行う方式である。
    準備中

  2. データ更新時に更新前のデータを保持することによって,同時実行制御を行う方式である。
    準備中

  3. 分散データベースシステムにおけるトランザクションを実現する方式である。
    準備中

  4. 連続して発生するデータに対し,あらかじめ規定した条件に合致する場合に実行される処理を実装する方式である。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 データベース
小分類 データベース応用
出題歴
  • DB 令和2年度秋期 問15
  • DB 平成31年度春期 問19